こんにちは!ナツコです。

みなさんは「これは絶対におすすめ!」というクレンジングに出会えていますか?

私はこの本命コスメ.comを始めてから、人にすすめたくなる2つのクレンジングに出会いました。

それはD.U.Oデュオ ザ クレンジングバームAttenirアテニアスキンクリアクレンズオイル です。

どちらも実際に使ってみて、とってもいいと思ったアイテムです。

しかし、今後D.U.Oかアテニアかどちらか使ってみたい!という方は「この2つがどう違って、どういいのか」ということが気になりますよね。

今回は、本命コスメ.comの2大人気クレンジングを徹底比較してみたので、クレンジング選びの参考にしていただければ嬉しいです。


デュオとアテニアクレンジング比較

《過去のデュオとアテニアの本音レビュー記事》

clensing01

D.U.Oとアテニアのクレンジングスペック比較

まずは2アイテムのスペック比較です。

 DUOザクレンジングバームAttenirアテニアスキンクレンズオイル
1日あたりのコスパ58円27円
初回割引オファー初回半額1,800円(税別)
送料無料
返金保証あり
アテニア初めての方限定1,700円(税別)
ドレスリフトローション付
送料無料
クレンジング特徴定番とろけるバームクレンジング
ブツブツとした目立つ毛穴をキレイに

W洗顔不要
クレンジング・洗顔・角質ケア
マッサージケア・トリートメントをカバー

気になるイチゴ鼻・涙毛穴
毛穴黒ずみもつるっとオフ

くすみの原因である「肌ステイン」に注目。
日本ではじめてロックローズオイルを使った化粧品

2アイテムの主なスペックはこんな感じです。

次はもっと詳しく比べていきましょう。

D.U.O(デュオ)ザ クレンジングバームの特徴とは?

では、今度はそれぞれのアイテムを詳しく見ていきましょう。

まずはD.U.Oです。

肌に負担をかけず、優しくスピーディーに洗い上げてくれるクレンジングです。

@cosmeアットコスメのマッサージ部門で1位、その他クレンジング部門でも連続1位を獲得しています。

 

このクレンジングには、毛穴クリアカプセル「ナノマトリクス」という成分が配合されています。

これは吸水性コラーゲン・吸収性ヒアルロン酸と洗浄成分でできている、毛穴よりもはるかに小さなカプセルです。

肌の体温でとろけると同時に微粒子化して、毛穴の奥の奥まで入り込んでいってくれます。

そのため、毛穴の汚れはスッキリ、肌はもちもちに潤った状態になることができます。

クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメントという、私たち女性が求めている5役をこれ1つで担ってくれる万能クレンジングです。

clensing04

中に配合されている成分にも強いこだわりがあります。

なんと31種類もの美容保湿成分を理想のバランスで配合しており、エイジングに必要なハリ・潤いを惜しみなく与えます。

clensing03

その中でも特に注目していただきたいのが、セイヨウナシエキス・ナノヒアルロン酸・プルーンエキス・ビルベリー葉エキスの4つです。

セイヨウナシエキスは、古くなった角質を肌本来が持つ力で除去することでターンオーバーを促進させます。

そうすることでつるっとキメの整った美肌になることができます。

ナノヒアルロン酸は、肌への高い保湿効果で有名なヒアルロン酸を超微細化したものです。

通常のヒアルロン酸よりも吸収率がなんと19倍にもなると言われています。

肌に吸収されやすくなるので、より肌の奥から潤った肌を目指すことができます。

プルーンエキスは肌の環境を整えて透明感をもたらしてくれます。

くすみを払う効果もあります。

ビルベリー葉エキスはしわやたるみを防ぎ、高いエイジング効果が期待できます。

アレルギーを抑えたり美白効果もあります。

 

さらに、敏感肌の方も使いやすいように7つの無添加でできています。

石油系界面活性剤・旧表示指定成分・石油系油脂・アルコール・合成着色料・合成香料・鉱物油フリーです。

力を入れずともするっと落ちる洗浄力を持っているのに、肌の負担となるものは一切入っていません。

 

毎日のクレンジングが特別なものに変わる、ローズの精油の香りで気持ちよくお手入れできます。

ローズはクレオパトラも愛した香りと言われています。

そんなリッチな気持ちにさせてくれるローズの香りは、少し面倒なクレンジングを楽しいものに変えてくれます。

とってもいい香りのローズですが、妊娠中・授乳中の方には身体に合わず、おすすめできないことがあります。

心配な方は医師に相談してから使用するようにしましょう。

 

アテニア スキンクリアクレンズオイルの特徴とは?

