こんにちは!ナツコです。

プチプラコスメと聞くと、どのブランドを思い出しますか?

数あるブランドの中でも、私は真っ先にキャンメイク(CANMAKE)が頭に浮かびます。

キャンメイクは私が高校生の頃から愛用しているブランドで、美容部員として働くようになった今でもお世話になっているプチプラブランドです。

なぜ未だにこのブランドでメイクアイテムを購入するのかと言うと、

・1000円以下で手に入る、クオリティの高いアイテム

・デパートコスメに負けない仕上がり

・女子の求める「可愛い」をわかっているブランド

だからです。

もともとコスメを集めるのが大好きな私ですが、金欠の時にはキャンメイクのアイテムを購入することが多いです。

デパートコスメ1つの値段で、4、5個も買えちゃいます。

私のプチ贅沢な瞬間です。

キャンメイクのアイテムでメイクをし、友人と食事に行った時に「その色可愛い!」と褒められたりもしました。

侮れない、キャンメイク…!

私のメイクの原点ともいえるキャンメイクですが、中学生や高校生だけでなく、私たち大人にも再注目されているということをご存知ですか?

 

その実力派アイテムで再注目されるキャンメイク(CANMAKE)のティントリップ

インスタグラムで話題騒然の「クボメイク」で紹介されてから人気に火がつき、雑誌掲載が多いアイテムがあります。

それは「リップティントシロップ」です。

canmake01

600円位で購入することができ、今人気の「にじみ出るティントリップ」になることができます。

ティントの人気はしばらく続きそうですよね。。

無香料、SPF15+で夏の日差しにもバッチリ対応してくれます。

以前からずーっと気になっていたのですが、今回ようやくゲットすることができました。

お店に買いにいった時に、カラーによっては売り切れということもあったので。。

それ位いま人気のアイテムですよ。

ではさっそくティントシロップを試していきましょう。

私が持っているのは03というカラーで、肌が白く見える青みピンクです。

小さめサイズで、ポーチの中でかさばらないのもポイント高いです。

チップもしっかりしてます。

acanmake02

まずはベーシックにそのままつけていきましょう。

何もつけていない状態です(唇荒れてますね。。)。

canmake03

そこにティントシロップを。

すると…こんな感じになります。

canmake09

うるうるちゅるちゅるリップです。

時間が経つとカラーがもっとはっきり出てきます。

canmake04

つける前はけっこう薄付きなのかな~と思いましたが、想像以上にしっかりと発色します。

ランコムのシャカシャカリップ、「ジューシーシェイカー」よりもカラーが出ます。

ジューシーシェイカーの方が唇に密着して潤ってくれている感じです。

ティントシロップは唇の表面でサラサラしている感じ。

リップのべたつきが苦手…という方は気に入ると思います。

 

次にグロスとして使っていきましょう。

はじめに、このようなナチュラルベージュピンクの口紅を唇全体にぬっておきます。

canmake05canmake07

ビビッドなリップを選んでしまうと、ティントシロップの色と合わさって派手な印象になってしまうので、ここはあくまでナチュラルなカラーを選ぶことをおすすめします。

その後にティントシロップをたっぷりつけていきます。

するとこんな感じに仕上がります。

canmake08

ベージュピンクの口紅が下地となってくれるので、よりキレイにカラーが出ます。

食事の後でもほのかにカラーが残っていることが売りのリップですが、口紅と一緒に使うことでより落ちにくくなります。

お直しの時間が取れない日や、デートなどいつでも可愛く見られたい時におすすめですよ。

 

誰でも瞬時にうるうるキュートな瞳になることができるルーセントシャーベットライナー

ティントシロップを買いに行った時に、可愛いアイライナーを見つけたのでこちらもご紹介させていただきます!

同じくキャンメイクの「ルーセントシャーベットライナー01」です。

canmake11canmake12

ジェルタイプのアイライナーで、力を入れなくてもするするとラインを描くことができます。

ウォータープルーフ処方で、ぴたっと肌にフィットしてくれます。

商品名も可愛いのですが、実力も伴うアイライナーです。

この01はクリアな発色で、シルバーとホワイトのラメが入っています。

手に描いてみるとこんな感じです。

canmake13

白浮きせず、肌色はそのままにキラキラのラメだけを好きなところに置いていける優れものです。

ちょうど涙袋メイクを変えたい気分だった時にこれを見つけました。

実際に使ってみて、600円以上のクオリティだったのでご紹介しますね。

まず、下まぶたに何もつけていない状態です。

canmake14

ここにシャーベットライナーを。

細すぎず、太すぎずの芯なのでさりげない上品ラインを描くことができます。

下まぶたにつけると…

canmake14canmake15

このようにうるうるな瞳になることができます。

白目に透明感が出てキレイに見えます。

シルバーラメが目全体のトーンを上げてくれます。

アイシャドウと違ってラメ落ちしてしまうこともないので、モチもいいですよ。

1日メイク直しをしなくても、朝のメイク時の仕上がりと同じ状態を保っていました。

これ、すごく使えます。

 

ここで少し応用編です。

アイライナーとしてだけではもったいないので、ハイライトとしても使ってみました。

眉尻の少し下につけるだけというシンプルなものです。

canmake17canmake16

指でぼかしてあげると、よりナチュラルに肌になじみます。

こうすることで、骨格を活かしたメリハリメイクをすることができます。

このシャーベットアイライナーはラメが強く出すぎないので、さりげなくラメ感を出したいところにつけるのが効果的ですよ。

 

プチプラコスメキャンメイク まとめ

メイク好きな方なら1度は手にしたことがあると思われるプチプラブランド、キャンメイクのおすすめアイテムをご紹介しました。

キャンメイクは若い子が使うブランドというイメージがある方も多いと思いますが、実は大人の女性も満足する程のクオリティの高いアイテムの宝庫なんです。

クオリティは高くても価格は安いので、流行りのカラーなど「デパートコスメで買うのは勇気がいる」というものでも手をのばしやすいです。

そこがプチプラコスメのいいところですよね。

中でもキャンメイクは女子の求めているもの、流行を押さえたアイテムをピンポイントで展開してくるので、これからもお世話になること間違いなしです。

メイクを変えたい、イメージチェンジしたいという気持ちが少しでもあれば、ぜひ久しぶりにキャンメイクを覗いてみてください。

きっとあなたの「可愛い」を引き出してくれるアイテムが必ず見つかりますよ。

canmake10

今月のおすすめ記事8選

duoクレンジングバーム
保湿化粧水おすすめ

温活ホットクレンジングゲルおすすめ
DUOコスメライン使い口コミ

おすすめ美容液ブースター
婚活リップ

オールインワンゲルおすすめ
ファンデーションおすすめ