こんにちは、ナツコです。

美白美容液といえば「ホワイトショット」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

ホワイトショットは美容液のイメージの強いですが、クリームからスペシャルマスク、インナーケアまで幅広いアイテムがあるのをご存知ですか?

今回は、定番の 【ホワイトショット CX】と【ホワイトショット SX】、ホワイトショットSXのエッセンスをお試ししてみましたので、美容部員ナツコが本音で口コミレビュー致します。


ホワイトショット口コミ

ナツコ
個人的に、今まで使ってきたどの美白美容液よりも効果を実感できました。

ホワイトショットSX(ジュニアサイズ)左と、ホワイトショットCX

実は意外と多い!20代からシミやそばかすに悩む女性たちが急増中。

美容部員として仕事をしているなか、意外と多いと感じるのが「若年層のシミ悩み」。

「シミ」といえば、30代、40代、50代と年齢を重ねた女性に多いイメージが根付いていると思いますが、意外と20代の方でも悩んでいる方が結構いらっしゃいます。

若々しさゆえのキメ・透明感で、肌質自体はとても綺麗なのに、シミ一つあるだけで一気に印象が老け見えして見えるのが事実。

「このシミをどうにかしたいんです・・・。」と涙ぐみながら真剣に悩んでいる方がいらっしゃいます。

「シミケア=美白ケア」なのは当たり前ですが、ここで一つ皆さん勘違いしていることが。

「美白ケアをすれば、シミが消える」わけではありません。

そもそも、美白化粧品の効果とは、シミ・ソバカスを防ぐこと。

効果の現れ方にはもちろん個人差がありますが、とにかく美白ケアは「適切なケアを根気よく続けること」。この一言に尽きます。

美白化粧品は、漂白するわけではありませんので、短期的にシミ・ソバカスを消したり、元々の肌色よりも白くすることはできません。

原因となる紫外線をしっかりと防ぎ、美白化粧品を継続して使い続けることで、次第にシミ・ソバカスが目立たなくなり透明感が出てくるのです。

美白ケアは、通年を通してコツコツ続けること。

美白効果の高いコスメの見分け方は?美容部員がチェックするポイント

年中通してコツコツと続けたい美白ケア。

コストもかさみますし、せっかくケアするのなら、少しでもシミが薄くなるものを、トーンが上がるものを・・・と、より効果の高いものを選びたいですよね。

今や当たり前となった美白ケアですが、ポーラの美白ケアの歴史はとにかく長いです。

美白ケアってなんぞや??という時代から、美白の重要性を説き、いち早く研究に取り組んでいたのがポーラです。

業界で始めて美白成分「ビタミンC 誘導体」を安定配合したのもポーラですし、医薬部外品成分「ルシノール」の発明、メラノサイトを肥大化させる新因子の発見など、大手だからこそできた数々の実績があります。

創業当初から、「白い肌」に並々ならぬこだわりを持ってきたポーラが、美白ライン「ホワイトショット」を初めて発売したのが1998年。

それから約20年経った今も、絶え間なく研究を重ね、成分や理論、処方を進化させ続け、現在のホワイトショットがあります。

こだわりぬいたホワイトショット・・・その実力はいかに?

美白化粧品を選ぶときは、どんな有効成分が入っているのか?医薬部外品かどうか、などをチェックするようにしています。

ホワイトショットは医薬部外品なのですが、そもそも「医薬部外品」と「化粧品」の違いをご存知ですか?

医薬部外品は、厚労省が許可した効果・効能に有効な成分が一定濃度で配合されており、効果を謳うことができますが、

化粧品は効果・効能が緩和で、表記に制限があるのが特徴です。

となると、効果のはっきりしている医薬部外品の方が良いと思われがちですが、必ずしもそうではなく、化粧品は医薬部外品とは違い成分の配合量が決められていないため、良い成分が高濃度配合されている場合もあります。

「医薬部外品=安心で、効果の高いもの」と鵜呑みにせず、自分で必要なアイテムを見極めていく力が欲しいです。

美肌に効く成分は、ホワイトショットにどのくらい入っている?

