こんにちは!ナツコです。

最近本格的に暑くなってきましたね。

この時期、夜ベッドに入った後もなかなか寝付けないという方も多いのではないでしょうか。

私も、ベッドに入っても暑くて眠れず、ついスマホに手が伸びてしまったり、DVDを観たりと気付いたら眠れる時間が少なくなってしまった…ということが何度もあります。

そんな時の翌朝は、寝坊してしまってメイクの時間がない!ということになりかねません。

しかし、いつでもキレイでいたいのが女心。

今回は、ナツコ流「色っぽ時短メイク」をご紹介します。

make01

時間がない時こそチャンス!時短メイクでも仕上がりは手を抜かない

私が今回ご提案させていただく時短メイクは、「メイクにかける時間は短くても、手を抜いているように見えない」ということをテーマに、メイクを作りました。

メイクステップは少なくても、キレイで満足のいく仕上がりになります。

さらに、女性らしさや色っぽさも感じられるメイクにしてみたので、デート当日に寝坊してしまった!という時にも使えるおすすめのメイクです(私の実体験)。

ではさっそくメイクに移っていきましょう。

 

時短ポイントはスキンケア・ベース・アイメイク

まずはスキンケアからです。

ここで時短ポイント①です。

保湿の高いオールインワンを使いましょう。

以前ご紹介した「コンシダーマル」です。

make02 オールインワンはさらっとみずみずしいものが多い中、このコンシダーマルは一日中肌がしっとりもちもちです。

エアコンの季節だからこそ、朝のメイクでも保湿の高いものを使うようにしましょう。

スキンケアはこれを3プッシュ分出して顔にのせれば完成です。

make03

ここまでで1分です。

 

ベースメイクはBBクリームでシンプルに

次にベースメイクです。

時短ポイント②です。

ファンデーションは使わず、シンプル・簡単・キレイな「YSL フォーエバーライトクリエイターBB」を使っていきます。

make04make05

YSLのBBクリームはこれだけでキレイにつるっとした肌に見せてくれるので、カジュアルメイクをしたい時や時短メイクの時に重宝します。

make07

本当はこの後に同じくYSLのラディアントタッチを使うのですが、時短メイクの時には省略します。

BBクリームを顔全体にのせたら、軽くフェイスパウダーをつけていきます。

Tゾーンを中心に、頬などはパフに余った分で十分です。

アイブロウも仕上げておきます。

ここまでで4分です。

 

単色アイカラーでもグラデーションは作れる

アイメイクに移っていきましょう。

アイシャドウといえばパウダータイプがテッパンですが、今回はクリームアイシャドウを使います。

これが時短ポイント③です。

クリームアイシャドウは、パウダータイプに比べてさっとひと塗りでキレイに発色してくれます。

アイシャドウベースをつけなくても十分な位です。

まぶたへの密着度も高いので、色モチも抜群です。

「資生堂 シマリングクリームアイカラーVI730」というカラーを使いました。

make08make09

赤みのあるカラーを使うことで、色っぽ目元になります。

このシマリングアイカラーはデパートで購入することができます。

クリームタイプなのに、肌にのせるとパウダーのようにさらっとしてくれるので、二重幅にアイシャドウが溜まることなく使えます。

このシマリングアイカラーを、二重幅より少し上まで指でつけていきます。

指をワイパーのように動かすとムラなくつけることができます。

こんな感じに仕上がります。

make10make11

その後に、目尻側にシマリングアイカラーを重ね、下まぶた1/3にもつけていきます。

make12eye13eye14

アイカラーはこれだけですが、簡単にグラデーションを作ることができます。

指で一気にカラーをつけていくので時短になります。

ここまでで5分です。

 

急いでいてもマスカラは丁寧に

次にマスカラです。

いつもはマスカラベースをつけますが、省きます。

マスカラだけで存在感のあるまつ毛を作ることのできる「ランコム ドールアイ」を使います。

make15make16

ランコムのドールアイは、中に細かーい超微粒子繊維が入っているので、まるでまつ毛1本1本を伸ばしたような仕上がりになります。

これがあればまつ毛エクステ・つけまつ毛いらずです。

信頼しています。

ドールアイをまず全体に1度ぬりしていきます。

これだけでかなりまつ毛が伸びます。

マスカラが乾いたら色っぽさを演出するために、目尻の方だけに2度ぬりしていきます。

すると、伏し目がちになった時にとてもセクシーな目元だと感じさせることができます。

make18make17

まつ毛は女性らしさを表す大事なパーツなので、時間がない時でも怠らずにメイクしましょう。

その後にリキッドアイライナーで目尻を跳ね上げるようにアイラインを描いていきます。

make19

ここまでで8分です。

 

「色っぽ」を演出するビビッドピンクのチーク

仕上げに入っていきます。

他のポイントメイクをシンプルにしている分、チークはビビッドなカラーを使っていきましょう。

「YSL キッス&ブラッシュ01」です。

make20

フーシャピンクという青みの強いピンクですが、これがメイクのポイントになります。

少量でぱっと顔色を明るく華やかにしてくれるので、時間がない時におすすめですよ。

キッス&ブラッシュ01を指でポンポンと頬につけていきます。

make21

頬の少し内側につけることで可愛らしい印象にすることができます。

色っぽ感も出せますよ。

make22

ここまでで9分です。

 

話題のジューシーシェイカーでトレンドリップに

最後に大人気の「ランコム ジューシーシェイカー313」で今どきトレンドリップに。

make23

ジューシーシェイカー313は人気色で、私も気に入って毎日使っています。

こちらも青みの入ったピンクで、女子力をアップさせて肌に透明感を持たせてくれます。

唇の内側からじゅわっと滲みでる質感がとてもキュートです。

これをつけるだけで一気に最旬メイクになります。

ここまでで10分です。

 

これで全てのメイクが完成しました。

ではメイクの仕上がりを見ていきましょう。

ベース・アイメイク・チーク

make25

リップ

make24

いかがですか?

スキンケアからリップまで合計10分です。

寝坊してしまった時も、これなら簡単・キレイにメイクができあがります。

私も時間がない時によく実践しているメイク術なので、ぜひみなさんも試してみてくださいね。

 

色っぽ時短メイク術 まとめ

今回は、時短メイクをメインテーマとしたメイク術でした。

10分間という限られた時間の中で、色っぽさや女性らしさをプラスして「手を抜いているように見えないメイク」に仕上げました。

私もそうですが、特に人と会う時って男女問わずキレイに見られたいですよね。

大事な約束なのに時間がない…、でもキレイって思われたい!というのが女性です。

そんなピンチの時こそ、シンプルで自分本来の美しさを出すメイクができるチャンスだと思います。

時間があると色々と手をかけてメイクしますが、そうすると「本当の自分」がメイクに負けてしまう気がします。

自分だけにしか出せない魅力を出すためにも、このようなシンプルな時短メイクをしてみると、案外いいものだなと思っていただけると思います。

同時に自信も持てると思いますよ。

シンプルな中にも、女性らしい美しさ、色気を感じさせることができたら最高ですよね。

時間がない時こそそれをチャンスに変えて、ぜひあなただけにしかできない時短メイクを楽しんでくださいね。

今月のおすすめ記事8選

duoクレンジングバーム
保湿化粧水おすすめ

温活ホットクレンジングゲルおすすめ
DUOコスメライン使い口コミ

おすすめ美容液ブースター
婚活リップ

オールインワンゲルおすすめ
ファンデーションおすすめ