【毛穴レス】潤いカバー力が高い人気BBCCクリーム比較ランキング2019
本命コスメBBクリームランキング

こんにちは、ナツコです。

時短メイクの必須アイテムである、BBクリーム,CCクリームを美容部員の視点からおすすめのものだけ厳選して比較ランク付けしてみました。

数あるBB&CCクリームからオススメなものを

どれもこれも優秀なアイテムばかりで、ランキング順位をかなり悩みましたが、それぞれの特徴がありますので、ニーズに合わせて選んでいただけたらと思います。
BB&CCクリーム選びに迷われている方、もっともっと素肌を綺麗に見せたい方は必見ですよ!

第1位【VOCE1位】ツヤ感抜群 ブライトエイジリフトホワイトUVベースCC

ブライトエイジリフトホワイトUVベースCCクリーム

個人的にぶっちぎりで1位なのがブライトエイジのCCクリーム

VOCEのBBCCクリーム部門で1位だったので気になって使ってみたところ、ツヤ感と素肌感が半端じゃなくきれい。

そもそもブライトエイジとは、ロキソニンやミノンで有名な第一三共ヘルスケアが手がけるスキンケアで、保湿・エイジングケアだけでなく美白ケアもすべてマルチにケアできるのが売りのライン。

第一三共ヘルスケアのブライトエイジ

CCクリームにも美白有効成分のトラネキサム酸を配合しており、CCクリームでベースメイクするたびに肌のトーンを上げて透明感を出してくれるのが特徴。

せっかくならベースメイク中でも美白効果のあるものを使いたいですよね。

毛穴引き締めのアーティチョークエキスやコラーゲン、それだけでなく、ハリ成分も保湿成分のセラミドアミノも配合されていて、もはやベースメイクなんだけどスキンケアと同じ美容成分で日中もケアできるという。

ブライトエイジCCクリームのテクスチャー

スルスル馴染むように伸びます。

光の反射が絶妙で、ツヤ感がきれいに出る分厚塗り感は一切なし。その分カバー力はミディアムですが、個人的にはヒットアイテムです。

UVカット値は最高値の【SPF50+、PA++++】ですが、仕上がりや使用感が重ったるしくないので、年中デイリー使いしたい快適さ。

紫外線カット効果のほか、PM2.5はもちろん遠赤外線の防御効果もあります。

ブライトエイジは基礎化粧品のトライアルセットを買っても、化粧水+乳液状美容液の本品セットを買ってもおまけでCCクリームが付いてきます。

ナツコ
ちなみに本品セットだとCCクリームも本品そのままもらえるのでお得です。

第2位【カバー力が高い】maNaraマナラリキッドBBバー

マナラBBリキッドバー


マナラリキッドBBバー
は、SPF35、PA+++でコラーゲン・ヒアルロン酸配合のBBクリームで、気になるシミやそばかすも1本でカバーできるコスパの高さが売りです。

リキッドバーという名の通り、リキッドタイプのBBクリームです。(珍しいですよね。)

リキッドといえば、気になるシミや毛穴などポイントでカバーしてくれるイメージで、カバー力の高さには定評がありますが、顔全体につけると重たくなってしまうのでは?という心配がありました。

でも、つけてみて驚きです!まずは、伸びの良さ。

マナラBBリキッドバーはカバー力◎

スルスルと肌の上を滑るように伸びるので肌に負担がかかり辛く、コスパも高いです。

心配していた重さも全く感じることなく、むしろ密着度が高く肌に綺麗になじむのでツヤ感が綺麗に出ます。

プラスして、リキッドの「カバー力の高さ」も併せ持っているので、毛穴やシミなど気になる部分をあくまでもさり気なくカバーしてくれます。

うっかり顔の産毛が気になる時も、さり気なくヒゲ隠しできます。笑

マナラBB 仕上がり

付属のパフを使ってつけると、綺麗に仕上がります。このパフがまた気持ちいいんです。

第3位アテニアフュージョンスキンファンデーションラスターフィニッシュ

フュージョンスキンファンデーション ラスターフィニッシュ

ベタ厚塗り感がなく時間がたっても朝の美しい仕上がりが続くBBクリームファンデです。

リニューアルした新しいアテニアのBBは透明感がそのままで、カバー力がアップした印象。

年齢くずれが気になる方に光を放つ薄膜ジェルが、毛穴や凹凸をカバーしてくれるのが嬉しいです。

第4位【絶対に崩れない】KOSE米肌澄肌CCクリーム

米肌澄肌CCクリーム SPF50+PA++++

スキンケアで人気を誇る「米肌」は、肌の水分保持機能を向上させるライスパワーNO,11を高濃度配合しているしていることで有名ですよね。

即席保湿ではなく、自らで潤う力を高められる超保湿型スキンケアの米肌を使うと、肌質がぐっと安定します。

そんな米肌のCCクリームはUVカット値が最高峰のSPF50+PA++++。

紫外線量の多くなる5月頃からは、外に出る時の本命CCとして活躍してくれます。

米肌CCの一番の特徴は「サラッと感」。

普通、仕上げにパウダーをはたかないとベタついてヨレやメイク崩れの原因になりますよね?

