ライースリペア

こんにちは、美容部員ナツコです。

肌の乾燥が一年中気になるという方は珍しくないと思います。

ただうるおいを"与える"だけでなく、自らの肌自身で"育てる"スキンケアがあればいいと思いませんか?

有効成分の中で唯一肌の貯水力を高めるライスパワーNO,11が高配合されている勇心酒造のライースリペア

乾燥だけでなく、Tゾーンなどの顔の皮脂の過剰分泌やテカリ,毛穴が気になる!という方向けにライスパワーNO,6を配合した【ライース クリアセラムNo.6】をお試しで使ってみました。

インナードライの方必見!うるおいと毛穴テカリケアを同時にできるスキンケアとは?

乾燥ケアとテカリケアって真逆じゃないの?と思われがちですが、顔表面はテカっているのに中は乾燥しているというインナードライ肌の方も多いのが事実。

皮脂の過剰分泌が原因で乾燥肌が進行している方も多いので、なんだかテカるけど乾燥している気がする・・・という方は要チェックです。

ライースクリアセラムNO,6

ライースパワーNO,6とは?ライースクリアセラムで毛穴,テカリケア

ライスパワーNO,11は水分保持機能(肌の貯水力)を上げてくれる世界で唯一の有効成分で、ライスフォースや米肌などライスパワーNO,11を使ったスキンケアを発売しているメーカーも多いので知名度が高いですよね。

一方、ライスパワーNO,6って聞いたことありますか?

わたしは正直耳にしたことはあっても、ナンバー6がどんな働きをしてくれるのか知りませんでした。(ライスパワーって11しか使えないと思っていた。笑)

ライスパワーNO,6とは?

結論からいうと、ライスパワーNO,6は、皮脂の過剰分泌を改善してくれる有効成分。

Tゾーンのひどいテカリで悩んでいる方や、毛穴の開きや汚れが目立つ方、全体的に脂っぽい印象の油脂肌の方がスキンケアに取り入れると効果を発揮する成分です。

  • control コントロール(抑制)
  • conditioning コンディショニング(調整)
  • confidence コンフィデンス(自信)

皮脂分泌の抑制をすることで、3つの"C"をもたらしてくれる美容液です。

皮脂を取り去る化粧品は多い中、”皮脂分泌そのものを抑制する”化粧品って画期的で新しい。

いままで見たことありません。

ライースクリアセラムNO,6の使い方

使い方は簡単。

普通の美容液のように、化粧水で肌を整えたあとに顔全体にまんべんなく馴染ませるようにつけるだけ。

特に皮脂分泌が過剰に起こりやすいTゾーンには二度塗りすると効果的です◎。

ライースクリアNO,6のテクスチャー

テクスチャーは、ややとろみがありながらもつけ心地はサラッとしてて浸透力も高いです。

ライースクリアセラムのみでうるおいケアを完了するには保湿力が少し物足りないので、ライースリペアのスキンケアにプラスαで使うか、いつものスキンケアに単独で取り入れる場合は別で保湿ケアをしっかりしてくださいね。

個人的にはTゾーン(特に鼻)が午後にはテッカテカになってあぶらとり紙必須なのですが、ライースクリアセラムのトライアルを丸々使い終わった10日目くらいから、あぶらとり紙につく油の量が減っていることに気づきました。

皮脂が減ったからか、メイクもいつもよりもよれにくい。

おかげで化粧直しをしなくても済む日もあるくらいです。(嬉!!)

あんまり気に入ったので、トライアルセットを使い終わったあとに現品も購入してしまいました。



クリアセラム

トライアルと現品のサイズ感

どんなスキンケアを使っても、皮脂が多くてニキビでできやすい方の救世主的美容液なんじゃないかと思います。

ライスパワーNO,11とは?貯水力を上げて肌トラブルの根本解決を

私も乾燥が気になるので、冬場に限らず年中常に保湿にいそしんでいます。

肌は外に出たら紫外線による強いダメージを受け、室内に入ったら入ったで今度はエアコンによって潤いと水分を奪われてしまいます。

こんなにも私たちの日常は肌にとってよくないもので溢れているので、常に肌が潤った状態でいるということはとても難しいですよね。

肌が乾燥すると、くすみが出てきたり(私もそうです)、ファンデーションをつけてもムラになって逆効果だったり、ツヤやハリがなくなって若々しい印象とは遠くなってしまいます。

