必ず可愛くなれる!流行の最先端オルチャンメイク術第2弾

こんにちは!ナツコです。

今日外を歩いていたら、秋の気配を感じました。

夏好きな私としては少し名残惜しいような…残念な気持ちになってしまいますが、残りの夏を目いっぱい楽しみましょうね!

さて、今回も前回に引き続きオルチャンメイク術をご紹介させていただきます。

そもそもオルチャンメイクとは一体どんなメイクなのでしょうか?

オルチャンとは、韓国語で「最高に可愛い顔」という意味を持っています。

 

オルチャンメイクの特徴は、

・少しマットさを感じる、透明感のある美肌

・メリハリを感じる、すっと通った鼻筋

・平行な太い眉

・ナチュラルなチーク

・目尻のくの字型のアイライン

・ぷっくりとした女の子らしい涙袋

・グラデーションリップ

です。

このポイントを抑えるだけで、あなたも簡単に憧れのオルチャンになることができますよ♪

この回では「目尻のくの字型のアイライン」「ぷっくりとした女の子らしい涙袋」「グラデーションリップ」を作っていきます。

orchan01

可愛らしさと色気を叶える、くの字型のアイライン

まずはオルチャンメイクの特徴的なアイメイク、くの字型アイラインを作っていきましょう。

目尻にかけてひらがなの「く」の字を描くようにアイラインを引くことで、くりっと大きな瞳を演出することができます。

このアイラインを引く際のポイントとしては、「思いっきり大胆に描く」ということです。

普段からナチュラルメイクを好んでしているという方にとってはなかなかなじみがなく、勇気がいる引き方かもしれませんが、ちょっとしたコツを押さえるだけで簡単にできちゃいますよ。

今回は3種類のアイライナーを使って、それぞれくの字型アイラインを引いていきます。

まず1つめは「メイベリン ラスティングドラマ ジェルライナーBR-1ブラウン」を使います。

orchan02orchan03

プチプラなのに、目元に負担をかけずにするすると太い線も細い線も自由自在に描けるところが気に入ってヘビロテしています。

ブラシを使ってラインを引いていきます。

まずは、まつ毛にそって少し太めに上まぶたに引きます。

orchan04

次に、下まぶたの目尻側のラインが先に上まぶたに引いたラインと合わさって「くの字」型になるようにします。

2つのラインが合わさったら、ブラシでその隙間を埋めていきます。

ジェルライナーは、リキッドアイライナーなどに比べてぼかすことができるので、オルチャンメイクに適しているタイプだと言えます。

すると、こんな感じに仕上がります。

orchan05

ダークブラウンなので、初めてオルチャンメイクに挑戦したい!という方でも気軽に取り入れやすい、少しナチュラルさを感じるアイライナーです。

 

2つめは「RMK インジーニアスウォータープルーフペンシルアイライナー03」です。

orchan06orchan07

涙が出やすいという方、1日メイク直しができないという方にはぜひこちらをおすすめさせていただきます。

商品名として記載されている通り、これはウォータープルーフ処方のアイライナーで1日中にじまずに、朝のメイク時の仕上がりをキープしてくれます。

今まで色々アイライナーを使ってきましたが、これは本当に落ちません。にじみません。

私はコンタクトをしていることもあって、目薬を頻繁にさしたりゴミが入って涙が出てくることも度々あるのですが、このアイライナーにはワックスが配合されているため、摩擦や水分に触れてもクリアな発色をキープし続けてくれます。

目尻にしっかりとラインを引くオルチャンメイクに持ってこいですよね。

先ほどと同様に、上まぶたのラインと下まぶたのラインが目尻でくの字型に合わさるように描いていきます。

orchan07

こちらもダークブラウンなので、濃くなりすぎない柔らかいオルチャンメイクにすることができます。

 

