コストパフォーマンスが高いオールインワンゲルを美容部員ナツコが厳選!

実際に私が使っているおすすめのアイテムを比較ランク付けしてみました。

オールインワンと一言で言っても、ローションタイプ・クリームタイプ・ジェルタイプと様々な種類に分けられます。

それぞれの特徴を一緒にまとめていきますので「オールインワンを試してみたいけれど、どれがいいのかイマイチピンとこない・・。」という方の参考になれば幸いです。

ナツコ
この記事を書いている30代美容部員ナツコです。生粋の美容オタク。美容部員ならではの視点でレビューします!

おすすめのオールインワンゲルは?

第1位Considermal(コンシダーマル)

コンシダーマル

ローションタイプのコンシダーマルは、浸透力が非常に高く、肌につけるとスーッと浸透していきます。

保湿力が物足りない、と感じてしまいがちなローションタイプですが、油分もバランス良く配合されており、しっかりと油膜を張ってくれるので乾きません。

パッケージもスリムで軽いので持ち運びしやすく、私は旅行に行くときいつもコンシダーマルを持って行きます。これ1本でOK!な頼もしいアイテムです。

肌への馴染みが良いので、忙しい朝にかなり重宝します。

油膜を張ってくれるのですが、ベタつきはないので朝使ってもメイクヨレも全く気になりません。

「100%ラメラ構造」というのが最大の特徴で、ラメラ構造とは水分と油分がミルフィーユ状に規則正しく重なっている状態のことを言います。

理想の肌質の赤ちゃんのお肌は、このラメラ構造が整っているから綺麗だということをご存知ですか?

すっぴん赤ちゃん肌を目指したい方にオススメです。

よく旅行に行く方にも、本当にオススメです。荷物がめちゃくちゃ軽いですよ!

第2位薬用ホワイトニングリフトケアジェル「シミウスジェル」

医薬部外品のシミウスジェル

製薬会社が作った医薬部外品のオールインワンゲル・シミウスジェルはリピート率が驚異の9割。

オールインワンの中でも「ジェルタイプ」に分類されており、マッサージに特化したアイテムです。

最大の特徴は「オールインワンなのに、美白ケアができること。」

そもそも役割の違う「化粧水・乳液・美容液・クリーム」を一体にしたオールインワンは作るのが難しく、美白ケアできるアイテムが少ないのが現状です。

今や美白ケアは通年行うのが基本なので、オールインワンで一緒にケアできるのは嬉しいですよね。

粘弾性の高いこってり・もっちりしたテクスチャーで保湿ケアも同時に叶えてくれるオールインワンです。

第3位メディプラスゲルメディプラスオールインワンジェル

メディプラス

ゲルタイプのメディプラスは、浸透力・保湿力が本当に絶妙なバランスで作られているな〜と実感する優等生オールインワンジェルです。

セラミドを配合した粘弾性の高いゲルタイプなので、マッサージにも向いているテクスチャーです。

オールインワンを始めたいけど、どれがいいのかわからない・・という方に一番初めにおすすめしたい、安定感のあるアイテムです。

メディプラスをつけると、吸い付くようなもっちり肌になります。保湿力も◎。

朝のメイク前に使用しても、浸透力がいいのでメイクの邪魔をしません。メイク崩れももちろん無し。

製薬会社と共同開発したメディプラスは、妥協なしの一品で、徹底して「肌への摩擦の低下」を意識した仕上がりになっています。

第4位PCリペアゲルWセラム

PCリペアゲルWH

ゲルタイプのオールインワンで、特徴は「分散型」だということ。

水分と油分の相反する両方の成分を配合しなければいけないオールインワンは、2つの成分を結び付けるため界面活性剤を使うことが多いのですが、PCリペアゲルWモイストは、それぞれが自由に馴染んでくれる分散型オールインワンなので浸透力が良いのが特徴です。

中身がずっとフレッシュに使えるようエアレスチューブのパッケージを採用しているので、最後の一滴まで空気に触れずに使い切れます。
送料無料の700円で1ヶ月分たっぷりお試しができ、継続義務もなくノーリスクなのも好印象です。

