ドロネリ洗顔を泡だてて見ると

こんにちは、ナツコです。

洗顔料って365日毎日必ず使うアイテムですよね?

敏感肌、乾燥肌、ニキビ肌、メンズetc...それぞれ肌質が違うから、まとめサイトを見てもどの洗顔フォームを選べばいいのかわからない!

結局のところ、自分に合っている洗顔はどれ!?と洗顔ジプシーになっている方も少なくありません。

肌に合わない洗顔料を使うと、乾燥が進みエイジングが進行してしまいます。

実際に「自分が使って見てよかった!」と感じたおすすめの洗顔料を肌タイプ別にご紹介しています。是非洗顔料選びの参考にして見てくださいね。

お気に入りの洗顔を見つけてくださいね!

目次

毛穴汚れにおすすめの洗顔料

毛穴汚れに悩む方が多いので毛穴汚れに優れている洗顔料もいくつかご紹介します。

毛穴ケア用の洗顔はさっぱりしたタイプのものが多いので、普通肌、混合肌、オイリー肌には向いていますが、敏感肌・乾燥肌だと潤いが物足りなく感じてしまうかもしれません。

ただその分他の洗顔料と比べて毛穴汚れ落ちは優秀なので、毛穴トラブルが気になる乾燥肌の方は洗顔後の保湿をしっかりする事を心がけて使ってみてください。

【クレンジングソープ】ヴァーナル W洗顔セット

メイク落としが出来るクレンジングソープ&お肌を整える洗顔石鹸のセットのヴァーナル

クレンジングと洗顔石けんのヴァーナルw洗顔セット

めっっちゃいいです!

緑の石鹸がメイクもスルンと落とすクレンジングせっけん。もちろんこの後のクレンジングは不要です。

メイクをおとすだけでなく、古い角質や毛穴汚れも落としてくれるので、オイルクレンジングで中々いちご鼻が綺麗にならなかった方におすすめ。

クレンジングソープの泡立ち

洗った後のパッと顔色が明るくなる透明感と、ざらつきの無さ、気がつけば毛穴汚れが目立たなくなっていることに感動すら覚えます。

正直クレンジング石けんで本当にメイクって落ちるの?って半信半疑だったのですが、洗浄力も十分だし(ウォータープルーフマスカラなどはポイントリムーバー併用してくださいね。)毛穴角質汚れも落ちるし、なにより低刺激。

