こんにちは、ナツコです。

6月に入り、もうすっかり夏の気候ですね。

もう衣替えをしたという方もいると思いますが、メイクの衣替えはいかがですか?

ピンクやパステルカラーをふんだんに使った春メイクも可愛くて大好きですが、夏好きな私としてはサマーメイクをすることを毎年心待ちにしています。

今年もこの季節がやってきました。夏というだけでテンションが上がってしまいます。

そんな待ちきれない夏を先取りしようと思い、今回はYSLのメイクアイテムを使った「Early  summer  make」を考えました。

YSLのラグジュアリーさを活かしたメイクで、ハワイやグアムといったリゾート地でしたくなるメイクです。

もちろん、日本にいながらもリゾート気分を味わえますよ。

 

YSLは、学生の頃から私の憧れのブランドでした。

ゴールドのキラキラとしたパッケージにYSLのロゴ。見ているだけで幸せな気持ちになれました。

私が初めて買ったフレグランスもYSLです。

「ヤング セクシー ラブリー」というフレグランスで、今も愛用しています。

学生の頃からの憧れもあり、社会人になった今、他のブランドに比べてYSLのメイクアイテムを購入することが多いです。

意識してYSLを選んでいるわけではありませんが、なぜか買ってしまうんですよね。。

それ位、私だけでなく全世界の女性を魅了し続けるブランドだと思います。

 

そんな私が愛してやまないYSLのメイクでみなさんに楽しんでいただけたらと思い、今回のサマーメイクを思いつきました。

「メイクって楽しい!女の子って楽しい!」と思えるようなメイクにしたので、ぜひ楽しんでいってくださいね。

ysl01

全世界の女性を魅了するYSLのサマーメイク!他人と差をつけるならやっぱり「ブルー」

今回私がご提案させていただくのは、夏を先取る「Early  Summer  make」です。

夏らしさ、と言えばやっぱりブルーですよね。

しかしブルーと言っても色んなブルーがあります。

今回は、涼し気な、まるで汗なんてかかなそうなキレイめメイクを目指しました。

そしてやはりYSLと言えばリップですよね。

今回のメイクもリップを全面に押し出していきたいので、アイシャドウやチークは少し抑えめにしていきます。

それでも、肌の透明感、涼しさは忘れずにメイクしてみました。

 

まずはスキンケアをしていきましょう。

これはYSLではないのですが、、私がここ最近使って肌の調子がよくなった「ディセンシア つつむ」です。

ysl02 ディセンシアはポーラ・オルビスグループの敏感肌専用ブランドで、肌に優しく使えるスキンケアです。

つつむは保湿力がすごいので、メイク前につければずっとモチモチ肌です。

つつむのローションセラムとフェイスクリームでしっかりと保湿していきます。

これで日中も乾燥知らずです。

 

アイメイクをしっかりめにするので、アイセラムも欠かせません。

「アテニア アイエクストラ セラム」でピンとした目元にしていきます。

ysl03 アテニアのアイセラムも本当にいいもので、母の日に母にプレゼントしました。

20代から50代以上の方まで幅広く使えるものなのでおすすめですよ。

 

スキンケアが終わったらベースメイクに入っていきます。

まず「YSL フォーエバーライトクリエイターUV50 BB」を顔全体につけていきます。

ysl04ysl05

このBBは美白効果があって、タバコやPM2.5といった肌にとって悪影響なものから肌を守ってくれます。

薄いバリアを肌につけてあげるイメージです。

紫外線防止効果もSPF50、PA++++なのでサマーメイクにばっちりです。

色も肌になじみすぎない、透明感の出るものです。

ランコムのBBとYSLのBBをベースメイクで使うことが多いのですが、ランコムはしっかりメイクをしたい日、YSLはナチュラルメイクをしたい日と使い分けています。

BBをつけたら、YSLの代名詞とも言える「ラディアントタッチNO2」をつけていきます。

ysl06

ラディアントタッチNO2は1番人気のカラーで、コンシーラー兼ハイライターとして使うことができます。

もう何本使っただろう。。という程なくてはならないアイテムです。

午後のお直しでも私のくすみをなくしてくれる救世主です。

ラディアントタッチを2プッシュし、目の下に放射線状にのばしていきます。

ysl07ysl08

この時、つける量が少ないと明るさが出にくくなるのでたっぷりつけてくださいね。

その後指でトントンとなじませていきます。

すると…目の下に写真を撮る時のレフ版を入れてあげたような仕上がりです。

ぱっと明るい印象になりますよね。

ラディアントタッチをつけたら、粒子の細かい「ラディアントコンパクトパウダーNO2」をふわっとつけていきます。

ysl09

このフェイスパウダーは私の大好きなアイテムの1つで、キメの細かい肌になれます。

ysl10

粉っぽさもありません。

プレストタイプなので持ち運びしやすく、お直しで毎日使っています。

 

