duoザリペアバー
duoザリペアバー

こんにちは、美容部員ナツコです。

duoザクレンジングバームで有名なプレミアアンチエイジング社から数量限定でリペアバー(枠練り洗顔石鹸)が発売されました。
毛穴美容液ザリペアショットの固形石鹸版という位置づけでしょうか。

美容クレイが入っているバームホワイトなどduoコスメ好きの私としては試さずにはいられません(^^)早速お試ししてみました。

【期間限定】DUOリペアバーは職人が熟成させた枠練り洗顔石けん

ザリペアバーは職人さんがひとつひとつ手間ひまかけて作った枠練り洗顔石鹸。90日間も熟成させているそうですよ!

duoザリペアバー

丁寧に作られています。

90日間じっくりと乾燥させて熟成させることで機械練り製法と比べて約20倍もの美容成分が凝縮されているそう。

”汚れを落とす”工程の洗顔で、きちんと美容ケアできるのは、デュオらしいコンセプトの石鹸だと感じます。

ポイントはリペアショット(毛穴美容液)のように2層に分かれていること。

duoザリペアバー

なぜ2層に分かれているの?

もちろん2層になっているのにもちゃんと意味があります。

それは有用成分を均一に配合するため。こだわりの美容成分を狙ったように均一に配合するって私達が思っている以上に難しいものです。

手間暇かけて作られたデュオの洗顔石鹸、どんな使用感なのか楽しみです(^^)

リペアショット美容液と同じ成分配合だから毛穴汚れにいい

リペアバーの配合成分をチェックしてみたら、毛穴専用美容液のリペアショットと同じ成分が結構配合されています。

duoザリペアショット

香りもリペアショットのような爽やかな香り。(個人的にはRMKのWトリートメントと同じポカリの匂いに感じます。)

HITペプチド、グリチルリチン酸ジカリウム、発酵はちみつ、シリカ、ボタニカルバター、オーガニックエキスなどなど。

保湿成分と整肌成分の他、毛穴のザラつき汚れを落とす成分が入っていますね。

【動画】どのくらいでリペアバーは泡立てればきめ細かい泡ができる?


動画で泡立ての様子をまとめてみました。

泡立て回数はこのくらい。結構簡単に泡立ちますね。

duoザリペアバー

軽いけどもっちりとしたきめ細かい泡

空気を含んだような軽い泡立ちが特徴ですが、軽いだけでなくきめ細かい濃密なもっちり泡が出来るのが面白い。

軽いだけの泡って結構ありますが、きめ細かさもしっかり作れるのが良かったです。

リペアバーの使い方。洗ったあとのしっとり感が強い

個人的に感じたのは、今まで使ってきたどの石鹸よりもしっとり感が強いこと。

ボタニカルバター5種類配合されているからかな。

    • アストロカリウムムルムル種子脂
    • シア脂
    • アボカド脂
    • テオブロマグランジフロルム種子脂
    • マンゴー種子脂

ヌルツキが苦手な人は使いにくいかも

顔を洗っている最中からとにかくしっとり。逆に言えば、ヌルツキがすごい。

duoザリペアバー

オイル効果で保湿力高め

私は好きなしっとり感ですが、サッパリタイプが好きな方だと嫌な人もいるかもしれません。

洗い流しの回数もいつもよりも多めにしたほうが良さそうでした。

でもその分、洗い流したあとのしっとり感はとても強い!比較的さっぱりしがちな石鹸でも、ここまでうるおえるというのが驚きでした。

duoザブライトフォーム(炭酸泡洗顔)とリペアバーの比較

そもそもduoコスメにはザ・ブライトフォームっていう朝専用の炭酸泡洗顔があるのに、どうして今回リペアバーを作ったんだろう?というのが最初の感想。

ブライトフォームとの違いは?

duoクレンジングはダブル洗顔不要だから夜は洗顔料を使わなくてもいいから、洗顔料を使うのは朝のみ。

ブライトフォームとリペアバーの違いを考えてみました。
→【duoザ・ブライトフォームの使用体験記】

ブライトフォームとリペアバーの違いは?

ブライトフォームは高濃度炭酸の力で、くすみがちな朝の顔色を一瞬で明るくして透明感を出してくれる人気商品。

忙しい朝に洗顔料を泡立てる手間暇をかけずに、時短できるのも人気の理由ですね。

すぐにくすみを取れるので私も大好きなアイテムのひとつです。

デュオザリペアバー

左:ブライトフォーム、右:リペアバー

一方のリペアバーは固形石鹸で泡だてが必要。でも毛穴のザラつきや古い角質汚れを落とす力に長けています。

両アイテム使ってみての感想は、毛穴が気になるならリペアバー、透明感を出したいならブライトフォームがいいかな、というところ。

ブライトフォームでも毛穴ケアできますが、小鼻のザラつきや角栓が気になる方はリペアバーの方が効果が見えやすいかな、と。

前述の通り、リペアバーには保湿バターが5種類入っているので保湿力が高いのも固形石鹸らしからず使いやすいですよ。

朝の肌状態を見て使い分けるものアリですが、面倒くさがり屋さんならブライトフォームの方がノンストレスで便利です。

リペアバー、とってもいいアイテムだから期間限定発売なのが勿体無い。

デュオザリペアバー

ラインナップに加えてほしい

オイルミストといい、名品が定番ラインナップに加わらないのはどうしてだろう?

然りよか石けんとデュオザリペアバーの比較

泡立てるタイプの洗顔石鹸で、私が一番毛穴落ちがいいと思っている然りよか石けん。

しかりよかせっけん

九州の天然ミネラル・シリカを配合した練り石鹸で、濃密な泡立ちと毛穴落ちの良さから使うことの多いお気に入りアイテムのひとつです。

然りよか石けんとduoザリペアバーを比較してみました。

まずは泡立ち。より見やすい様にスマホで撮ってます。(無加工)

左:リペアバー、右:然りよか石鹸

もっちりとした泡ができるのは然りよか石鹸ですね。

マショマロのような肌への滑らかなあたり具合も然りよか石けんが上。

でも、しっとり感は断然リペアバーの方が上。

然りよか石けんは、毛穴落ちがいい分、洗い流したあとにつっぱりを感じることがありますが、リペアバーだとうるおいが強く残っているのでつっぱりません。

両アイテムに天然ミネラルのシリカが入っているので(毛穴落ち成分)どっちを使ってもザラつきは綺麗に落ちます。

黒ずみ毛穴はさずがに一度の使用では目に見えて改善しないけど、使い続けると明らかに目立ちにくくなります。

使用感で選ぶなら然りよか石けん、保湿力重視ならリペアバーがおすすめです。

おすすめの記事