こんにちは、ナツコです。

今回は、敏感肌の方に人気の資生堂のdプログラムのBBクリーム「dプログラムアレルバリアエッセンスBB」をお試ししてみました。

美容部員ナツコが、敏感肌用日中美容液・化粧下地の資生堂dプログラムのBBクリームを本音でレビューします。

dプログラムアレルバリアエッセンス

【辛い花粉症にも】dプログラム独自の「アレルバリアテクノロジー」とは?

資生堂のdプログラムをご存知でしょうか?

主に乾燥肌や敏感肌向けの方のアイテムを展開しており、その品質の高さから人気を集めているブランドになります。

私も以前、@cosmeで上位ランクインしているスキンケアラインを使ったことがありますが、肌への低刺激性と高い保湿力がさすがだな、と感じた記憶があります。

dプログラムのメイクアップアイテムを使用するのは今回が初めてです。

dプログラムのBBクリームは、「とにかく崩れない」「花粉症の方に人気」「PM2,5にも良いらしい」という噂を耳にしたことがあったのですが、その秘密を探るべく、dプログラムの特徴を一つずつ紐解いていきましょう。

花粉症にも効果的ってどういうこと?

花粉の季節の肌荒れ、かゆみの原因は?

花粉の時期に感じる肌のムズムズ感、かゆみは「花粉皮膚炎」によるものです。

スギ花粉が飛ぶ春先や、ブタクサなどが飛ぶ秋口に肌が乾燥したり、赤みが出たり、チリチリしたり・・・。

子供〜大人まで、花粉症を発症している方に多く見られています。

特に、乾燥の厳しい冬を過ごした肌はバリア機能が低下し、使徒からの刺激を受けやすくなっています。

それにより花粉やアレルゲンが肌に侵入するのを防ぎきれなくなってしまうのです。

対策は、日頃から保湿などのスキンケアで肌のバリア機能を正常に保つことですが、加えて花粉やアレルゲンを直接肌に触れさせないようにするのが大切です。

肌を花粉やアレルゲンから守るための技術が、アレルゲンバリア技術。

dプログラムの最大の特徴でもある「アレルバリアテクノロジー」です。

アレルバリアってなんでしょうか?アレルギー?バリア?

dプログラムのBBは、チリやホコリ、花粉などの微粒子をカットしてくれるので、敏感肌ですぐ肌荒れしてしまう、痒くなってしまう・・・という方向けの処方となっています。

均一な膜を張り巡らせることで、外気中に含まれる微粒子から肌を守ってくれる技術のことです。

公式サイトより

  1. チリ、ホコリ、花粉などの微粒子をバリア
  2. 紫外線をバリア
  3. UVカット
  4. 美容成分配合

季節の変わり目や、辛い花粉症、埃っぽい場所での仕事が多い方が感じている肌のムズムズ感、かゆみが、dプログラムのBBをつけると平気になる、と言う理由は、この均一膜技術にあるんですね。

たかが均一膜でしょ?と思いますが、されど均一膜。

敏感肌の方のことをとことん考えたからこその優しき処方なんだろうなあ、と思います。

UV数値も満足度の高いSPF40・PA+++なので、年中通して安心して使えます。

PM2,5にも有効!秋冬の肌荒れは、乾燥だけでなく大気汚染も原因です!

花粉の他にも、今何かと話題のPM2、5などの大気汚染にもdプログラムのBBは有効です。

そもそも知っているようで知らないPM2、5とは?

大気中に浮遊している粒子状物質のうち、粒径2、5μm以下の粒子のことを言います。

粒が小さいため、、呼吸時に気管を通り抜けて気管支や肺の奥まで入り込みやすいのが特徴。

花粉しかり、PM2.5などの大気汚染にも、やっぱりdプログラムのアレルゲンバリア技術が有効なのです。

「本気で夕方まで全然崩れない!」dプログラムアレルバリアエッセンスBB

とにかく、化粧崩れしないと話題のdプログラム。その秘密は一体どこから来るのでしょうか?

dプロクラムのBBは、オイルと二層構造になっており、肌にみずみずしくフィットして崩れにくく、とにかく汗や皮脂に強い!

