六本木の東京ミッドタウンに実店舗もある富士フイルムの化粧品ブランド、アスタリフトの中でもハリと美白を目指すことのできる「富士フイルム アスタリフトホワイト」をお試ししてみた、美容部員ナツコの本音口コミ評価です。
同様の30代40代からの肌色ムラやくすみ、美白に効果が期待できるプレミアアンチエイジングのDUOザクレンジングバームホワイトもおすすめです。
@cosmeストアやロフトでも大人気のとろけるバームクレンジングです。

DUOデュオクレンジングバームホワイトのくすみ改善効果は?3種類シーン別使い分けを美容部員が伝授

2017.07.17

DUOザクレンジングバームホワイト

富士フィルムの写真フィルム分野の4つの最先端技術を肌に有効活用したアスタリフトの美白スキンケアライン

写真フィルムでおなじみの富士フイルムも、2006年より化粧品事業を始めています。
富士フイルムの化粧品は、4つのテクノロジーで成り立っています。

およそ20マイクロメートルの写真フィルム由来のナノテクノロジー

写真フィルムの薄さは肌の角層と同じ約20マイクロメートルだそうです。
美しい写真を仕上げるためには、微粒子を決められた場所に安定的に届ける必要があります。
その技術を活かし、肌が必要とするポイントに成分を効率的に運ぶことができます。

肌の主成分であるコラーゲン研究

写真フィルムの半分は肌の主成分と同じコラーゲンでできています。
富士フイルムは写真を撮った当時の美しい状態をキープするために、長年研究を重ねてコラーゲンのメカニズムを解明してきたそうです。
その研究成果が化粧品に応用されています。

抗酸化技術によるエイジングケア

エイジングを目指す方にとって、抗酸化とは切っても切れない関係にありますが、写真の色あせも活性酸素による色素の酸化が原因で起こります。
この活性酸素は紫外線によって発生し、そのダメージをいかに抑えるかという研究過程で富士フイルムは数多くの独自技術を開発しました。

光解析・コントロール技術で肌をより鮮明に

写真は光を捕えてその情報を記録することで成り立っています。
研究開発の中で培った、光を解析して反射を操る光解析・コントロール技術で肌をキレイにみせるのに応用しています。

こうしてみてみると、富士フイルムの化粧品は技術と研究の賜物だということがわかります。

astalift01

富士フイルムのテクノロジーを詰め込んだ最先端スキンケア

アスタリフトホワイトはエイジングのできる美白スキンケアです。
美白スキンケアは有効成分の関係で比較的さっぱりとしていることが多いのですが、エイジングもできるスキンケアラインなので肌に十分な栄養と潤いを与えてくれます。

さらに、アスタリフトホワイトは美白ケアは気になるところに届いて働かなければ意味がないという考えのもとで作られています。

注目すべきは独自成分「ナノAMA」です。

ナノAMAがシミ内部で固まった「骨」のように見えるメラニンにアプローチしてくれます。

AMAは保湿やエイジングケアが期待できる美容成分センテラアジアチカから抽出したアジア酸、マデカッソ酸、アジアチコシドという3つの化合物を複合した成分で、それをナノ化することで肌の角層まで成分がしっかりと浸透することができます。
そのおかげで、肌に透明感やハリを感じることができます。

富士フイルムにしかできなかった技術をぎゅっと詰め込んでいるアスタリフトホワイトに期待が高まります。

今回、お得な「アスタリフトホワイト 美白トライアルキット」を試してみました。

astalift01

キット内容は、ホワイトローション1回分×2包、ホワイトエッセンスインフィルト5ml、ホワイトクリーム1回分×2包、ホワイトパーフェクトUVクリアソリューション5gです。

朝晩2回使えるようになっているのも嬉しいです。

お手入れクイックガイドに基づいてさっそくローションから試してみました。

astalift02astalift04

手に出してみてまず色に驚きました。
astalift05astalift06

赤いスキンケアという変わった発想です。
この赤はアスタキサンチンが影響しています。

アスタキサンチンはビタミンEの約1000倍以上、βカロチンの10倍以上の強力な抗酸化効果を持っています。
数字で見るだけでもすごいことがわかります。

アスタキサンチンはエイジングと美白のどちらも叶えてくれる、美肌の強い味方です。

ローションは少しとろみがあり、肌にのせてマッサージするようになじませていくと徐々に浸透していきました。

一気に多くの量を入れ込むことは難しかったので、2度に分けてしっかりハンドプレスして浸透させました。
最初、浸透があまりよくないかな?と思ったのですが、肌になじんでしまうとローションだけで肌がモチモチします。
手が頬に吸い付く程でした。