クレンジングだと肌への負担が気になる敏感肌やデリーケート肌さんにはとっても使いやすいクレンジング石けんだと思います。

洗浄力を検証。ファンデ、ウォータプルーフアイライナー、口紅

石けんだけでこの通り。

さすがにウォータープルーフのアイライナーは落ちきりませんが、ファンデ・リップ等のベースメイクは簡単にオフ。

低刺激でここまで落とせれば十分すぎるくらいです。つっぱり感もゼロ。

クレンジング石鹸でメイクを落としたあとは美容成分が贅沢な仕上げ石鹸でダブル洗顔。

仕上げの洗顔

何度も言いますが、美肌の基本は”落としすぎないこと”。

汚れはしっかり落とすけど、余分な皮脂は落としすぎない。このバランスがとても大切です。

可愛い石鹸置きももらえます。

乾燥肌やインナードライの方の多くは実は洗顔しすぎ。以前、洗顔料を使わない”水洗顔”が流行った時期もありますよね。

個人的に水洗顔はおすすめしません。

なぜなら、水だけでは汚れは落とせないから。肌は自らの力で汚れを落とすことは出来ないので、わたしたち自身で手を加えてフラットな状態にしてあげなければいけません。

ヴァーナルの保湿石鹸で、メイクが落ちた後の肌のキメを整えてあげる。

この2ステップだけで素肌がグーンと変わります。

透明感、肌の白さがほしい、低刺激だけど毛穴ケアできる洗顔石けんが欲しい方の強い味方です。

W洗顔セット

是非一度、あなたの肌で試してみてください。

【ジェルから泡になる洗顔料】エリクシールルフレバブル

エリクシールルフレバブル

エリクシールバブルを使うと毛穴の黒ずみと毛穴につまった角栓がさっぱりと取れます。

ポンプからアーモンド1粒くらい出して濡れた顔に乗せてくるくるするだけという手軽さで、顔につけた瞬間みるみる泡が立ち始めてたっぷりのきめ細かな泡で洗顔が出来ます。

このテクスチャー、本当に面白い!今までなかった新感覚なテクスチャーです。

エリクシールルフレバブルテクスチャー

手でくるくるすると

洗顔クッションなどで作った泡よりもきめ細かく質量がある泡なので、しっかり汚れが取れて洗いあがりはスッキリします。

頬やあごも乾燥することはなく、さらさらになります。

もこもこ泡になります。

最初はジェル状なので塗る場所や量を調節しやすいのが特徴かなあ、と。

乾燥が気になっている部分や重点的に落としたい時など細かいところまで洗えた気がして満足感が高いです。

肌への密着度も高いです◎

洗いあがりはトーンが上がったような感じで、何よりも泡だての手間が省けるところがお気に入りです。

香りも良いし、朝のだらけた顔をきゅっと引きしめてくれますので朝の洗顔におすすめです。

同ラインのエリクシール ルフレの化粧水との相性もとても良いです。

20代からのラインとのことですが、30代以降で皮脂多めの方や混合肌の方にもおすすめです。

また旅行や銭湯に行く時、子育て中の方など時短したい方にもおすすめの商品です。

エリクシールルフレバブルの物足りなかった点

ナツコ
ちょっとイマイチだった点も辛口でレビューします。

初めて顔につけた時は洗い流してからも肌にスーッとした感じが残り、刺激が強いように感じます。

クレンジングの機能も兼ね備えていますが、なんとなくメイクはこれで落ちる感じはせず、日焼け止め塗ったぐらいの時に使っています。

メイク落としとして使うには、少しマスカラやライナーが残る感じがします。

クレンジングとして使いたい方はポイントリムーバーとの併用は必須かな、と。

人によっては独特な匂いと後々漏れてきて蓋の内部が泡だらけになるのが気になるかもしれません。(ズボラな私でも少々気になったくらいなので。笑)