ホワイトショットCX成分

ポーラホワイトショットSX成分

美白有効成分・・・と一言で言っても、アルプチンやチロシナーゼ、ハイドロキノンなどなど幾つかの種類があります。

では、ホワイトショットに配合されている美白有効成分は?

公式サイトより

ホワイトショットには、「SCリキッド」「ルシノールEX」という成分が搭載されています。

どんな効果を発揮してくれる成分なのかと言うと・・・

SCリキッドとは、ビワの葉から抽出した成分で、透明感のある肌に導いてくれるのが特徴です。

美白ケア=過剰なメラニン生成を抑制する、というこれまでの概念から、肌そのものが持っている美白機能「セルフクリア機能」に着目。

オリジナルの美白有効成分ルシノールがメラニンを作る細胞にしっかりと届くようになっています。

POLA公式サイトより

POLA公式サイトより

POLA WHITE SHOTのテクスチャーと使い心地は?CXとSXの違いは何?

ポーラホワイトショットのテクスチャーと使い心地をチェックしていきましょう。

まずは、ホワイトショットCXです。

ポーラ ホワイトショットCX

ポーラホワイトショットCXテクスチャー

無色透明のサラリとしたテクスチャーです。肌馴染みは良く、浸透力も高いように思います。

なんとなく付け心地は、ハイドロキノンを搭載したビーグレンのホワイトケアシリーズに似ているように感じます。

つけた後は、肌がふっくらと柔らかくなるのを実感できます。

美白系美容液は、保湿力が物足りないものも多い中、ホワイトショットCXは潤いもしっかりと残ります。

ポーラホワイトショットCXのノズル口

コロンとした丸い形のパッケージにスリムなノズルが、洗練された雰囲気を醸し出しています。

ポーラホワイトショットSX

ポーラホワイトショットSXテクスチャー

ホワイトショットSXのテクスチャーは、滑らかながらも程よくこってりとしたテクスチャー。

油分も感じられるテクスチャーなので、肌にピタッと密着してくれます。気になるシミやそばかすにピンポイントで付けれます。

POLAホワイトショットSXのノズル口

SXのノズルはこんな感じなので、指先にさっと出しやすいです。

つける順番は、CXを顔全体になじませた後にSXで気になる部分をピンポイントでケアしてください。

ホワイトショットCXは透明感を出し、くすみを取り払ってくれ肌のトーンを上げてくれます。ホワイトショットSXは気になる部分を狙い撃ちしてくれるので、シミ・ソバカスに密着してピンポイントでケアしてくれます。

より効果を実感するためには併用するのが一番ですが、部分的なシミ・そばかすが気になる!という方はホワイトショットSXを普段のケアに追加してみてください。

ホワイトショットのW使いでシミを狙い撃ち

エイジングケアと美白ケアを両方したい場合はどうしたらいい?

「通年を通して美白ケアをしたいけれども、年齢的にエイジングケアもしたいんです。どうしたらいいですか?」と、度々お客様から聞かれます。

エイジングケアラインに美白化粧品をプラスするのが基本ですが、大人の肌悩み全般をカバーできる複合美容液をセレクトするのも一つの手です。

POLAアイテムで考えた場合は、エイジングケアライン「B.A」や「 REDB.A」シリーズにホワイトショットCXやSXをプラスすることをオススメしています。

ポーラホワイトショットは使い続けるとシミは薄くなる?美白効果は本物なのか。

結論・本当に効果を実感できる美白美容液です。

使い続けることで、確実に透明感が出て、肌のトーンが上がるのを実感できる美容液です。

HAKUやらSK-Ⅱやら価格帯問わず、様々な美白美容液を使ってきましたが、個人的には今まで使ってきたどの美白美容液よりも効果があります。

本気で美白ケアをしたい方には絶対おすすめ。

ナツコ
ホワイトショットCXを一つ使い終わる頃に「あれ、最近の私なんだか綺麗。」と気づいたんです。(自画自賛すいません。)