最後3つめは「ADDICTION(アディクション)アイライナーペンシル01」です。

orchan08orchan09

3つのうちで唯一ブラックのアイライナーです。

このアイライナーはペンシルタイプにもかかわらず、驚くほどなめらかにラインを引くことができます。

ペンシルの芯が硬くて目元に負担がかかってしまった…ということとも無縁です。

さらに、他のアイライナーと差別化できることとして、描いた直後はぼかすことができるけれど、時間が経つとこすってもこすっても落ちなくなるということがあげられます。

それだけ目元にぴたっと密着して、ちょっとやそっとの摩擦では落ちないという印でもあります。

こちらもウォータープルーフ処方で、全くにじみません。

くの字型にアイラインを引いてみました。

orchan10

ブラックなので、先ほどの2アイテムよりもはっきりとした印象的な目元になりますよね。

さらに目元を強調したセクシーな仕上がりにしたいという方は、このように跳ね上げラインにしてあげるのも可愛いですよ。

orchan11

アイライナーのカラーやタイプ、引き方を変えてあげるだけで、色々なイメージのオルチャンメイクができあがって楽しいですよね。

 

可愛い子には必ずある!?ぷっくりとした女の子らしい涙袋を作る

次は女子らしさ、守ってあげたくなるようなキュートさを演出できる涙袋を作っていきます。

韓流ドラマを観ていると(一時期ハマってよく観ていました)、韓国の女優さんって必ずといっていいほどぷっくりとした涙袋があるんですよね。

涙袋はまさにオルチャンの象徴だと思います。

しかし、全ての女性に涙袋があるわけではありませんよね。

私も涙袋がなく、以前からずっと「涙袋があったらもっと目が大きく見えるのにな…」と思ってきました。

諦めるのはまだ早いです。

涙袋はメイクで作ることができます。

今回は2つのアイテムでそれぞれ涙袋を作ってみました。

まず1つめは「キャンメイク(CANMAKE) ルーセントシャーベットライナー01」です。

orchan12orchan13

これはふらっとドラッグストアに行った時にたまたま見つけたものなのですが、使ってみたら想像以上に可愛くて気に入って使っています。

キャンメイクって本当にハズレがない。優秀。

ジェルタイプのウォータープルーフ処方で、シルバーとホワイトラメがふんだんに含まれています。

目の下、涙袋を形成したい部分に描いていきます。

すると、こんな感じに仕上がります。

orchan14

白目がうるうるキラキラ見えて、女子力アップ間違いなしです。

 

2つめは「ローラメルシエ キャビアスティックアイカラー」です。

orchan15

スティックタイプのアイカラーで、アイシャドウとしてもアイライナーとしてもマルチに使うことができます。

ラメ感も強く華やかで、光に当たった時にキラキラと輝いてくれます。

アイカラーでは珍しい、水に強いウォーターレジスタント処方です。

私が使っているのは肌になじみやすい「シュガーフロスト」と、フェミニンな「ピンクオパール」です。

まずはシュガーフロストから。

orchan16

下まぶたに少しつけるだけで、多くの大粒ラメがのってくれます。

もし少しつけすぎてしまった…ということがあれば、綿棒でなじませるとナチュラルになりますよ。

orchan17orchan18

ヘルシーにも見える、自然派志向を好む方に合う涙袋メイクです。

 

次はピンクオパールを。

orchan21

ここで少し涙袋メイク応用編をご紹介します。

まず、女の子らしさを全面に出せるピンクオパールを目の下に引きます。

orchan22

その後にコレを。

orchan23

みなさんが必ず持っていると思われるアイブロウペンシルです。

これを使って、下まぶたの中央に数ミリ程度細くラインを引きます。

orchan24

このアイブロウペンシルのラインが影になって、ふっくらとした偽造涙袋ができあがります。

ただアイカラーを引くよりもより立体的に見えませんか?

orchan25

ひと手間でこんなにも変わるので、身近にあるアイブロウペンシルでぜひ試してみてくださね。

 