第5位ローヤルゼリーもっちりジェル

ローヤルゼリーもっちりジェル

このオールインワンジェルの特徴は、塗った瞬間に肌がツルスベになること。始めて使った時思わず「え、なにこれ?めっちゃ指通りスベスベ!」と声を出してしまったくらいの滑らかさです。

これは成分に秘密があるに違いない・・・と成分チェックしてみたところ「ジメチコン」が大量に入っていました。(表示2番目)

ジメチコンとは指通りを滑らかにする成分、いわゆるシリコンで、洗い流さないトリートメント等によく配合されています。もちろん化粧品に配合されることもある安全な成分なのですが、多すぎると肌の新陳代謝にも影響するような気がして個人的にはあまり好きではありません。

サラッとしたテクスチャーで高粘度でコーティング力に優れている分、肌につけるととても心地よく、しっかりと肌表面に皮膜を貼ってくれるので乾燥もしません。

ローヤルゼリーもっちりジェルテクスチャー

しっとりしますし、確かにもっちりスベスベな理想的な肌になれるので、成分抜きにして考えると最高に良い使い心地なのですが・・・。

ただ、朝のメイク前につけると張っだ表面をしっかりとコーティングしてくれているので、メイクのりと持続力は良いです。

第6位ヴィタクトVitaktバランシングウォータージェル

vitakt

@cosmeオールインワン部門1位のビタクトは、初回1800円(送料無料)で気軽にお試しができます。

北アルプスの温泉水がベースで作られており、(普通、ベースは水なのでこれは結構希少だと思います。)セラミド・ヒアルロン酸・サクランと言った天然保湿成分が豊富に含まれているローションタイプのオールインワンです。

ローションタイプのオールインワンは、浸透力は良いけれども保湿力に欠ける、という欠点がありますが、ビタクトは潤い感が違います。

ローションなので、割とアッサリしてクセが全然ないのに、不思議と乾かない・・。そんな相反する面白いテクスチャーのアイテムです。温泉水がいいのかな?

91パーセントが天然由来成分なので、敏感肌・乾燥肌の方でも安心して使えます。

第7位リ・ダーマラボRe dermalab モイストゲルプラス

リ・ダーマラボモイストゲルプラス

ゲルタイプのオールインワンコスメです。

テクスチャー・着け心地共に、メディプラスと似ており、肌への馴染みは良いのに、保湿力も高いという安定感のある一品です。

毎日使える優しいスクラブ入りのクレンジングが人気のリ・ダーマラボですが、オールインワンゲルのクオリティーも中々のものです。

ネイビーの落ち着いたシックなパッケージが、洗面所に置いておくだけでオシャレ、とファンの間で話題なんだそう。

真空ボトルに詰められているため、最後まで酸化せずに使える「生」オールインワンのリ・ダーマラボ。

エイジング要素の高い美容成分が豊富に含まれているため、ハリ・弾力を感じやすい仕上がりになっています。

第8位《エミーノボーテ》EMINO beauté

エミーノボーテ(旧プレミアムモイスチャージェル)

すこやか笑顔のエミーノボーテは、2016年のVOCEの口コミ総選挙でハリ・弾力部門を受賞し、2017年も上位常連のクリームタイプオールインワンゲルです。

クリームタイプは、肌に油膜を張ってくれるので、保湿感が高いのが特徴です。

エミーノボーテは保湿力が高いのはもちろん、クリームタイプなのに浸透力が高い、という珍しいアイテムです。

クリームなのに、浸透力が抜群って、なかなか無いですよ。

エイジング要素の強い高実感年齢化粧品なので、30代〜70台と幅広い世代のファンを獲得しています。

注目すべき成分はヒアルロン酸よりも保水力が高いと言われている「プロテオグリカン」が配合されていること。

何度もなんども改良を重ねて高濃度配合されているので、ハリ感が違います。

そもそも、エミーノボーテとは、エミ(笑み)+ミーノ(ハワイ語でえくぼ)+ボーテ(美)という意味。

こういうのを聞くと、なんだかホッコリしてしまいます。

第9位エクラシャルム

エクラシャルム 医薬部外品

ニキビケアに特化した薬用ホワイトニングジェルのエクラシャルムは、トラネキサム酸(美白有効成分)とグリチルリチン酸ジカリウム(強力な消炎作用)が配合された医薬部外品です。