今までと同じメイクなのに、どこが違うのかとマジマジと鏡を見ながら考えたところ、辿り着いた答えは『透明感』でした。

元々色白な方ですが、さらにワントーン白くなり、透明感が出たことで「雰囲気がすごく綺麗」になれていたことに気づきました。

色白は七難隠す、なんて言うように、ただ白いだけで美しい。

本当にそう思います。

シミも、根気よくホワイトショットSXを塗りこむことで、目立ちにくくなってきました。これはすごい変化!

決して安くはない値段ですが、絶対にシミ・ソバカスを薄くしたい!本気で美白ケアしたい!という方には是非使って頂きたいコスメです。

特に、20代・30代のシミ・ソバカスをなんとかしたい、という方のお悩みは特に深いので、オススメしたい一品です。


ホワイトショット口コミ

【夏のスペシャルケアに】美白マスクと飲む美白ドリンクで絶対にシミを焼かない!

ホワイトショットCXとSXのW使いで日頃の美白ケアはバッチリ!ですが、「今日は紫外線を浴びすぎちゃった」「最近なんだかパッとしない」というときはスペシャルケアを集中的に取り入れるようにしています。

レスキューアイテムのホワイトショットQX

ホワイトショットインナーロックリキッドⅣ

価格が高いので普段使いは行わず、ここぞというときのスペシャルケアや困ったときのレスキューアイテムとして使っています。(ちなみにお値段はホワイトショットQXが5枚入りで11880円、インナーロックリキッドは10本入りで6264円です。高いです。)

使い方を簡単にご紹介します。

まず、美白パックのホワイトショットQX は部分貼りするシートと、顔全体を覆えるマスクの2種類が入っています。

こんな感じで2種類×5包

部分貼りのポーラWSフィルムQX

ポーラホワイトショットマスクQX

使い方は箱にも記載されています。

フィルムは4枚入り。シミや紫外線量が気になる部分にポイント貼りします。

そのあとにマスクをつけます。

このパックの特徴は何と言ってもフィルムではないでしょうか。

15分くらい置いてパックを取ると、フィルムも溶けて肌に馴染むようになっています。白いフィルムだから、馴染んだ後はその部分が既に白くなります。(少しカスが残りますので、優しくティッシュオフしてください。)

絶対にシミを作りたくない!今日は日焼けが心配! そんな時のレスキューアイテムとして賢く使ってくださいね。パックした後の透明感と安心感はやっぱり格別ですよ。

飲む美白ドリンクで内側からもケア。

美容ドリンクはよくありますが、美白に特化した飲む美白ドリンクは珍しいですよね。私はスペシャルマスクと併用して飲んで、外からも中からも断固シミを作らせないようにしています。

「インナーロック」という名前もなんだか素敵ですよね。強そうです。笑

飲みやすいかな?

スッと飲めて美味しいです。

コラーゲンドリンクと違い、独特のクセも全くないので飲みやすいです。冷蔵庫で冷やして飲むとまた格別に美味しい。

10本を集中して毎日飲んだ方が効果が高いのかもしれませんが、私は気になる時にコツコツ飲むようにしています。(勿体無いので・・・)

「あ、白くなった!」というような実感は正直しませんでしたが、@コスメで口コミを見ると、続けると全然違う!なんて書き込みしている方もいらっしゃいました。飲む美白サプリメントもあるので、そちらの方が続けやすそうですが。

紫外線量が多い時期や、疲れが溜まっている旅行の後などに家に置いてあれば、なんとなく安心できるような存在です。

今月のおすすめ記事8選

duoクレンジングバーム
保湿化粧水おすすめ

温活ホットクレンジングゲルおすすめ
DUOコスメライン使い口コミ

おすすめ美容液ブースター
婚活リップ

オールインワンゲルおすすめ
ファンデーションおすすめ