次はアイメイクです。

アイメイクが1番好きなので、自然と気合が入ります。。

まずはプチプラの「K-パレットリアルラスティングアイライナー24hWP」でまつ毛の間を埋めていきます。

ysl12ysl13

この時、太く描かずにあくまでまつ毛の隙間を補う程度に引くことがポイントです。

次に「NARS オーディシャスマスカラ」をまつ毛全体に1度塗りしていきます。

ysl14ysl15ysl17

この後にカラーマスカラを使うのであくまでナチュラルにつけます。

ここで今回のメイクポイントであるカラーマスカラ「YSL マスカラヴォリュームエフォシル NO22」をつけていきます。

ysl18ysl18

このようなネイビーとパープルを合わせたようなカラーで、ブラックのマスカラにキレイになじんでくれます。

浮かないカラーなので、普段使いもできてしまうマスカラです。

マスカラヴォリュームエフォシルをまつ毛全体にたっぷりとつけていきます。下まつ毛にもつけます。

ビューラーでまつ毛を上げたらできあがりです。

ysl19ysl20

次はアイシャドウです。

アイシャドウをつける前にはお約束のラディアントタッチを、アイシャドウベースとして上まぶた全体につけていきます。

ysl21

今回は、パレットアイシャドウの「YSL  クチュールクルールパレット6」をつけていきます。

このパレットのハイライト部分だけをつけて、透明感のあるブルーメイクをしていきます。

ysl23

ハイライトカラーを二重幅よりも広くつけていきます。

広めにつけても派手にならないブルーなので使いやすいです。

アイシャドウをつけたイメージです。

ysl24ysl25

今度は、「アディクション アイライナーペンシルNO13」を目尻側のみに跳ね上げるように描いていきます。

ysl26ysl28ysl27

パープル系のカラーアイライナーで、意外と肌になじみやすく、かつ印象的な目元にしてくれます。

少しセクシーさも感じていただけたら嬉しいです。

ウォータープルーフなのでモチがよく、よれにくいです。

仕上げに、夏っぽさを演出できる「ローラメルシエ キャビアスティックアイカラー シュガーフロスト」を下まぶたにつけていきます。

ysl29ysl30

ラメ感が華やかで、日差しでさらにキラキラとキレイに映えてくれます。

サマーメイクにゴールドは必須ですよね。

これでアイメイクも完成です。

 

では、チークをつけていきましょう。

しっかりめの発色で色モチのよい「YSL キッス&ブラッシュNO1」です。

ysl31ysl32

青みの強いピンクですが、肌が白く見えるカラーです。

今回はリップをメインにしたいので、キッス&ブラッシュNO1をナチュラルにつけていきます。

最初に手の甲に出して指でポンポンとつけていくと失敗が少ないですよ。

ビビッドなカラーも薄付きにすることでふわっとした印象にすることができます。

ysl33

 

最後にメインのリップです。

「YSL ルージュヴォリュプテシャインNO13」をつけていきます。

ysl34

私の大好きなカラーで、ルージュヴォリュプテシャインで初めて購入したカラーです。

もうなくなりそうな位、愛用しています(リピ買いしますが、、)

ルージュヴォリュプテシャインそのもののツヤ感、発色を楽しみたいのでグロスなどはつけず、これだけで仕上げていきます。

唇の熱でとろけるこのリップは、つければつける程虜になります。

これでメイクができあがりました。

 

そして…先ほどお話した「YSL ヤング セクシー ラブリー」を。

ysl37

これで完璧です。

 

メイクの仕上がりイメージです。

ベース・アイメイク・チーク

ysl35

リップ

ysl36

いかがですか?

夏を感じるサマーメイクです。

海やプールに行く時や、いつものメイクとイメージを変えたいという時にぴったりのメイクです。

ぜひ試してみてくださいね。

 

YSL サマーメイクポイント

今回はYSLのメイクアイテムを活かしたメイクをしてみました。

私は個人的にYSLが好きすぎるので、YSLのメイクアイテムが自然と集まってこのようなメイクになりましたが、YSLのリップだけ持っているという方も多いと思います。

YSLのリップはそれだけで主役級の存在感を出すことができるので、YSLのリップ+プチプラカラーコスメもアリだと思います。

ブルー系などの挑戦カラーはプチプラを使うというのもいいと思います。

今はプチプラでもコストパフォーマンスの高い、侮れないアイテムが数多くあります。

1点豪華主義で他のアイテムはプチプラでカラーメイクを楽しむと、メイクの幅が広がって楽しいですよ。

また、リップに加えて今回メイクのポイントとなるカラーマスカラ、カラーアイライナーも、さりげなく取り入れることでマンネリメイクから脱出できます。

こういうお仕事をさせていただいているので、カラー系アイテムをつかうことに抵抗はないのですが、OLさんなどオフィスコードがあるけどカラーメイクを取り入れたい!という方はネイビーなどのブラックに近いカラーから取り入れてみるのもいいと思います。

カラー系メイクに慣れてきたら、お休みの日に印象的なカラーマスカラ、カラーアイライナーを使ってみるのもステキだと思います。

サマーメイクは華やかで、ヘルシーで、開放的な気持ちになれるので、普段のメイクと違った自分に出会えると思います。

気になったアイテムやメイク法など、ぜひ試してみてくださいね。

今月のおすすめ記事8選

duoクレンジングバーム
保湿化粧水おすすめ

温活ホットクレンジングゲルおすすめ
DUOコスメライン使い口コミ

おすすめ美容液ブースター
婚活リップ

オールインワンゲルおすすめ
ファンデーションおすすめ