それだけでなく、大気汚染されたホコリや目に見えないチリ、花粉などが肌表面にくっつき肌老化を進行させます。

でも米肌CCは肌につけた後は全くベタつかないサラッと処方なので、仕上げのパウダーも不要で1日中とても快適に過ごせます。

汗や皮脂に強いので、真夏にありがちな汗ドロドロでメイク全部落ちた・・・ということもありません。

第5位【透明感重視】DUOザ セラムBB

ザセラムBB口コミ

美容成分が72.8%入っているDUOザセラムBB

エイジングケアラインで有名なプレミアアンチエイジング社のDUOザセラムBBもおすすめです。DUOザクレンジングバームはかなりリピートしています。

このBBクリームのすごいところは「素肌感」!!私は、こんなに自然な素肌感の出るBBクリームを他に知りません。

無色な下地ならともかく、色付きのBBクリームやファンデーションを塗るときにどうしても出てしまう「塗っている感」。

逆にBBクリームを塗ることで、キメの粗さが目立ってしまう、なんて経験されたことないでしょうか。

個人的には、素肌に近い仕上がりが大好きなので、DUOザセラムBBはとっても好みでした。

DUOザセラムBBの仕上がり

美容成分が全体の72、8%を占めるって、結構すごくないですか?ほとんど美容液です。

「何もしていない時よりも、BBをつけているときのほうが綺麗」がコンセプトの素肌感重視BBクリームです。

第6位【デパコス】CHANEL シャネルCCクリーム50

CHANEL CC CREAM 50

シャネルのCCクリームは、私が仕事中に愛用しているアイテムなのですが、1日1回は必ずお客様に「どこのファンデ使ってますか?」と聞かれるくらい肌をあか抜けさせてくれるCCクリームです。

光でシワやシミを飛ばしてくれる上、ツヤ感が出て肌色がワントーン上がります。

美容成分配合のCCクリームなので、メイクアップしながら肌を労わることができるのも嬉しいポイントです。

CHANEL CCクリーム塗布後

ただ、さすがは天下のCHANEL様なので、お値段は6300円と高いです。

伸びはいいのでクリームの減りは遅めですが、お値段が張るので中々手を出しづらい、という方も多いかと思います。

第7位【デパコス】LANCOMEランコムUVエクスペールBB

ランコムエクスペールBB

デパコスでも人気を誇るLANCOMENランコムのBBクリームもオススメです。

このBBは、大気汚染による外的刺激をカットしてくれるタイプのアイテムなのですが、最近増えてきていますよね。

大気汚染がUVAの肌ダメージを増殖させることがわかっており、下地を選ぶ際は、大気汚染カットできるか否かでアイテム選びしている方もいらっしゃいます。

色味は独特な暗めのベージュなのですが、これが不思議で肌につけると綺麗にくすみを飛ばしてくれます。

ランコムUVエクスペールBB SPF50 PA++++

デパコスらしく、少し香料が強いのでナチュラル派には不向きかもしれません。

第8位【イエロー系】富士フィルムアスタリフトBB

アスタリフトbbクリーム全2色

アスタリフトは富士フイルムの独自技術により波長の長い紫外線をカットしてくれるクリームです。

紫外線によるハリの低下やシワシミを気にし始めている方におすすめです。

ゆるい乳液状で伸びがよく、ささ〜っと全体に塗れてみずみずしい使用感を楽しめます。

全顔に伸ばした後、クマ部分と小鼻の脇に重ね塗りすると粉体の含有量が多めであることを実感できます。
べったりせず、美容液成分が溢れ出すのが塗っていてわかります。

アスタリフトbbクリーム色味

(写真上:ナチュラルベージュ、下:ライトベージュ)

