本格的に春の日差しを感じる、暖かい季節になりましたね。

気温が上がるのと比例して気になってくるものの1つに、紫外線があげられます。
秋冬とは違い、4月以降はどんどん紫外線の量が増えていきます。

そうなると日焼け対策は必須ですよね。

毎年この時期になると日焼け防止アイテムが各メーカーから数多く発売されますが、どのように選んでいますか?

特に日焼けしたくない顔は、体の他の部位に比べても敏感なので慎重に選ぶ必要があります。

日焼け止めは顔と体一緒に使えるものもありますし、ベースメイクとして使えるものもたくさんあります。

時間をかけずにキレイに仕上げられるということで、日焼け止め効果の高いベースメイクのニーズが年々高まっています。

その中でも1本でベースメイクが完成し、夏場メイクが崩れてしまっても崩れたように見えない、ファンデーションよりもカジュアルに使えるBBクリームが人気です。

BBクリームはもともと韓国を中心に流行したアイテムです。

Blemish  Balmの略称で、Blemish(欠点・傷)を補うことのできるクリームという意味があります。
韓国は整形大国と言われる程、多くの方が整形をしています。
美に敏感な韓国人の方が整形後すぐに使える位、カバーがあって肌に負担がかからないので爆発的に人気となり、日本にも流通しました。

今や日本でもベースメイクとして確たる地位を獲得しているBBクリームですが、今回は数あるBBクリームの中でも長年ベストセラーとして人気を誇る「ランコム UVエクスペールXL BB」をご紹介します。

uvex01

ランコムと言えばUVエクスペールXLBB!代名詞ともいえるBBクリーム

私はどちらかというとカジュアルメイクが好きで、ベースメイクはさっと簡単につけることができる方が好きなのでBBクリームをよく使うのですが、今まで使ったBBの中でランコムのBBが1番好きです。

ランコムは外資系ブランドですが、今は日本人向けに商品を作っているので安心して使うことができます。

日本で購入したものはこのように日本製と記載されています。

uvex02

UVエクスペールXLBBにはロレアルグループの特許成分のメギゾリルSX・メギゾリルXLが配合されています。

メギゾリルは紫外線防御剤でUVAとUVBの両方に働き、シミやシワ・たるみにといった光老化から肌を守ってくれます。
なので、エイジングに優れた成分ともいえます。

詳しくみてみると、メギゾリルSXはUVAをカットする力が高く、紫外線を吸収した後も有害な物質になる可能性が極めて低いため、肌に負担がかかりにくいです。
みずみずしく軽い付け心地なのできしむことがありません。

メギゾリルXLの方が新しく開発された成分で、UVAとUVBの両方を広範囲にカットしてくれます。
メギゾリルSXと同様に有害な物質に変化しにくく、油溶性のためクリームなどにも配合できるようになっています。

肌に負担をかけず、心強い味方のメギゾリルが配合されているUVエクスペールXLBBは夏に向けて使いやすいアイテムです。

実際に手に出してみました。

uvex03

のばしてみるとこんな感じです。
 uvex04

少しグレイッシュなカラーで、顔につけると暗く見えるのでは?と思われがちですが、UVエクスペールXLBBには女性らしい肌にみせるピンクと透明感を出すパープルが絶妙な割合で入っているので、肌にのせると肌がよりキレイに、トーンが上がってみえます。
私は顔がくすみやすいので、うれしい効果です。

UVエクスペールXLBBの売りは、「羽のように軽い」ということです。

実際につけてみても、カバー力があるのにいい意味でつけている感じがしません。
テクスチャーも乳液のようになめらかなので、肌の乾燥が気になる方も使いやすいです。

日焼け止め効果は高いのにメギゾリルのおかげできしむこともなく、1日中快適に過ごすことができます。

UVエクスペールXLBBとYSLのラディアントタッチでベースメイクを仕上げると立体感が出て、カジュアルながらにもキレイなベースができるのでおすすめです。

UVエクスペールXLBBはBB好きなら一度は使って頂きたいアイテムです。

BBクリームのイメージががらっと変わります。また、夏に向けて崩れにくいベースメイクをしたい方、日焼け止め効果が高いけど肌に負担のないものを使いたい方、潤いの高いBBを探している方が使いやすいアイテムです。

今月のおすすめ記事8選

duoクレンジングバーム
保湿化粧水おすすめ

温活ホットクレンジングゲルおすすめ
DUOコスメライン使い口コミ

おすすめ美容液ブースター
婚活リップ

オールインワンゲルおすすめ
ファンデーションおすすめ