夏場はジェルからすぐ泡になるのですが、冬の寒い朝などは、なかなか泡にならない気がします。

肌が敏感な時に使用するとピリピリしてしまうことがあるので、毎日ではなく様子を見つつ使用しています。

キャップを閉めた後に泡がキャップ内に溜まるので、それを改善してもらえたらパーフェクトなのになあ、という感じです。

キャップの内側に泡が溜まる

【毛穴洗顔料】どろ豆乳石鹸 くろあわわ

どろ豆乳石鹸 くろあわわ

いつもとはひと味ちがう感覚でケアする時間が楽しくなる、そんな洗顔料がくろあわわです。

汚れを吸着する炭や泥のたっぷり入った泡が古い角質まで取り去ってくれます。

専用の泡立てネットを使えばもっちりもちもちの濃密クリームになり面白いほど汚れが落ちます。

このもちもち泡が気持ちよく、さっぱりした洗い上がりで”ぱふっ”と、顔をうずめて洗うのが嬉しくてたまりません。

きめの細かいもっちりふわふわな泡で気になっていた毛穴の汚れや角栓がきれいにとれて、すっきりさっぱりぴっかぴかの肌に。

化粧水の入りもぐっと良くなるし、翌日のお化粧ノリもやっぱりいいです。

洗浄力が強いので、優しく撫でるようになるべくスピーディーに洗えば突っ張らず、洗い上がりすぐは肌がスベスベになります。

くろあわわを使い始めて1ヶ月、高校生の頃からイチゴ鼻に悩んでいた方もザラザラだった鼻がツルツルになった、という話も聞いたことがあります。

ニキビができやすい方でも、毛穴汚れやつまりがすっきり取れてニキビが出来にくくなるのでは、と思います。

くろあわわはどろあわわには入っていないつぶつぶが入っていて、毛穴の奥の汚れまで取れていることを実感出来ます。

毛穴の汚れやくすみ・ごわつきが気になる時、残さず汚れを取り去りたい夜のケアなどに特におすすめのですよ。

ナツコ
肌が弱い方や乾燥肌の方は保湿も念入りにしてくださいね。

【泥で毛穴汚れを落とす洗顔料】どろあわわ

バラエティショップで見ることの多いどろあわわは泡立ちがよく、毛穴汚れを取りたい方におすすめの洗顔料です。

リニューアルしたどろあわわ

豆乳発酵液などの保湿成分を配合していますが、洗ったあとはさっぱり感が強いので乾燥肌には向きません。

ナツコ
大豆イソフラボンは身体にいいイメージがありますよね。
乾燥肌ちゃん
そうですよね。特に女性にとってイソフラボンは大事な成分ですよね。

肌にとってはどんなプラスの働きがあるんですか?

ナツコ
大豆イソフラボンには年齢肌の原因になる肌のターンオーバーの乱れをケアして、肌本来の働きを取り戻す働きがあります。
乾燥肌ちゃん
ターンオーバーを整えてくれるんですね!すごい!

粘土をはじめ、汚れを吸着する海の底のミネラルも配合されているので、毛穴汚れや角栓、肌のごわつきケアも同時に出来ます。

どろあわわの弾力泡は濃密!

モコモコとした弾力のある濃密泡を作れるので肌への摩擦負担も少なく済みます。

水の次に記載してあるベントナイトが泥(汚れ吸着成分)のことです。かなり配合量が多いですよね。

そのためテクスチャーは結構硬くしっかりしています。(チューブから出すときに力が要ります。)

洗い上がりはさっぱりでもう少し潤いが欲しいなあ、と感じるものの確かに毛穴汚れ落ちは優秀。

残り角栓も目立たず、綺麗に角栓、角質オフできます。

【泥パックが出来る】泥練ドロネリ洗顔

ドロネリ洗顔

インパクトのある大きな文字の泥練洗顔もドラッグストアやバラエティショップで見かけることの多い毛穴ケア用洗顔料です。

@コスメの洗顔フォーム部門で1位を取ったこともある実力派洗顔料。

@コスメ洗顔料部門第一位

泥練っていうくらいだから灰色なの?どんなテクスチャーなの?と気になる方は多いはず。

ドロネリ洗顔テクスチャー

やっぱり泥らしく灰色で水分の少ないようなこってりとした重みのあるテクスチャーです。

ドロネリ洗顔を泡だてて見ると

泡立ちはこんな感じで、きめ細かい弾力のある濃密泡が出来上がります。

ドロネリ洗顔の一番の特徴は『汚れを吸着してくれること』。

大量に含まれている泥が汚れを吸い取るだけでなく、ルビーソルトやアルガンオイルが肌に潤いを与え引き締めてくれるので洗い上がりもしっとり。

毛穴ちゃん
え、泥で顔を洗うんですか!?
ナツコ
毛穴汚れを吸着してくれるので有名な”クレイ”だって元々は粘土ですよ。

頑固な毛穴詰まりに悩んでいる方にはぴったりだと思います。

ドロネリ洗顔の面白いところはそれだけじゃありません。

使い方が3通りもあるんですよ!

毛穴ちゃん
え、3通り?ただ顔を洗うだけじゃないんですか?
ナツコ
  1. 少量の水と混ぜて泡だてずにそのまま使う「ネリネリ洗顔」
  2. 水と混ぜてよく泡だてて使う「濃い泡洗顔」
  3. チューブから出してそのまま肌に塗って「泥パック」

こんなに沢山の使い道がある洗顔フォームって珍しいですよね。

ドロネリ洗顔のネリネリ洗顔とは?

毛穴ちゃん
ネリネリ洗顔っていうくらいだから、水分が少なくて練り状で洗うってことですよね?
ナツコ
その通りです。

練り状洗顔のいいところは普通に泡だてて使うよりも汚れの吸着が優れているところ。

泥の感触をより感じることができますよ。

注意したいのが、伸ばすときに肌に摩擦負担をかけないように優しくゆっくり馴染ませていくこと。

伸びが悪いテクスチャーだとついゴシゴシ乱暴にしてしまいがちなので気をつけましょう。

ドロネリ洗顔の濃い泡洗顔とは?

