クリニークドラマティカリーディファレントモイスチャライジングローションプラス口コミ

こんにちは、ナツコです。

化粧水と並んで乳液はスキンケアアイテムの中でも使っている方が最も多いアイテムですね。

なんとなく使っている乳液ですが、どのように選んで使っていますか?

化粧水と同じブランドで使うのもいいと思いますし、その時に肌が欲しているものを選んであげると肌の調子が驚くほどよくなります。

CLINIQUEクリニークの人気乳液ドラマティカリーディファレントもイスチャライジングローションプラスをお試ししてみました。

30代美容部員がDDML+の使い方と種類・価格を口コミレビューします。

クリニークのスキンケアアイテムはどれも人気

CLINIQUEクリニークとはどんなブランド?

白い白衣を着た美容部員が接客してくれるクリニークカウンターは、他のブランドとは違う独特の雰囲気が漂っていますよね。

”美しい肌は自ら作り出すことができる”をブランドコンセプトのクリニークは、ひとつの製品を作るにあたり7200回ものアレルギーテストを行っています。

1回でもエラーがあれば販売しないというこだわりがあり、肌ダメージの原因となる成分を徹底的に取り除く努力をしています。

そのためクリニークのコスメは全て無香料。香料すらも肌の負担になると考え排除しています。

乳液はなぜ必要?DDML+で肌バランスを整える

たまに化粧水だけでスキンケアを済ませているという方がいますが、それは間違ったもったいないケアをしています。

化粧水はほとんどが水でできているので、肌につけるとそのまま浸透するとともに、外気によって蒸発しています。

すると肌は無防備な状態のままなので、常に水分が蒸発する状態になっています。

そうなると必然的に肌は乾燥してカサついてしまいますよね。

肌は皮脂膜というものを自ら作りだすことができます。

この皮脂膜は、汗と皮脂が肌の上で混ざってできるもので「天然のクリーム」とも言われています。

皮脂膜は美肌をキープするために大切な役割を果たしてくれるのですが、肌バランスが乱れて乾燥していると、皮脂膜がうまく作れなくなります。

そうならないために、美肌に必要な皮脂膜を人工的に再現したものが乳液です。

乳液を皮脂膜に見立て、肌バランスを整えるのにDDML+(プラス)「クリニーク ドラマティカリーディファレントモイスチャライジングローションプラス」CLINIQUE dramatically different moisturizing lotionは最適です。

クリニークドラマティカリーディファレントモイスチャライジングローションプラス

クリニークの乳液といえば《DDML+》その理由は?

