毎日リップをつけているという方も多いと思いますが、できたら人と被らずに自分だけのオリジナルカラーを楽しめたらさらにメイクが楽しくなると思いませんか?「自分にしか出せないカラー」は特別感が出て愛着がわきますよね。今回は、そんな女性の願いを叶えるクリニークの「チャビースティックティント モイスチャライジングリップカラーバームchubby stick baby tint moisturizing lip color balm」をご紹介します。

美容部員ナツコおすすめの実力派リップまとめ

クリニーク以外にも、FANCLグループのアテニアやYSLイブサンローランなどのリップも詳しくレビューしていますのでぜひリップ選びの参考にしてくださいね!

chubby-stick-baby-tint-moisturizing-lip-color-balm

chubby-stick-baby-tint-moisturizing-lip-color-balm

 

クリニークの人気ティントリップ!「私」だけのカラーを楽しむ

チャビースティックティントは、その時の唇のph値(ペーハー)に反応してカラーがつきます。ph値とは、その物質が酸性かアルカリ性かを表す数値のことをいいます。中性=7とし、それより下(0~6)が酸性、7より上(8~14)がアルカリ性です。ちなみに肌が乾燥している時にはアルカリ性に傾いていることになります。ph値が低くなるとリップカラーがしっかりと出てきます。

chubby07

現在はph値に着目したリップが数多く出ていますが、チャビースティックティントは唇本来の色を引き出してくれるので、自分の唇の色を活かしたオーダーメイドのような仕上がりになります。

リップの中にはシアバターやマンゴーバター、ホホバオイルといった保湿力が高い成分が多く配合されているため、リップにありがちなパサつきや乾燥を感じることがありません。反対に、つければつけるほど唇の縦ジワが気にならなくなって唇環境が整います。

私はチャビースティックティントを、お休みの日のカジュアルメイクの時によく使っています。リップクリーム感覚でつけることができ、カラーがしっかりとのりすぎないのでリップカラーが多少崩れてしまっても崩れたように見えないのも使いやすいポイントです。以前ご紹介したYSLのキッス&ブラッシュの青み系カラーをチークに使う時や、M・A・Cのミネラライズアイシャドウのパープル系を目元にのせる時などに、チャビースティックティントを一緒に使うと引き算メイクができて派手な印象になりません。

ではさっそくチャビースティックティントを試していきましょう。

私が使っているのは02(カミングアップローズィー)というカラーです。チャビースティックティントの中では比較的はっきりとしたカラーですが、他のリップに比べるととてもナチュラルに使うことができます。

chubby02

このようなクレヨンタイプなので、とても塗りやすいです。

chubby03chubby04

唇のキワまで塗り残しなく仕上げることができます。

チャビースティックティントをつける前に下地をつけるとよりノリがよくなりますが、これだけでも十分潤いが高いので下地なしでもOKです。

仕上がりはこんな感じです。

chubby05つけてから少し時間を置くとさらにカラーがしっかりと出てきます。ツヤも感じることができます。

つける人によって同じ色番でもカラーに違いが出てくるので、オーダーメイドのような特別感のある自分だけのリップが欲しい方はぜひ使ってみてくださいね。

chubby06

今月のおすすめ記事8選

duoクレンジングバーム
保湿化粧水おすすめ

温活ホットクレンジングゲルおすすめ
DUOコスメライン使い口コミ

おすすめ美容液ブースター
婚活リップ

オールインワンゲルおすすめ
ファンデーションおすすめ