ナツコ
濃い泡洗顔は適量の水と混ぜて泡だてネットでモコモコ濃密泡を作って洗顔する”いわゆる普通の洗顔”のタイプです。

弾力性のある泡が肌に負担をかけずに洗ってくれるので、敏感肌や乾燥肌などのデリケートな肌質の方にオススメです。

毛穴ちゃん
洗い方で洗浄力に違いはあるんですか?
ナツコ
洗浄力には変わりがないので、その時の気分に合わせて使い分けできるのが面白いですね。

ドロネリ洗顔の泥パックとは?

毛穴ちゃん
パックも出来ちゃうんですか!?
ナツコ
毛穴汚れが気になる鼻や、ごわつきがちな顎部分に塗って約1分後に洗い流すだけ。

洗い流す毛穴パックをしているような感じです。

しかも効果絶大!

つるつるの角質レス肌になれますし、いちご鼻が気になる方でも1〜2週間も続ければ綺麗になりますよ!

毛穴ちゃん
毎日パックしていいんですか?
ナツコ
泥パックはスペシャルケアなので、週2〜3回を目安に行ってくださいね。

そのまま塗り込む泥パック!

泥練洗顔成分解析

 ドロネリ洗顔成分
水,ケイ酸Al,グリセリン,ミリスチン酸,ステアリン酸,BG,酸化チタン,水酸化K,ラウリン酸,黒砂糖,ステアリン酸PEG-150,ステアリン酸グリセリル(SE),コカミドプロピルベタイン,アルガニアスピノサ核油,海シルト,モロッコ溶岩クレイ,カオリン,イライト,タルク,塩化Na,ヒアルロン酸Na,サクシノイルアテロコラーゲン,豆乳発酵液,ココイルメチルタウリンNa,ステアリン酸グリコール,エタノール,EDTA-2Na,メチルパラベン,プロピルパラベン
ナツコ
成分を見てみると・・・

水の次に書いてあるケイ酸Alがいわゆる”吸着物質(泥)”ですね。

確かに、泥の配合量はとても多い洗顔料です。

6種類もの泥を混ぜてオリジナル配合しているんですよ。

泥の他にもモロッコクレイ海シルト(くちゃ)も入っており、まさに『毛穴汚れに特化した洗顔料』と言えます。

保湿成分も多く配合されているので、洗った後のしっとり感にも納得です。

毛穴ちゃん
毛穴汚れに年中悩まされてる私としてはすごーく気になるアイテム・・・。

ナツコさん的に、使ってみての率直な感想はどうでしたか?

ナツコ
毛穴汚れ落ちはどの洗顔料よりもいいですよ。

泥、クレイ、クチャっていう汚れ吸着成分がこんなに使われている洗顔料は初めてですもの。

個人的には鼻に直接塗る泥パックの使い方がお気に入りです。

1週間も続けていたら、小鼻の汚れが全然気にならなくなりました。

市販の毛穴パックなんかよりもずーっと肌に優しいし、効果が高いですよ。

毛穴ちゃん
ますます気になってきたなあ〜。

今度ドラッグストアに行ったときにチェックしてみます!

乾燥肌におすすめの洗顔料

ナツコ
そもそも乾燥の原因は”洗いすぎ”なので、超乾燥肌の方はW洗顔不要タイプのクレンジングを使うようにして極力洗顔料を使わなくてもいいと思っていますが、朝はそうはいかないですよね。
乾燥肌ちゃん
わたし朝は洗顔料をつかわずに、ぬるま湯で顔を洗っています。
ナツコ
乾燥するから朝はお湯だけで洗顔している、と言う方もいますが、これは『超』乾燥肌の方のみにおすすめする方法。

夜寝ているだけでも汗や皮脂って意外と多く分泌されているので、キメを整えて化粧ノリを良くするためにもなるべく朝の洗顔はしたいところ。

乾燥肌ちゃん
そうなんですか!知らなかった!
ナツコ
そこで乾燥肌の方が洗顔料を選ぶときに意識していただきたいのが余分な皮脂を取りすぎないタイプのものをセレクトする、と言うことです。

