こんにちは、ナツコです。

紫外線ケアを年中怠らない、というのは常識ですが、一年の中でも特に紫外線量が強い時期がやってきました。

夏の紫外線以上に、肌にダメージを与えると言われている春の紫外線対策、皆様いかがでしょうか?

いつもは緩めのSPF、PAアイテムを使っている、という方に向けて、今回は最高値を誇るデパコスUVクリームをご紹介します。

よく、「どのブランドのUVクリームがおすすめですか?」と聞かれますが、数あるデパコスUVアイテムの中でも、ナツコ自身が厳選&人気のあるアイテムを取り上げます!

CCクリームの女王・CHANELのCCクリーム

CHANELのCCクリームは鉄板!

価格が少し高いので(30mlで6300円・税抜き)普段使いするには中々躊躇してしまいますが、やっぱりシャネルのCCクリームは最高品質です。

そもそもCCクリームとは?というところから簡単にお話ししますね。

CCクリームとは、光の反射で肌を綺麗に見せてくれる美容成分が配合されたクリームのこと。

そのため厚塗りしなくても、BBクリームよりも、より素肌っぽい仕上がりに仕上げてくれ、崩れにくい、という特徴があります。

数あるCCクリームの中でも、CHANELのCCクリームは別格だと思います。

CHANELのCCクリームの正式名称は「日焼け止め乳液」「メークアップベース」となっています。

乳液なので、スキンケアの延長として使えるのも嬉しいですし、UV効果も最高峰のSPF50PA++++なので、紫外線が気になる時期でも安心して外に出ることが出来ます。

CHANEL CCクリームの成分

CHANELのCCクリームテクスチャーと色味(10ベージュ)

テクスチャーは滑らかで、スーッと肌の上で綺麗に伸びます。

つけると、顔色がパッと明るくなって、くすみが消えますし、一番はほうれい線が目立たなくなるところが気に入ってます。

CHANELのCCはツヤ感が出ます

初めのうちは、手に出すとオイルが分離していることがありますが、段々良くなってきます。分離している時は、手の上で軽く混ぜてから使ってください。

CHANELのアイテムらしく、香料は結構強めです。

顔につけた後も、ほんのり香りがするくらいですので、ナチュラルがお好きな方には少しきついかもしれません。(私はもっと薄づきの香りでも十分だと感じます。)

ヨレにくさも優秀で、さすがの安定感のある仕上がりになりますよ。

CHANELのCCクリームはほうれい線が目立ちにくい!

LANCOMEランコムのUVエクスペールBB

仕事中は、CHANELのCCクリームをベースで使うことの多い私ですが、CHANELと並んで好きなアイテムがLANCOMEのBBクリームです。

ランコムUVエクスペールBB

最近リニューアルされたばかりのBBクリームで、今なら+500円でジェニフィックアドバンスト(導入美容液)とグロスが付いてきます。

BBクリーム単品だと、30mlで5800円・税別)とこちらもいいお値段します。

500円プラスするだけでこのセットにアップグレード

人気のジェネフィックとグロスインラヴ385

ランコムのBBクリームは、手に出すと「え、ちょっと色味が独特で暗いな?浮かないかな?」と思われがちですが、肌に塗るとスーッとくすみを取ってくれます。ちなみに、色味はBB(明るく艶のある仕上がり)とBBⅡ(ナチュラルな仕上がり)の2色展開しており、私はBBの方を使っています。

このBBクリームは、とにかく伸びがいいです。少量でも、結構綺麗にムラなく伸ばせます。

特徴は、紫外線カットはもちろんのこと、PM2、5などの汚れた大気からも肌をバリアしてくれる、ということ。

汚れた空気が肌に付かないように独自設計されているのが新しいBBクリームです。

空気中の汚れがUVAの肌へのダメージを増殖させることがランコム独自の研究によりわかっています。

UVAは、タバコの煙など空気の汚れと合わさると、UVA単体の時と比べて肌表面の皮脂の酸化を約3、7倍増加させる、とも言われています。

UV効果や使い心地、肌の仕上がりばかりに目を向けていた下地ですが、このようなところまで気にかけるか・かけないかで、今後の自分の肌未来が変わるとなると、そこまで意識していかなきゃなあ、と思います。

肝心の肌の仕上がりですが・・・

ツヤ感も出しつつ、カバー力もありつつ、肌のくすみも飛ばしてくれるバランスのとれた仕上がりは、さすがランコム、の一言です。

ランコムBBの仕上がりはこんな感じです

ランコムのBBは以前から好きで、リニューアル前から何度か使っています。

ちなみに、CHANEL同様香りは強めな仕上がりですので、好き嫌いが分かれるかもしれません。

CHANELのCCと比較すると、色味の違いが一目瞭然。

伸ばすと・・(上CHANEL、下LANCOME)

さらに馴染ませます

こうして見比べてみると、CHANELのCCクリームの方が、光の反射が強いように思います。

ランコムのBBクリームも、ツヤ感の出るアイテムなのですが、比較するとCHANELの方が光で飛ばしてくれる分、綺麗に肌見せしてくれるように感じます。

ただ、ランコムのBBは、くすみ感を綺麗に取ってくれる、肌に滑らかにフィットしてくれることに長けていますので、お悩みに合わせてセレクトすることをオススメします。特に空気汚染が気になる、という方にはランコムをおすすめしています。

崩れにくさ・落ちにくさは、ランコムBBよりも、CHANELのCCの方がいいかな〜と思うので、私は仕事中はCHANELを愛用しています。

(ランコムのBBをつけている時に、甥っ子に顔をベロベロ舐められたら、甥っ子の顔にBBクリームが崩れて付いていたので衝撃を受けました。小さな子供と接する時は、香料などが強いデパコスアイテムではなくて、オーガニックのナチュラルアイテムを選びたいものですね。)

ランコムBBも、SPF50、PA++++の最高値です。

今月のおすすめ記事8選

duoクレンジングバーム
保湿化粧水おすすめ

温活ホットクレンジングゲルおすすめ
DUOコスメライン使い口コミ

おすすめ美容液ブースター
婚活リップ

オールインワンゲルおすすめ
ファンデーションおすすめ