大げさ過ぎない適度なツヤ感がいい感じです。日焼け止め効果も高いので、これからの季節にはぴったり。

持ち運びもしやすくポーチに入れて旅行に持って行くことも出来ます。

クマ、シミのある人はコンシーラーは必要ですが、うっすらとした赤みくらいならこれだけで問題ありません。

ナチュラルベージュは自然な肌色が美しく、やや明るめ希望の方にはライトベージュがおすすめ。

生理前に使用しても粉吹きもトラブルもなく使えます。

BBクリームの中でもかなり毛穴が目立たなくなり、塗った直後の肌はツヤっぽく仕上がります。

お値段が少し高めですが、伸びがとても良いのでコスパ的にも優れた製品です。

お仕事メイク用ファンデで肌に負担をかけたくない方にもおすすめです。

ナツコ
辛口なことも少し言うと、みずみずしい分、カバー力が落ちるかな?という感じもあります。

乾燥して皮が剥けている時には使えず、クマもひどいときはカバーしきれていません。

第9位【プチプラ】CHIFURE ちふれBBクリーム

ちふれBBクリーム SPF27PA++

ちふれ商品の最大の魅力は「価格の安さ」ですよね。

他のブランドと比べると驚くほどリーズナブルで、その割にはクオリティーが高いアイテムが揃っているので人気のあるブランドです。

ちふれのBBは、驚きの800円!内容量も50gとたっぷり入っているのでコスパ◎です。

程よい硬さのテクスチャーで、伸びもいいので肌に馴染みやすいです。カバー力もありつつ、ツヤ感も中々綺麗に出ます。

ちふれBBクリームテクスチャー

この値段でこの仕上がりだったら文句なしです。

【敏感肌向け】資生堂dプログラムアレルバリアエッセンスBB

dプログラムアレルバリアエッセンス

資生堂のdプログラムアレルバリアエッセンスBBは、敏感肌やゆらぎ肌の方が安心して使える低刺激処方となっている他、花粉やPM2,5といった大気汚染から肌をバリアしてくれる特殊な技術が使われているBBクリームです。

ちょっとした外的刺激(ホコリやちり、花粉など)で肌がヒリヒリする、赤みがでる、痒くなる・・・などの肌悩みを持つ方が、アレルバリアエッセンスBBをつけると随分と良くなる!という話もよく聞きます。

大気汚染物質が肌老化を早めることがわかってきたので、肌を保護してくれるベースメイクを賢く選びたいものです。

肌を守るため、しっかりと肌表面をコーティングしてくれるので多少の「塗ってる感」は出てしまいますが、ややマットな中にも綺麗なツヤ感が宿る仕上がりになります。

アレルバリアエッセンスBB 仕上がり

夕方になってもメイクが崩れない、と定評のあるBBクリームで、確かにほとんど崩れを感じませんでした。

仕事終わり(メイク後10時間後)

敏感肌用なのに、ここまで水と油に強いBBクリームも中々ないです。(メイク中に手についたbbクリームを洗っても中々落ちなくて困るくらい本当に崩れない!笑)

わたしはアレルバリアbbと一緒にアレルバリアミストも併用して使っています。

仕上げ用オイルインスプレーなので、ツヤ感が綺麗に出ますし、崩れないbbが更に崩れない強靭なベースメイクになります。

アレルバリアミストのテクスチャー

敏感肌用なのに本当にすごい。

もちろん敏感肌以外の肌質の方が使っても全然OK。むしろ肌に優しくていいんじゃないかと思います。

おすすめBB&CCクリームランキングまとめ

それぞれのテクスチャー

左からちふれ、dプログラム、DUO、米肌、アテニア、ラウディ

左から(重複分は除き)ランコム、シャネル、マナラ

いかがでしたか?

それぞれアイテム毎に特徴と強み・弱みがあります。

一言でBBクリーム・CCクリームといっても、クリームタイプのもの(やや硬めのテクスチャーから滑らかなもの)からリキッドタイプのもの、オイルインのものなど結構違いがあるものです。

悩み別にオススメしたいアイテムも違ってきますので、ご自身のニーズに合わせたアイテム選びをしてみてくださいね。

ミシャBBクリーム

最初に手に出したときの色の暗さに驚きますが、不安がふき飛ぶほど綺麗に仕上がります。

毛穴も目立たなく、化粧を直さなくても気にならないくらい崩れません。

ミシャBBクリーム良い口コミ

色白の私は21番がぴったり、カバー力を出すためにしっかり塗るとシミや赤味がなくなりました。

薄く塗ることでパウダーファンデの下地としてもとても優秀です。

UVカットしてくれるのでシミ対策にばっちりなので、日差しが気になる時にお勧めの商品です。

テカリも抑えられ、ナチュラルな仕上がりになります。

伸びもよく、肌に馴染んでくれるので使い心地も抜群です。

日焼け止めを忘れた日もこのBBクリームを朝塗っただけでほぼ焼けませんでした。

敏感肌でも特に肌荒れはありません。

BBクリームと言ったら「ミシャ」というくらい愛用してます。

少量で済むあたりもコスパが良く、1回買うだけでかなりもちます。

試したことのない方にはぜひ一度試してみて欲しいです。

普段の仕事用に時短&手直し楽なこちらはぴったりです。

ミシャのファンデは絶対寄れず、むしろ保湿効果倍増してしかも自然です。

仕上げにルースパウダーを軽くふんわりつけるだけで、凄く自然な仕上がりになります。

ミシャBBクリーム悪い口コミ

ドロドロに崩れるのが怖く、最初はBBの上にパウダーをはたいて、崩れたらプレストパウダーでお直しをしていましたが、よれてきれいに仕上がりませんでした。

匂いは昭和な香りがします。少し香りは気になります。

カバー力はあるけどもう少しだけ艶感が欲しいです。

お粉もしっかり密着してくれるのでつけすぎ注意、少し慣れが必要かもしれませんね。

おすすめの記事