第1位【パックも出来る洗顔料】DUOザフォーム

DUOザフォーム

毛穴やくすみが気になる乾燥肌の方にぜひ使って欲しいのが、DUOの炭酸泡洗顔料。

洗顔を変えるだけでここまで肌が変わるのか!と効果を実感できる超優秀品。

デパコスからプチプラまで様々な炭酸泡洗顔を使ってきましたが、個人的には間違いなくNO.1洗顔料です。

ナツコ
一美容部員として本当におすすめできる肌底上げコスメ。

「洗顔だけでそこまで肌が変わるわけない」と思っている方に是非使って頂きたい洗顔料です。

透明感が出るので、肌がワントーンもツートーンも明るくなります。

公式通販のみの販売なので販路は少ないですが、初回半額で試せるのでお得ですよ!

ベルベットのようなリッチな濃密泡。

DUOザフォームで洗顔すると「あれ、顔が白くなった!?」と思うくらい透明感が出ます。

少しでも時短したい忙しい朝でも、シューっと炭酸泡を手に取り顔にのせるだけなのでとっても楽。

あとは勝手にしゅわしゅわ〜と美容成分が浸透しながらマッサージしてくれるので、くすみ感0のクリアな肌になります。

ナツコ
私は炭酸泡でパック中に歯磨きしてます。忙しい朝は時短で効率よく行動しなきゃ!

気になる毛穴の角栓や黒ずみも同時にケアしてくれますし、ニキビケアとしても使えますよ。

美白ケアができるおすすめ洗顔料

ナツコ
毎日する洗顔だから、せっかくなら一緒に美白ケアもしたい!と考える方も多くいらっしゃいますよね。
色白ちゃん
はいはーい!それ、まさにわたしです!