内側からにじみでる質感の虜に!グラデーションリップで色っぽく

オルチャンメイクの仕上げに入っていきましょう。

韓国といえば、オルチャンメイクといえばグラデーションリップです。

韓国は、今やその人気を確立しているティントリップの先駆けでもあります。

内側からじわっとにじみ出る質感が可愛くて、オルチャンメイクを意識していない方もこぞって楽しんでいるメイク方法です。

グラデーションリップを作る前に、下準備をしておきましょう。

リップのカラーをそのまま出すために、コンシーラーで唇の血色感を消しておきます。

「YSL ラディアントタッチ」を唇全体に薄くつけていきます。

orchan28orchan29

ラディアントタッチは液体がとてもなめらかで重くないので、色消しとしておすすめですよ。

準備ができたら、実際にリップをつけていきましょう。

リップは3パターンご紹介させていただきますね。

まず1パターンめは「YSL ルージュヴォリュプテシャイン13」「キャンメイク(CANMAKE)リップティントシロップ03」の組み合わせです。

orchan27

どちらも比較的はっきりと発色の出るリップの組み合わせです。

ルージュヴォリュプテシャインのローズピンクとティントシロップの青みピンクがうまーくマッチしてくれます。

まず、ルージュヴォリュプテシャインを唇の中央にポンポンとスタンプを押すようにのせていきます。

orchan30orchan31

次にティントシロップを。

orchan32

唇全体にたっぷりと惜しみなくつけていきます。

すると、こんな感じに仕上がります。

orchan33

うるうるぷるぷるリップになります。

この組み合わせ、個人的にかなり好きです。

どちらも落ちにくいリップなので、モチを重視する方はぜひ試してみてくださいね。

 

2パターンめは「キャンメイク(CANMAKE)クリームチーク14」「ランコム(LANCOME)ジューシーシェイカー313」の組み合わせです。

orchan34

この組み合わせでリップを作ると、とにかく「可愛く」なります。

男性ウケを狙うならコレです。

ラディアントタッチで唇の色を消したら、クリームチークを唇の内側をメインに全体につけていきます。

orchan35

これはチークとしてうたっているアイテムですが、リップとして使っても問題ありませんよ♪

その上にシャカシャカリップの別名を持つジューシーシェイカーをオン。

orchan36

ジューシーシェイカー自体の発色はナチュラルで控えめなので、ふわっとしたキュートな印象にすることができます。

仕上がりのイメージです。

orchan37

まさに「可愛い」リップですよね。

お仕事やデートでも取り入れやすいグラデーションリップです。

 

3パターンめは「NARS(ナーズ)ベルベットマットリップペンシル2454」「ジバンシー(GIVENCHY)ジェリー・アンテルディ01」の組み合わせです。

orchan38

NARSのリップは、THE赤リップです。

orchan39

マットな質感で色モチバツグンです。

ちょっとしたパーティーシーンでもキレイに映えるカラーです。

ペンシルタイプで、リップライナーとしても使うことができます。

これを同じように唇の中央にのせていきます。

orchan40

これだけで十分鮮やかですよね!

この上にジェリー・アンテルディを。

orchan41

クリアレッドでグラデーションリップに使いやすいです。

唇全体にたっぷりとのせると…こんな感じになります。

orchan42

セクシーさを感じる、小悪魔風リップになります。

グラデーションリップも組み合わせ次第で仕上がりパターンは無限大なので、ぜひあなただけのオリジナルリップを作ってみてくださいね。

 

オルチャンメイク アイライン・涙袋・リップまとめ

第2回めのオルチャンメイク術はアイライン・涙袋・リップの仕方をご紹介させていただきました。

前回のメイク術と合わせると、簡単にどなたでもオルチャンメイクができちゃいます。

オルチャンメイクの特徴というものはありますが、それに少し工夫を加えてあなただけのオルチャンメイクを楽しむのもステキだと思います。

次回からは、各テーマ別のナツコ流オルチャンメイク術をご紹介させていただきますね。

お楽しみに!

今月のおすすめ記事8選

duoクレンジングバーム
保湿化粧水おすすめ

温活ホットクレンジングゲルおすすめ
DUOコスメライン使い口コミ

おすすめ美容液ブースター
婚活リップ

オールインワンゲルおすすめ
ファンデーションおすすめ