dプログラムを肌につけた後、手を洗ったところ、なんて言うんでしょうか、手のひらの皮膜感が他のBBクリームと比べると比較にならないほど強かったです。

水だけではその皮膜感は落ちず、石鹸をつけて綺麗になる、といった感じでした。

この感じは他のBBやファンデーションでは感じたことはなかったので、水や油に強いのかな、と思います。

これが、「長時間崩れにくい」を作っているんだろうな、と。

資生堂の実験でも、10時間化粧持ちデータを取得していますので、効果は本物だと思います。

こんなにしっかりと長時間カバーしてくれる上、UVカット効果も高いのだから(SPF40・PA+++)敏感肌用といっても本当に大丈夫?と思ってしまいますが、ノンケミカル処方(紫外線吸収剤不使用)で保湿感も高く、肌荒れの心配はほとんどありません。

しっかりした効果と、肌への優しさをうまく両立させた、面白い発想のBBクリームだと思います。

ちなみに、今回私が使用した色付きBBの他に、透明タイプのアレルバリアエッセンスもありますが、そちらは赤ちゃんでも使える処方となっているので、とことん安心です。

  • アルコール無添加
  • パラベン(防腐剤)無添加
  • 無香料
  • クリーン製法

dプログラムアレルバリアエッセンスBBのテクスチャーと仕上がりは?

dプログラムアレルバリアエッセンスBBのテクスチャー・色味はライトです。

とろりとした滑らかなテクスチャーのため、肌馴染みが良く、伸びがいいです。

BBクリーム、と言うよりも本当に乳液のような、ゆるいとろみです。少量でも、顔中にぬれるのでコスパは高いと思います。

2層タイプなので、よく振ってから手に出してください。

伸ばすとこんな感じです。

メイク直後の仕上がり

程よくツヤ感もありながら、マットさも感じさせるバランスの良い仕上がりになります。

カバー力はミディアム、といったところです。

気になる毛穴もカバーしてくれますが、ほうれい線は少し気になるかな・・。

光で飛ばしてくれるタイプのアイテムだと(CHANELのCCクリームとか)、綺麗にほうれい線を消してくれるので、その点は少し残念ですが、仕上がりは安定感あります。

気になる方は、プラスαでコンシーラーで影っぽさを飛ばすと良いと思います。(YSLのラディアンドタッチあたりが良いかな。)

上からファンデは重ねず、お粉を軽くはたくだけで大丈夫です。

この仕上がりで、肌トラブルを感じている方のムズムズ感やかゆみ、肌荒れが改善されるのであれば、かなり優秀だと思います。

肌と肌を触れ合う機会の多い、小さな子供がいるママさんにもオススメです。

私も0歳の甥っ子と会うときは、dプログラムのBBでベースメイクしようと思います。(ベロベロ舐めまわされるので、できるだけ優しいものを使いたいなあ、と。デパコスアイテムは、香料諸々きついので。)

本当にメイク崩れしないのか、メイク10時間後の肌質もチェックです。

メイク後10時間後

まじまじ見ると、若干キメが荒くなったような気もしますが、ほぼ崩れていないといって良いくらいのレベルです。

ベースメイク自体は崩れていないのですが、アイメイクが少しヨレるような感じがしました。(オイル成分が強いものだと、目元メイクが崩れやすくなりますよね。)

 

ちなみに、今回私はdプログラムのアレルバリアエッセンスBB単品ではなく、敏感肌用化粧水もセットになった「BB体感セット」を購入しました。(値段も単品購入時と変わらないので限定のセットなので、お得でした!)

せっかくなので、化粧水のテクスチャーも・・

dプログラムデーリペアミストのテクスチャー

ミストタイプなので、仕事中の乾燥が気になるときにサッと使えて便利でした。

下手なミスト化粧水を使うと、かえって肌が乾燥することがありますが、これは肌がもっちりするので乾燥も感じず、中々良い感じでした。

割とさらりとしたあっさりタイプなのですが、保湿力はまずまずです。

資生堂の敏感肌研究〜敏感肌と向き合って40年〜

公式サイトより

dプログラムの「d」は、「defense守る」と「develop育む」からきているとご存知でしたか?

資生堂は、敏感肌がまだあまり知られていなかった40年以上前から敏感肌の研究を続けています。

早くから肌が敏感な方に配慮した商品開発をスタートさせたからこそ、時代のニーズに合わせて進化を遂げることができたのではないかと思います。

今月のおすすめ記事8選

duoクレンジングバーム
保湿化粧水おすすめ

温活ホットクレンジングゲルおすすめ
DUOコスメライン使い口コミ

おすすめ美容液ブースター
婚活リップ

オールインワンゲルおすすめ
ファンデーションおすすめ