美白命、透明感命なので、年中美白ケアは怠りません。

ナツコ
美白効果のある成分の入った洗顔料をセレクトすると、透明感が出て、くすみが消えるのでメイクのりがグッとアップしますよ。

美白洗顔料は洗った後がさっぱりするアイテムが多いので、洗顔の後はしっかり保湿してあげることがポイントです。

【クリームタイプの洗顔料】ホワイトヴェールフェイスウォッシュ

ホワイトヴェールフェイスウォッシュ

美容雑誌GLITTERの2017年スキンケア・洗顔部門注目度1位の洗顔料。

カミツレ,マドンナリリー,白バラなどの美白効果のあるホワイトフラワーエッセンスを配合しています。

whiteveilフェイスウォッシュ

さっぱりしたテクスチャーのホワイトヴェール

ジャスミンのような爽やかな花の香りに癒されながら洗顔できます。

泡はボリュームこそそんなに多くはないものの濃密なので肌への当たりがマイルド。

洗ったあとはさっぱり系かな?と思いつつもしっかりしっとり潤うことに驚きです。

【デパコス洗顔料】資生堂ホワイトルーセントブライトニングクレンジングフォーム

ホワイトルーセントブライトクレンジングフォームW

資生堂ホワイトルーセントの洗顔料は、くすみを一掃してくれるような美白洗顔料。

ホワイトルーセントシリーズは美白有効成分が入った医薬部外品ですが、この洗顔料は違います。

透明感が出るので好きなのですが、洗った後のさっぱり感が強いので、しっかり保湿しないと肌がつっぱります。

【雪肌精の洗顔】MYV トリートメントウォッシュ

雪肌精MYVトリートメントウォッシュ

KOSE雪肌精の最高峰ブランド「雪肌精MYV」は東京、大阪に3店舗しかないデパコス限定の超レア化粧品。

雪肌精をさらにパワーアップさせたMYVは、美容成分と保湿力が高まり年齢肌が気になる30台以降の大人の女性でも使いやすいスキンケアラインです。

きめ細かいモコモコの濃密泡で洗顔する幸せ・・・。

雪肌精ならではの和漢植物の香りがまた堪らないですよね。大好きです。

弾力のある泡で逆さにしても落ちません。

雪肌精MYV洗顔料はモコモコ濃密泡が気持ちいい

洗ったあとは顔色がワントーン明るくなるような透明感が出るのもさすが。

個人的には資生堂のホワイトルーセントよりも雪肌精MYVの洗顔料の方が効果があると思っています。

洗顔後の肌も、美白洗顔料にありがちなさっぱり感がなくちゃんと潤うのも優秀です。

敏感肌におすすめの洗顔料

ナツコ
敏感肌の方が洗顔料を選ぶときの基本は”肌に負担とならない”アイテムを選ぶこと。

特に、香料や着色料、保存料など肌に刺激となる成分はできるだけ無添加のものを使いたいですよね。

敏感肌ちゃん
敏感肌の私は洗顔選びも一苦労なんです・・。
ナツコ
トラブルが起きないよう肌本来の土台を健やかに保つためにも、余分な皮脂は取り切らず、洗った後の潤い感が残るものがおすすめです。

練り状の洗顔料よりも、泡で出てくる洗顔料・泡だてない洗顔料の方が肌への当たりが優しいですよ。

【しっとり潤う】オルビスユー洗顔料 ブライトニングジュレウォッシュ

オルビスユーブライトニングジュレウォッシュ

ジュレっていう名前からして美味しそうなオルビスの洗顔料は泡だてずにそのまま使えます。

程よい弾力性のあるジュレの中に角のないマイルドなスクラブが入っているので、敏感肌だとしにくい角質ケアが同時にできる洗顔料。

物足りないと感じる人もいる洗顔料ですが、洗い終わった後のしっとり感が高く、刺激が少ないため敏感肌の方はとても使いやすいと思います。

オイルフリー、無香料、無着色。しかも値段もお手頃。

オルビスらしいアイテムに好感が持てます。

【フォームタイプ】薬用VC泡フォーマーセット

薬用VC泡フォームでもっちり肌へ

毛穴・アクネケアができる医薬部外品フォーム洗顔料として定番の薬用VC泡フォーマーは、軽いながらも濃密なテクスチャーでキメが細かい泡で肌を包んでくれるのが特徴です。

  • 無着色
  • パラペンフリー
  • アルコールフリー
  • 鉱物油フリー
  • 合成香料フリー
  • 石油系界面活性剤フリー と添加物を加えないことにもこだわっている洗顔料です。

【低刺激】無印良品泡洗顔フォーム敏感肌用

泡洗顔フォーム敏感肌用

泡で出てくる無印良品の泡洗顔フォームがあるのをご存知ですか?

しかも敏感肌用なので、肌がデリケートな方でも安心して使えるマイルドな泡洗顔です。

泡がヘニャヘニャでボリュームがないので、「洗った!」という実感は少々少なめ。

余分な皮脂を落としすぎない分、敏感肌の方にとっては良いんでしょうけども。

モコモコ濃密泡が好きな方にとっては弾力のない泡に物足りなさを感じてしまうかもしれません。

洗った後のつっぱり感はありませんが、特別しっとりする感じでもありません。

洗浄力は強すぎず、朝洗顔には丁度良いと思います。

詰め替え用があり。

ニキビケアにおすすめの洗顔料

ニキビができる原因を根本から見直し肌の土台から変えてくれるアクネケア洗顔料。

肌に刺激を与えず、必要な水分・油分を残した洗い上がりなのは当然のこと、ニキビの原因となる菌を退治してくれるのが大前提。

肌に優しいおすすめのニキビケア用洗顔料をご紹介します。

【中学生,高校生にもおすすめ】ファーストクラッシュ

3in1の洗顔料ファーストクラッシュ

洗顔料1本で「洗顔」「保湿ケア」「トリートメント」ができるファーストクラッシュ。

泡だてないでそのまま洗うタイプの洗顔なので、面倒くさいのが苦手な方でも便利で○。

流石に洗顔後の保湿ケアができると言っても、そのまま保湿せず終了、とはいきませんが、ニキビ用洗顔料にありがちなさっぱり感が少ないので使いやすいです。

【ニキビ跡にも】オルビスクリアウォッシュ

オルビスクリア洗顔フォーム

アクネケアシリーズのオルビスクリア。

クリアウォッシュは女性ならではの生理周期によって起こりがちな肌の揺らぎを根本から立て直し、ニキビ予防・改善してくれる医薬部外品シリーズです。

オルビスクリアウォッシュ

泡立てると密度の細かい泡が出来上がるので肌への当たりが優しくマイルドです。

洗顔料の種類は?

