エリクシールバブル

こんにちは、美容部員ナツコです。

吉岡里帆さんがミューズを務める資生堂の新商品泡洗顔「エリクシールルフレバランシングバブル」は洗顔だけでなく、メイク落としも出来るクレンジング機能もある優れもの。

吉岡里帆さん可愛くて大好きだし、資生堂新商品となればコスメマニアの私が試さないはずがありません。

アットコスメ高評価クレンジングのふたつを比較

アットコスメで、その他クレンジング部門2位のエリクシールルフレバブルと、不動の1位duoザクレンジングバーム。テクスチャーは違うのですがワンツーフィニッシュで比較してみました。共に評価件数では群を抜いています。

アットコスメその他クレンジング部門ランキング

ナツコ
ちなみに4位にランクインしているduoクレンジングバームホワイト(⭐6,1)は現在愛用中クレンジングです。

資生堂エリクシールルフレの吉岡里帆さんかわいい・・・・

テレビで見ない日がないほど吉岡里帆さん人気がすごいですよね。

1993年生まれの25歳らしいのですが・・・アラサーの私からみればもうかわいくて可愛くて。(どんべいのcmとか本当やばいですよね!)

エリクシールルフレですが、まさに吉岡里帆さん世代の20代後半ころから使っていただきたいファーストエイジングケア化粧品です。

ちょうど第一のお肌の曲がり角を迎える20代後半。いつも使っていた保湿だけのスキンケアじゃちょっと物足りなくなってきていませんか?

なんだか毛穴がちょっと大きくなっている・・?と感じたら、エイジングケアのはじめどきです。

というか、個人的にエイジングケアは早く始めるに越したことはないと思っています。

年齢を重ねてくるにつれて表面化してくる毛穴のトラブル、乾燥、皮脂バランスの崩れ、たるみなど・・

いままでの保湿メインだった化粧品ではケアしきれないエイジング成分を早めに肌に与えてあげることで、数年後の肌質が違ってくるのを美容部員の仕事柄よく目にします。

エリクシールルフレバランシングバブル泡洗顔料の使い方。うるおうの?

エリクシールルフレバランシングバブル

資生堂から発売されたファーストエイジングスキンケアの洗顔料で、ファンデやアイシャドウといったメイク落としも出来る万能泡洗顔です。

画期的で新しいのが、テクスチャーの変化。

はじめはジェルで出てくるんですが、くるくると指で馴染ませていくとどんどんモコモコの泡に変化する面白さ。

エリクシールルフレバブルテクスチャー

手でくるくるすると

もこもこ泡になります。

毛穴の汚れや皮脂分泌が気になる小鼻やTゾーンに直接ジェルを伸ばして泡状にしていくので、汚れが気になるところにピンポイントで使いやすいのがポイントです。

泡立てる手間がなく、キメ細かい泡で毛穴の奥まで洗えるのがいいところ。

まつエク中でも使用OKです。

使い方も簡単で、軽く濡れた手でアーモンド粒1個分を顔に伸ばしながらやさしくクルクルするだけ。

メイク落としとして使う場合はもう少し量を多くして使ってください。

ちなみに、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーは落ちないので別途ポイントリムーバーの併用が必要です。

一度お試ししてみる価値あり。

洗い上がりは結構さっぱり。でもつっぱることは一切ありません。

さっぱりしているのに、肌表面はうるおっているような感じです。

ガッツリメイクの方のメインクレンジングとしては物足りないと思いますが、ナチュラルメイクで洗顔も兼ねた時短アイテムを探している方にはピッタリです。

特に20代後半〜30代の方が使いやすいんじゃないかと思います。

価格も1944円(税込)なので、クレンジング代も含んでいると考えれば、コスパいいですよね。

アットコスメ1位!duoザクレンジングバームは毛穴落ちが抜群にいい

現役美容部員の本命クレンジングバームDUO

エリクシールルフレバブルに対して、アットコスメ1位のduoクレンジングってどんなクレンジングなのか簡単にまとめますね。

実はduoクレンジングは、私自身が日常使いしているクレンジングです。(かれこれもう4年以上使っているかな?)

シュウウエムラの新作クレンジングのサンプルを頂いても、結局は毛穴落ちが一番いいduoクレンジングに戻ってきてしまうという。

何度浮気を繰り返しても、怒ることなく(そりゃそうだ。)私を待っていてくれる本命クレンジングといっても過言ではありません。

テクスチャーはバーム状で、手に乗せてクルクル馴染ませるとオイル上に変化します。

テクスチャーが変化するのはエリクシールバブルと一緒ですね。

クレンジングバームという性質上、頑固な毛穴汚れと絡みやすく、黒ずみの原因となる角栓をきれいに落としてくれるので、使い続けることで格段に毛穴レベルがあがるというミラクルなクレンジング。

クレンジングバームもサンタマルシェからクリニークなどなど沢山試しましたが、とろける滑らかなテクスチャーと毛穴落ちは間違いなく一番!