今度はアテニアのスキンクリアクレンズオイルの特徴を見ていきましょう。

これは、毎日のクレンジングでメイクを落とすだけでなく、肌色まで明るくするクレンジングです。

2016年にVoCE(ボ―チェ)月間ランキングクレンジング部門で1位、アットコスメの2016年上半期新作部門で1位を受賞しています。

このクレンジングは、くすみのある肌はメラニンでも血行不良でもなく「肌ステイン」だということに着目しているものです。

肌ステインとは、肌を紫外線などの外的刺激から肌を守るために増えすぎた活性酸素が酸化物質となり、肌の黄ばみとなって肌表面に現れてきたもののことをいいます。

肌ステインは年齢を重ねた肌でより多く蓄積され、普通の洗顔料や美白化粧品ではなかなか落ちないという特徴を持っています。

肌ステインがあるだけで顔にくもりが出て、フレッシュで透明感のある肌とは程遠くなってしまいます。

そこで頼るべきものがアテニアのクレンジングです。

くすみ知らずの明るい肌色になれる理由として3つのことがあげられます。

まず1つめは肌ステインをリセットするロックローズオイルが配合されているということです。

このロックオーズオイルは、アテニアが日本で初めて化粧品原料として採用した成分です。

角質にしつこくこびりついて、肌をくすませる肌ステインをゆるめて肌から切り離してくれます。

そのため、クレンジングをする度にワントーン明るい肌になることができます。

 

2つめは、肌ステインを作らせないイモーテルオイルが配合されているということです。

その高いエイジング効果で知られるイモーテルオイルは、肌を守るために増えすぎた活性酸素にアプローチし、ガンコな肌ステインの発生を未然に防ぎます。

 

3つめはロックローズオイルとイモーテルオイルの効果を最大化するオイル状クレンジングだということです。

ロックローズオイルとイモーテルオイルのいい特徴を最大限に活かすために研究を重ね、最も相性がいいものがクレンジングだということにたどり着きました。

クレンジングは毎日必ず使うアイテムで、メイク汚れと一緒に肌ステインも洗い流すことができるので、明るい陶器のような美肌を手に入れることができます。

 

さらに、エイジングケアを促すバオバブオイルとアルガンオイルも配合されています。

バオバブオイルは皮脂と同じ成分であるオレイン酸から成り立っています。

clensing02

抗酸化作用によってシミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を抑え、ハリや弾力のもととなるコラーゲンを作り出します。

アルガンオイルは毛穴の汚れ・角栓・過剰な皮脂を取り除いてベストな肌状態に導いてくれます。

その高い保湿力で近年注目されているオイルです。

 

クレンジングにレモングラスやベルガモット、ラベンダーなどの天然精油をブレンドしています。

その香りは、メイク汚れを落とすと共に、1日の疲れやストレスから解放してくれます。

 