ナツコ
洗顔料の種類を簡単におさらいしましょう。

  • 固形石鹸
  • 洗顔フォーム
  • 泡洗顔
  • ジェル状洗顔
  • パウダー洗顔

大まかに分けて5種類に分けられます。

乾燥肌ちゃん
一口に洗顔料といっても、こんなに多くの種類に分かれているんですね!
ナツコ
それぞれ特徴が違いますから、一つ一つ見ていきましょうか。

固形石鹸の特徴と不向きな肌質

固形石鹸

固形石鹸は、透明なものから半透明なものまで様々な種類がありますが、特に半透明なタイプはベースが石鹸素地で出来ているので洗浄力が高く、美容成分が少ないものが多いので乾燥肌には向きません。

使い終わった後にしっかり水切りしないと衛生面も良くないので、管理方法が少し手間だと感じる方もいます。

洗顔フォームの特徴と不向きな肌質

チューブタイプの洗顔フォーム

一般的に市販で売られている洗顔料は、このタイプが多いですよね。

チューブから適量出して泡だてて使うだけなので、使い勝手が良く、浴室に置いておける手軽さもあります。

アイテムによってさっぱりタイプやしっとりタイプなど多種多様あり、どの肌質でも自分に合った1本を見つけやすい種類です。

泡で出てくる洗顔料の特徴と不向きな肌質

泡タイプの洗顔料

スプレー缶やポンプタイプのそのまま泡で出てくるタイプの洗顔料は、泡立てる必要がないので面倒臭がりの方におすすめ

朝は1分1秒でも長く寝ていたい、と言う私のようなズボラ女子には重宝される一品です。笑

泡密度が濃く、特に炭酸タイプのアイテムだと毛穴洗浄力が高く、くすみや色むらを一掃してくれる長所も。

ただ、他の種類と比べると内容量が少なめで、コスパを最重視する方には向かないタイプの洗顔料。

美容成分が豊富に配合されているものが多く、敏感肌・乾燥肌・ニキビ肌でも使いやすい。

ジェル状洗顔(泡だてない洗顔料)の特徴と不向きな肌質

泡だてないタイプのジェル状洗顔料

泡だてないタイプの洗顔料は、必要以上の皮脂を取りすぎないマイルドなものが多いので、洗い上がりのしっとり感が強く乾燥肌や敏感肌の方が使いやすいタイプ。

逆に言うと洗った後の”すっきり感”も得られにくいため、混合肌やオイリー肌、ニキビ肌の方は物足りないと感じてしまうことも。

スクラブが入っていて同時に角質ケアできるアイテムも多い。

ジェルの粘度が高すぎると、伸ばすときに肌摩擦になる可能性があるため注意。

パウダー洗顔料の特徴と不向きな肌質

パウダーと水を混ぜて泡だてて使うタイプの洗顔料。

乾燥した状態でしか保持できない酵素を含んでいるため、酵素洗顔と言われることも。

酵素にはタンパク汚れを皮脂を分解する働きがあるので、毛穴汚れや肌のごわつきが気になる方に向いています。

洗浄力が高く、肌への刺激性も考えると、敏感肌や乾燥肌の方が毎日使うのはおすすめしません。

【最新】肌に優しい潤う洗顔料まとめ

いかがでしたか?洗顔料と一言で言ってもいろんな種類がありますよね。

毎日使うスキンケアアイテムだからこそ、”自分の肌質”にあったものを選ぶことがとても大切です。

長く続けられる運命の洗顔料を見つけられますように。

コスパ重視の方はこちらも是非ご覧ください。↓

おすすめの記事