こんにちは!ナツコです。

みなさん、夏を楽しんでいますか?

花火にプールに夏祭りに、イベントが盛りだくさんで考えただけでワクワクしますよね。

そんな夏のイベントをより一層楽しむために、女子にとってメイクは欠かせませんよね。

今回は、夏の気分を盛り上げる「サマーボヘミアンメイク」を考えました!

シンプルながらも季節感を感じることができるメイクにしたので、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

make01

自由奔放!他人に左右されない私らしいボヘミアンメイク

「ボヘミアン」という言葉を聞いたことのある方は少なくないと思います。

数年前から話題となり、アパレル業界でもよく取り入れられているテーマです。

そもそも、このボヘミアンとは一体どんな意味を持っているのでしょうか。

ボヘミアンの語源を調べると「放浪的な、伝統にとらわれない、自由奔放な」と出てきます。

人と同じスタイルを好む日本人ですが、私はもっとありのままの自分で、好きなようにファッションやメイクを楽しんでいいと思うんですよね。

ブラウンのアイシャドウにピンクベージュのリップが定番メイクという方も、開放的な気持ちにさせてくれる夏こそ、少し勇気を出して新しいメイクに挑戦してみませんか?

 

ボヘミアンメイクはツヤ肌が命!ナチュラル美肌に見せるテク

では、さっそくスキンケアからしていきましょう。

今回のメイクテーマは「サマーボヘミアン」なので、作りすぎないナチュラルスキンを目指します。

保湿たっぷりの化粧水で肌に十分な潤いを与えます。

その後に、ツヤ肌を作るコレ!

「ヴァーチェ(VIRCHE)マルラオイル」をつけていきます。

make02make03

これはなんと100%オーガニックの高品質オイルです。

あのアルガンオイルを超えると言われる、最高峰の美容オイルです。

保湿力・エイジングケアに優れていて、気になるほうれい線に効果的でぱーんとハリのある肌にしてくれます。

これを化粧水の後につけることでふっくらもちもちの潤い肌になれますよ。

品質が極めて高いもので、油焼けすることもないので安心してくださいね。

マルラオイルをつけると…

make05

こんな感じに仕上がります。

天然のツヤ・立体感が出ていますよね。

この後に乳液をつけます。

 

次にベースメイクです。

私が愛してやまない「ランコム(LANCOME)UVエクスペールXLBB」を使います。

make04

夏といえばやっぱりコレなんですよね~。

紫外線防止効果が最高値ながら、特許成分メギゾリル配合で肌に負担がかからないのも嬉しい!

少しグレーがかったカラーなのですが、肌にのせるとトーンをぐっと上げてくれます。

make06

透明感も出るので、午後になると肌がくすんできてしまう(私もそうです)…とお悩みの方におすすめします。

これを顔全体につけていきます。

先ほどご紹介したマルラオイルをランコムのBBと混ぜてハリ肌を作るのもいいと思います。

 

メイクの要!夏感満載のアイメイク

ここからはメインのアイメイクです。

個人的にですが、アイメイクって季節感を出しやすいポイントメイクだと思うんですよね。

自然と気合が入ります。

まずはアイラインから。

いつも使っている「メイベリン ラスティングドラマジェルライナーBR-1」を。

make07

この後にまた別のアイライナーを使いますが、ベースとしてつけていきます(メイベリンのジェルですが、KATEのブラシを使っています)。

まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるような感じで描いていきます。

するとこんな感じに仕上がります。

make08

アイシャドウの前にマスカラをぬっておきましょう。

「ランコム ヴィルトゥーズドールアイ」を。

make09

お人形さんのような、ぱちっとした印象的な目元になることができます。

これがあればつけまつ毛、まつ毛エクステいらずですよ。

信頼してます。

お湯落ちタイプで、オフも楽ですよ。

これをまつ毛にたっぷりつけていきます。

すると、こんな感じになります。

make10make11

今回のメイクの最大のポイントとなるアイシャドウを。

大好きなYSLの「クチュールクルールパレット06」をつけていきます。

このメイクでは、右下のカラーのみを使っていきます。

make11

小さめのブラシにこのカラーをとり、下まぶた全体にラインを引くようにつけていきます。

make12

見た目にも鮮やかで、これだけで存在感のある目元になれます。

この後にいつもの「ルナソル スキンモデリングアイズ01」の右上のカラーを上まぶた全体につけていきます。

make13

下まぶたに鮮やかカラーをのせているので、上まぶたはヌーディーカラーにするのがポイントです。

すると、こんな感じになります。

make14

いつものメイクとちょっと違う印象になれていると思いませんか?