D.U.Oとアテニアクレンジングオイルの使用感を比較

では、2アイテムの使用感を比較していきましょう。

まずはD.U.Oからです。

このようなジャーにたっぷりと入っています。

clensing08

付属のスプーンがついているのも嬉しいですよね。

このスプーンはフタの裏側にカチっと収納することができます。

clensing12

スプーンを入れると、サクッとしてマーガリンのような質感です。

clensing08

固さはなく、軽い感じです。

ハンドデモを行いましょう。

ウォータープルーフのアイライナー・リップ・アイシャドウを手に描き、落ちやすさを見ていきます。

手の甲にのせてなじませると…

clensing09

とろとろ~っとなめらかにとろけていきます。

clensing10

摩擦なくしっかりメイクを落とすことができます。

洗い流すと、手が潤いでもちもちになります。

clensing11

肌の内側も外側も両方しっとりしています。

乾燥肌の方でもこれは満足するのではないでしょうか。

ちなみに、私も1年中悩める乾燥肌なのですが、このクレンジングを使うとしばらく化粧水をつけなくても大丈夫な位です。

それ位肌の潤いがキープできます。

気になる小鼻の毛穴も、使うごとに目立たなくなっていきます。

小鼻を触った時のザラザラ(角栓など)もつるっとしてきます。

本来のクレンジングとしての役割だけでなく、いくつもの嬉しい効果が得られるのはいいですよね。

W洗顔不要なところも、仕事で疲れて帰ってきた時にも重宝します。

 

次にアテニアです。

ゴールドのようなキレイな色がついています。

clensing05

手に出した瞬間に柑橘系のいい香りがします。

これはレモングラス油やベルガモット果実油、ビターオレンジ花油が配合されているためです。

私が使っているのはアロマタイプという香り高い方のものです。

香りがついていない方が使いやすいという方用に、無香料タイプもあります。

ただ、この香りは本当にいいのでアロマタイプをおすすめします。

柑橘系なので嫌いな方はいないんじゃないかな?と思います。

同じようにこちらもハンドデモを行ってみました。

メイクにクレンジングをのせます。

少ーしメイクの上でなぞってみると…

clensing06

メイクがとけだしていきます。

ウォータープルーフメイクもバッチリ落ちます。

濡れた手でもOKなので、お風呂の中でも使うことができます。

洗い流すと、手の血管がしっかり見える位、透明感が出て肌トーンが上がります。

clensing07

洗顔をしなくても肌のキメが整ったことを実感できます。

顔のくすみやすさがコンプレックスな私ですが、これを使うとその日の汚れと一緒にくすみまで一緒に洗い流されていくような感じがします。

ファンデーションもワントーン明るい色を選びたくなりますよ。

 

DUOデュオとアテニアのクレンジング比較まとめ

いかがでしたか?

どちらがあなた好みのクレンジングでしたか?

では改めて2アイテムの違いと、どんな方におすすめなのかまとめてみました。

【D.U.O ザ クレンジングバーム】
  • ポツポツとした目立つ毛穴を何とかしたい
  • クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメントを1つのアイテムで済ませたい方
  • 敏感肌で、肌の負担になるものは使いたくない方
  • 摩擦なく優しく洗い上げたい方
  • W洗顔不要のものを使いたい方
  • ローズの香りが好きな方
  • 乾燥肌の方
  • ノーリスク(全額返金保証)で試してみたい方


デュオクレンジング口コミ

【アテニア スキンクリアクレンズオイル】
  • 顔のくすみを何とかしたい方
  • メイクに頼らずに明るい肌色になりたい方
  • コスパのよいクレンジングを使いたい方
  • お風呂の中でクレンジングを使いたい方
  • 柑橘系の香りが好きな方
  • 妊娠、授乳中の方
  • 良質なオイルでエイジングケアもしたい方

メイクの落ちやすさは甲乙つけることができない位どちらも優れているので、安心してくださいね。

どちらも人気のクレンジングということには変わりませんが、ここまでの違いがあるのでぜひ次回のクレンジング選びの参考にしてみてくださいね。

クレンジングで肌は変わるので、ぜひあなたに合ったものを効果的に使いましょう!

【毛穴レス】D.U.O.デュオとリ・ダーマラボRedermalabの敏感肌メイク落としクレンジング効果比較

2016.07.21

今月のおすすめ記事8選

duoクレンジングバーム
保湿化粧水おすすめ

温活ホットクレンジングゲルおすすめ
DUOコスメライン使い口コミ

おすすめ美容液ブースター
婚活リップ

オールインワンゲルおすすめ
ファンデーションおすすめ

1 個のコメント