滑らかなテクスチャーで伸びがよく、スーッと浸透するのでベタつきが苦手な方やニキビが出来やすい肌質の方でも使いやすいタイプだと思います。

エクラシャルムテクスチャー。首元・デコルテまでつけやすい

ニキビに特化した化粧品だとさっぱりしているものも多いですが、エクラシャルムは保湿力も良く、乾燥せず快適に過ごせます。

第9位ちふれ 保湿ジェル リッチモイスチャータイプ

ちふれのエイジングケアオールインワンジェル

オールインワンといえば、ちふれのオールインワンジェルを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

低価格かつ高品質なコスメの多いちふれは、幅広い年代から指示されている国産ブランドですよね。私の田舎の祖母もちふれを愛用していました。

ちふれのオールインワンは驚きの900円。他の化粧品と比較すると安すぎますよね。

900円のオールインワンって本当にいいの?と恐々使ってみましたが・・・さすがちふれ、安定感のある仕上がりです。

しっとりとした保湿感もあり、肌馴染みも良く、ベタつきも気になりません。

ちふれエイジングケアオールインワンテクスチャー

ちふれのオールインワン成分はパーセンテージまで記載

保湿成分としてヒアルロン酸、ヒアロオリゴや植物由来の美容成分が含まれていますが、防腐剤のパラベンや安定化剤のエタノール、乳化剤やキレート剤などの安定成分(添加物)も少量ですが配合されています。

肌に不必要な安定成分はなるべく排除して化粧品作りが流行っていますが、この値段なら文句言えません。

確かに安定感のある仕上がりですが、これ1つでエイジングケアを終了するのは少し心もとない気がします。

【お餅で効果比較】人気オールインワンゲルの実力をチェック

私が使ってみて「これは良い」と思ったオールインワン6種類の特徴を紹介してきましたが、「実際に一番保湿力が高いのはどれ?」「ツヤ感が出るのは?」などなど疑問も残ることだと思います。

使用感の感想だけではなく、お餅を使って客観的にリアルな比較をしてみました。

お餅でリアル比較してみます。

※一番右端のアイテムはリ・ダーマラボなのですが、間違ってコンシダーマルと書いてしまいました。(すいません。)

公平性が出るように、お餅に同量塗ります。

それぞれこんな感じです。

どうなるでしょうか?

オールインワンを塗ってそのまま放置すること約12時間。

12時間後・・・

こんな感じの結果になりました。

左から、メディプラス・エミーノボーテ・コンシダーマル

左からヴィダクト、シミウスジェル、リ・ダーマラボ

結果は、写真の通りですが・・・結構綺麗に差が出ましたね。

一番ひび割れが少なく、ツヤ感が綺麗なのは「コンシダーマル」でした。

次にひび割れが少ないのは、同着でメディプラス、リ・ダーマラボ→エミーノボーテ→ヴィタクト→シミウスジェルといったところでしょうか。

ツヤ感が綺麗なのは、ダントツでコンシダーマル、次にメディプラスで、他は大体同じくらいの仕上がりでした。

個人的に行った実験ですので、この結果がもちろん全てではありません。

それぞれのアイテムの特徴と、ご自身のニーズを踏まえた上で、今回の記事が参考になれば幸いです。

【TRINTYLINE】

今月のおすすめ記事8選

duoクレンジングバーム
保湿化粧水おすすめ

温活ホットクレンジングゲルおすすめ
DUOコスメライン使い口コミ

おすすめ美容液ブースター
婚活リップ

オールインワンゲルおすすめ
ファンデーションおすすめ