 

アイメイクの仕上げにブラックのリキッドアイライナーを使います。

「K-パレットリアルラスティングアイライナー24hWP」です。

make17

プチプラですが、名前の通り本当に一日中落ちません。

アットコスメで常に上位なのも納得の仕上がりです。

これを使って、跳ね上げラインを描きます。

make18make19

上まぶたのアイシャドウをナチュラルにしている分、アイラインはしっかり引いてあげましょう。

少しセクシーさも感じることができて、自由奔放さも演出できますよ。

 

メリハリを作る!チークとシェーディング

いよいよメイクも終盤です。

夏らしさ、ボヘミアンさを演出するために、今回はシェーディングを使っていきます。

「ADDICTION(アディクション)ブラッシュミックス01」です(リニューアルする前のタイプです。すいません…。今は05 JetSetterというカラーが近いです)。

make21make22

シェーディングってみなさん使いますか?

なかったらなかったで差し支えないものですが、あるとメイクのスキルがかなり高く見えます。

このブラッシュミックスを混ぜながらブラシにふくませて、フェイスラインにつけていきます。

顔を左右半分に分けて考えます。

まず額からこめかみにかけてブラシを滑らせます。

make24

その後にこめかみから頬のキワを通って顎のラインに。

make25make23

数字の「3」を描くようにブラシを動かすイメージです。

シェーディングはハードルが高いのでは?と思う方も多いと思いますが、このようにつけてあげると濃くなりすぎずに簡単にメリハリ顔になれますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

 

チークもつけていきましょう。

「NARS(ナーズ)ブラッシュ4013」を使います。

make26

チークが大大大人気のNARSですが、その中でもこの4013は別格です。

世界で1番売れているチークと言われています。

細かいラメ・パールが入ったコーラルカラーで、どんな方にも似合います。

また今度詳しくご紹介しますね。

ヘルシーに仕上がるので、ボヘミアンメイクにぴったりです。

頬に横向きにつけていきます。

make27

耳に向かってつけていくイメージです。

そうすることで小顔効果も出すことができます。

 

自然ながらもうるうるツヤのある質感を演出!リップメイク

最後にリップで仕上げをしていきましょう。

ここは、やはり今期1番のベストコスメである「ランコム(LANCOME)ジューシーシェイカー313」を。

make28

まるでカクテルを作るようなこのシャカシャカリップは、インスタグラムでも話題でした。

これを唇全体にポンポンとつけていきます。

唇の内側からじゅわ~っと滲みでる血色感を楽しめるリップです。

 

これで全てのメイクが出来上がりました。

仕上がりを見ていきましょう。

ベースメイク・アイメイク

make30

リップ

make29

いかがですか?

メイクステップが少なめなので、時短メイクとしても活躍します。

興味を持っていただけたら、ぜひ試してみてくださいね。

 

サマーボヘミアンメイク まとめ

今回は、一気に夏気分を味わえるサマーボヘミアンメイクをご紹介しました。

アイメイクにブルーを使うので、ハードルが高いと感じた方もいると思いますが、思っている以上に肌にキレイになじんでくれるメイクです。

ブルーは肌や白目に透明感をもらたしてくれるカラーで、女性らしい色気も感じさせてくれますよ。

いつもは肌なじみがいいメイクを好んでしているという方も、キーカラーとなるものを1つポイントで取り入れてあげると、マンネリメイクから脱出できますよ。

テーマのボヘミアン、自由奔放で何事にもとらわれないメイクをすると、気持ちも明るく前向きになれる気がします。

せっかくの楽しい夏です。

いつもと違うメイクで自分らしさを演出して、もっと夏を盛り上げていきましょう!

今月のおすすめ記事8選

duoクレンジングバーム
保湿化粧水おすすめ

温活ホットクレンジングゲルおすすめ
DUOコスメライン使い口コミ

おすすめ美容液ブースター
婚活リップ

オールインワンゲルおすすめ
ファンデーションおすすめ