アットコスメその他クレンジングランキング不動の1位にも納得できるクオリティーです。

納得の使い心地のクレンジング

ちなみにduoクレンジングには、より毛穴落ちに特化した”クリア”と美白ケアできる”ホワイト”の3種類がありますが、全部ランキングにランクインしています。(ホワイトが4位、クリアは6位。)

⭐の数も5〜6と平均点が高く、悪い口コミをみつけるのが大変なほど。笑

毛穴落ちの神レベルはもちろん、本格エイジングクレンジングを謳っているだけあって31種類の美容成分が高濃度配合されているので洗い上がりがしっとりやわらか。

余分な角質も一緒にオフできるので、くすみにも無縁&キメが整い肌がワントーン上がります。

敏感肌で角質ケア出来ない、っていう人でも毎日のクレンジングで一緒に角質ケアできるのも重宝されている理由の一つです。

初回は半額で試せますが、価格は3600円とエリクシールバブルと比べるとやや高め。(定期便だと毎回20%オフ)その分肌はしっかり変わるんですけどね。

ダブル洗顔不要なので、洗顔料代が浮くと思えばそこまで高く感じません。

エイジングクレンジングだからといって、30代、40代以降の方だけが使っているわけでなく、最近では中学生・高校生の女の子がお母さんと一緒に使っていることも多いそう。

そんな若いうちから、いいクレンジングを使うってなかなか贅沢ですよね。笑

洗浄力、毛穴汚れ落ち、しっとり感・・すべて勝るのは1位のduoクレンジング

コスパは圧倒的にエリクシールルフレの勝ちですが・・・

使い心地、洗った後の肌のしっとり感やうるおい力、毛穴の汚れ落ち、メイク落ちはすべてduoクレンジングの圧勝です。

ウォータープルーフもするん

ちょっと毛穴が目立ち始めた・・・という皮脂と水分のバランスの乱れが気になる方や20代の方にはエリクシールルフレバブルがさっぱりして使いやすいと思いますが、乾燥肌敏感肌、30代以降の方やしっとり感を求める方にはduoクレンジングの方が適しています。

毛穴の汚れ落ちも、根本から解決してくれるのはduoクレンジング。

毛穴の黒ずみはエリクシールバブルの泡で落とせても、毛穴の引き締めまでは出来ません。

資生堂エリクシールルフレバランシングスキンケアを7日間使ってみた

エリクシールルフレバランシングスキンケア

エリクシールルフレバブルに引き続き、エリクシールバランシングスキンケア1週間セットもお試し!

資生堂最新のファーストエイジング化粧品・・・どんなスキンケアかとワクワクしながら使ってみましたよ♪

結論から言うと、30オーバーの私の肌にはさっぱりすぎました。

”初期エイジングケア”として、20代後半の方やさっぱりタイプが好きなオイリー肌の方だったらぴったり肌質にマッチするんじゃないかな〜と思います。

化粧水はみずみずしく、シャバシャバと肌に押し込んでいくタイプ。

サラッとした水っぽいテクスチャーなので、ハンドプレスだと液垂れするのでコットン使いがおすすめ。

浸透力がよく、つけた後はさっぱりべたつきません。

水分と油分のバランスを整え、毛穴を目立たなくさせる処方だそうです。

何度か重ね付けしましたが、乾燥気味のわたしの肌質だともう少しうるおいが欲しいなあ、という印象。

ザ・エイジング化粧水というような、つけた翌朝に肌がパーンと張っているような感じではありませんが、過剰な皮脂分泌がなくなり肌のキメが整う感じです。

うるおいの物足りなさにはオイルを数滴垂らせば問題なしでした。

保湿力がほしい方は同じエリクシールシリーズでもシュペリエルの方がいいかな、と思います。

まあ、価格帯もそれなりに違うので。エリクシールルフレは安価で、若い子向けかなというイメージです。

ただ、余分な成分は入っていないシンプルな化粧水なので、敏感肌やゆらぎやすい肌質の方はトラブルなく使えると思います。

低刺激なのでピリピリしません。

旅行用としても重宝しそう。

乳液もみずみずしく、伸びが良いので少量の使用でOK。

1週間分のトライアルセットでもそれ以上に結構長く使えました。

おすすめの記事