私がクリニークのスキンケアを数多く愛用する理由は、肌が安定してゆらぐことが少なくなるからです。

「これを使っていれば大丈夫」という安心感もあります。

実際、冬場に乾燥がひどく赤ら顔になってしまった時に、この乳液(以下DDML+とします)を使ったらいつもの肌に戻りました。

その位保湿力が高く、肌をいいバランスに持っていってくれます。

クリニークと言えば、このカスタードのような黄色い乳液と、私も愛用しているクラリファイングローションが2大定番なのではないでしょうか。

クラリファイングローションがみずみずしい分、DDML+はこっくりとしています。

DDML+は皮脂膜に限りなく近く作られています。

そのため、つけた時にまるで自分の皮脂のようにぴたっとなじんでくれます。

個人的には大好きなアイテムなんですけど、 LDKでは最低評価でした。

ミネラルオイル(石油系オイル)が配合されています。

クリニークの乳液にはミネラルオイルが沢山含まれています。

クリニーク乳液成分

2番目にミネラルオイルが書かれていますね。

その他、着色料もガッツリ入っているのもLDKで低評価の理由のようですね。

クリニークのアイテムってミネラルオイルが配合されているもの結構多いんですよね。

クリニークモイスチャーサージ

クリニーク人気のジェルクリームであるモイスチャーサージにも入っています。

と気になる成分にどうしても目が行きがちですが・・・

DDML+には他の乳液に比べてヒアルロン酸が多く含まれています。

ヒアルロン酸は肌の弾力を維持し、水分が蒸発するのを防いでくれますよね。

保湿力がとても高く、乾燥小じわを防止し、肌のバリア機能を高めてくれます。

そのためDDML+は潤いが長続きし、肌を整える作用が高いのです。

のばしてみると、薄い膜を張るような、潤いのヴェールをまとったような感じです。
ddml03

DDML+を夜寝る前につけると、日中のエアコンによるダメージをなかったことにしてくれるような気がします。

ただ、つけすぎると少し白っぽくなるので注意が必要です。

私は肌に残る位しっとりしている方が好きなので気になりませんが、さっぱりしたスキンケアが好きな方は重いと感じると思います。

 

石油から作られる鉱物油ですが、ベビーオイルやワセリンにも配合されています。

以前はミネラルオイルが肌トラブルを引き起こすと言われて嫌厭されていましたが、最近は精製技術が進歩して石油からオイルにする際99%以上不純物を取り除けるとも言われています。

肌への保湿効果、ラップ効果が高いので、個人的にはそこまで目くじらを立てなくてもいい成分のように思います。

クリニークの人気保湿ジェル・モイスチャーサージEXにもLDKのNG成分が入ってる!

クリニークモイスチャーサージEX

クリニークモイスチャーサージEX

スキンケアにおいて、1に保湿、2に保湿と言っても過言ではないくらい「保湿」は肌にとって大切なことですよね。

ホルモンバランスの変化や、季節の変わり目で揺らぎやすい肌質の方は、保湿を強化すると肌調子が上がるのでおすすめのスキンケアアイテムです。

クリニークのモイスチャーサージはもともと乾燥が厳しい機内で仕事をするスチュワーデスさんが愛用している、と口コミで広がり人気に火がついたクリニークスキンケアの代表格ともいえるコスメです。

クリニークの乳液にも含まれるミネラルオイルが、モイスチャーサージにもがっつり入っています。

まあたしかにつけ心地としては肌をツルッとコーティングしたような感じがしますが・・・

ミネラルオイルの安全性と危険性を天秤にかけると、やっぱりそんなに目くじら立てなくてもいいんじゃないかな〜と思います。

私自身が疲れていると肌荒れしやすいゆらぎ肌ですが、クリニークのコスメでトラブルを起こしたことは一度もありません。

保湿力抜群のクリニークジェルクリームの使い方

moistursarge02
クリニークのクリームはジェル状のもので、ぷるっとしたテクスチャーです。
実際に手に取ってみるとこんな感じです。

moistursarge01moistursargehand
従来のクリームのイメージを覆すアイテムで、肌にのせるとすーっと肌に溶け込むようになじんでいきます。
油分が多いクリームは肌にのっている感じがするのですが、モイスチャーサージはみずみずしく使えるのが特徴です。
名前の通り、潤いの波で肌を満たしてくれます。

つけても全然重くなく心地いいので、私は顔全体につけてから乾燥の気になる頬に二度塗りしています。
そうすると肌バランスが整います。

現役美容部員ナツコがお伝えするモイスチャーサージの裏技活用法

モイスチャーサージの便利なところは、メイクの上からもつけることができることです。
つけすぎるとよれてしまいますが、メイク直しの時に乾燥しているところにポイントでのせてあげると、朝の潤いが蘇ります。

さらにおすすめの使い方として、リキッド・クリームファンデーションに混ぜるという方法です。
そうするとファンデーションの潤いがアップし、乾燥崩れを防ぐことができます。
さらに、夜スキンケアの一番最後に少し多めにつけると洗い流さないパックとしても使うことができます。

鎮静効果もあるので、日頃から外にいることが多い方、夏に日焼けをした方にもぜひ使って頂きたいアイテムです。

初めてクリームを使う方も、シンプルに使えて潤い効果が高いのでおすすめです。

おすすめの記事