次にエッセンスインフィルトです。
最近リニューアルしてさらによいものとなっているとのことで期待が高まります。

astalift03

ローションよりもさらに濃い赤い液が出てきました。
それだけ高濃度に有効成分が配合されているということでもあります。

astalift07

今まで使ってきた美容液と比べると、液がゆるめだと感じました。
顔につけると、ローションに比べてすぐに肌に入っていきます。
つけたあとに程良いツヤも出たように感じました。

スキンケアなのですが、メイクのような嬉しい効果も期待できそうです。

クリームもまたまた赤い色をしています。

astalift08astalift09

ローション、エッセンスインフィルト、クリームの全てにアスタキサンチン液が成分として配合されているのでこの色にも納得です。

astalift13

クリームは油分もちょうどよく、べたつきがなく好きなテクスチャーです。

乾燥が気になるところに重ね付けすると日中のメイク崩れも気になりませんでした。
顔を手で包みこむようにすると、肌のハリを実感することができます。
べたつきがないのにここまでのハリを感じることができるのは、なかなかありません。

夜のケアはここで終わりですが、日中はこの後パーフェクトUVクリアソリューションをつけます。

astalift10astalift11astalift12

SPF50+・PA++++で日焼け止め効果も最高値です。

美容液兼化粧下地として使うことができます。
さらに、世界初のDeep  UVAをカットする「D-UVガード」を配合しているので「いつの間にか焼けていた」というのを防ぐことができます。

少しピンクがかったカラーで、顔にのせるとぱっと女性らしい明るい印象になりますし、パールが入っているので、立体的にツヤっぽく仕上がり、メイク上手に見えます。

肌のくすみが取れるので、血行不足で顔色が暗く見える方が特に使いやすいと思います。
日焼け止め効果が高い化粧品にみられるきしみもなく、なめらかなテクスチャーでした。

全てのアイテムを使い終わって、「とても心地よいこの香りは何だろう?」と思い調べてみたら、ダマスクローズの香りでした。
バラの中でも特に香り高く、かつてクレオパトラも愛したと言われています。
とても女性らしい香りで、スキンケアをしながら天然のアロマを焚いているような、贅沢な気分になれます。

 

富士フィルムアスタリフトホワイト美白トライアルの総評

とにかく肌がモチモチとするので、しっかりとスキンケアをした!という気持ちになります。
私は好きな仕上がりですが、さっぱりめのスキンケアをしたいという方には向かないかもしれません。

今回のスキンケアアイテムで1番好きだったのは美容液でした。
今まで使ったことのないような、肌にぐんぐん入っていくのを実感できる美容液でした。
濃い赤が「このスキンケアは効果があります」と言っているような説得力もありました。

使い続けることで、できてしまったシミを薄くしたり、シミができる前に予防してくれる力も実感できると思うので、もう少し使ってみたいと思えるスキンケアです。
初夏から夏の終わりまでアスタリフトホワイトを使ってその実力をみたいとも思いました。

美白とエイジングどちらも求めていて、ハリ・透明感・ツヤが欲しい方、今年の夏は根本的にシミ予防をしたいという方のニーズに合うスキンケアです。

美白スキンケアラインでは他にもPOLAポーラホワイトショットや、資生堂エリクシールホワイトなども本音辛口レビューをしていますのでぜひご覧ください。

【おすすめ美白美容液】POLA ポーラホワイトショットCX,SXはシミに効く?30代美容部員口コミ

2017.07.03

【肌美人に必須】つや玉を資生堂ELIXIRエリクシールホワイトで宿せる?美容部員本音口コミ評価

2017.01.09

今月のおすすめ記事8選

duoクレンジングバーム
保湿化粧水おすすめ

温活ホットクレンジングゲルおすすめ
DUOコスメライン使い口コミ

おすすめ美容液ブースター
婚活リップ

オールインワンゲルおすすめ
ファンデーションおすすめ

1 個のコメント