そうならないためにも、肌を根本的に変えてあげる必要があります。

肌には本来、自ら美しくなろうとする力が備わっています。

ライースリペア乾燥肌対策

ライースとはスペイン語で根源を意味します。

それ程、このスキンケアは肌本来の力に働きかけてくれます。

ライースリペアはお米の力、ライスパワーに着目しています。

日本古来から日本人になじみのあるお米は、肌にとっていいことずくめです。

米ぬかが肌をキレイにするというのは有名な話ですが、このライースリペアには、ライスパワーエキスNO.11が配合されています。

ライスパワーエキスno.11の働き

ライスパワーエキスNO.11は「皮膚水分保持能を改善する」世界で唯一の効果を持っています。

皮膚水分保持能とは、肌がもともと持っている水分を蓄えて逃さないようにする力のことをいいます。

この皮膚水分保持能は若い時にはしっかりと機能して美肌を作ってくれますが、年齢と共に衰えてきてしまいます。

ライスパワーエキスNO.11は世界で唯一、肌が自ら潤い続けようとする力を目覚めさせることのできる画期的な成分で、肌の奥深くまで浸透しやすく、肌を健やかな状態にしてくれます。

そうすると肌のバリア機能が高まり、保水力の高いセラミドが潤い成分を作る働きをします。
そして肌は本来のハリと潤いを取り戻します。

raiz08raiz04

ライースリペアセット内容
  • インナーモイスチュアローションNO.11 20ml
  • インナーモイスチュアエッセンスNO.11 8ml
  • インナーモイスチュアクリームNO.11 5g

全てのアイテムが医薬部外品で、有効成分に先ほどのライスパワーエキスNO.11が配合されています。

ライースリペアのローションの使い方

raiz03

エイジングとうたっているスキンケアにしてはとろみがなく、肌にのせるとすぐに浸透していきました。

ここまで浸透の早いものはなかなかないんじゃないかと思う位、すぐに肌に入っていきました。

1度では物足りず、2度づけしました。

驚くべきことに、2度めもすぐに浸透してしまいました。

大抵のローションは2度つければ十分に潤ったと感じるのですが、ライースリペアは3度づけでやっと「ローションをつけた」という実感がありました。

つけて少し時間が経つと肌表面がサラサラとし、あんなにローションをつけたのにまるでなかったかのようになりました。

ライースリペアのエッセンスの使い方

raiz06

これはローションとは反対で、ジェルと乳液の中間位のテクスチャーで見るからに保湿力が高そうでした。

エッセンスはスキンケアアイテムの中でも有効成分が高濃度に配合されていることがほとんどで、比較的みずみずしく使えるものが多いのですが、これはまるで乳液のようだったので、最初「本当に浸透してくれるのかな?」と疑問に思いました。

顔にのせてみると思っていた通り、肌内部に浸透するというよりは顔全体にくまなくのびました。

顔を覆うようにハンドプレスすると徐々にモチモチ感が出てきました。
浸透してからの質感は好きでした。

ライースリペアのクリームの使い方

raiz07

クリームは今回のセット内容の中で1番好きなアイテムでした。

トリートメント効果が高く、肌をつるっと見せてくれました。

べたつきがなく、肌に浸透しつつも肌がふっくらとしてキメが整ったように感じます。

クリームは色んなテクスチャーがありますが、メイク前でも使いやすいのはこのようななじみがよく、トリートメント効果のあるものだと思います。

現に、クリームをつけてからいつも通りランコムのUVエクスペールXLBBをつけたのですが、いつもよりものびがよく(もともとのびがいいBBなのですがいつも以上に)、少量でキレイに仕上がりました。

肌のキメも整って見えるので、この後のファンデーションはお休みしてもOKでした。

勇心酒造ライースリペアを使ってみて肌がこう変わった!

今まで使ってきたエイジングのスキンケアとは違ったアプローチの仕方をするスキンケアだと思いました。

エイジングがメインのものは油分の多いスキンケアがほとんどですが、ライースリペアはべたつきがなく、肌自体を根本的に見直すという考えのもと作られているスキンケアなので、油分に頼らずに肌に本当に必要なもの、肌本来の力を呼び覚ますライスパワーエキスNO.11で今の肌を変えてくれるのだと思いました。

最近肌のキメが整わない、メイクがキレイに決まらないと悩んでいたのですが、久しぶりにチークもキレイに発色して嬉しくなりました。

使ってまだ2日めですが、自分の肌に足りていなかった皮膚水分保持能が呼び覚まされているのかな?と思いました。

正直、ローションはもう少しとろみがあってもいいかな、とも感じました。

ローションをつけた感じがしないので(それが売りかもしれませんが)、私の場合は少し不安になりました。

その後のエッセンスとクリームの保湿力が高いので3つ一緒に使えばちょうどよいですが、ローション単体で他のスキンケアとあわせて使うとなると、そのスキンケアの選び方も限られてくると思います。

ただ、肌が久しぶりに元気だと感じることができたのはポイントが高かったです。

続けていくことで揺らぎのない、健やかな肌を作っていけると思います。

おすすめの記事