【比較】有効成分ライスパワーNO11配合の化粧品まとめ2019
ライスフォース

勇心酒造RAIZrepairライースリペア

四国香川県に本社がある勇心酒造のライースリペアは100%国産米を使用した発酵化粧品です。美容成分の「ライスパワーNo.11」は皮膚の水分保持能の改善効果が認められており、肌の表面だけではなく内側からもケアしてくれます。
そのため肌の保湿不足が原因となる肌トラブルを改善し目元や口元のシワとハリに効果がある、というわけです。

つまりエイジングケアをしっかりしたいという方にはオススメの基礎化粧品です。
一方でライースリペアは美白効果に有効な成分が入っている化粧品ではないため大きな美白効果というものは期待できません。ただ、ライースリペアを使うことで肌のキメが整い透明感が出ることによって肌がトーンアップすることが期待できるようです。

ライースリペアはお米の発酵化粧品ということもあり、人によってはアルコールのような独特な香りがします。香りに敏感な方はその匂いが受け付けない場合があるようです。ライースリペアの化粧品ラインの金額は8000円〜13,000円(税抜き)でちょっと高めなので使用を考える場合はトライアルセットで使用感や匂いなどを確認するといいですね。

KOSE米肌~まいはだ~肌潤化粧水

米肌化粧水

価格14日トライアルセットで1389円(税抜・送料無料)
保湿力⭐️⭐️⭐️
おすすめ度⭐️⭐️⭐️
KOSE米肌はお米を長時間発酵・熟成して作り出したライスパワーNO.11を配合しており、水分保持のカギとなるセラミドを作り出してくれます。

ナツコ
セラミドは角質層の中の水分が奪われないように守っている、皮膚のバリア機能として働く細胞間脂質の約半分も占めるものです。

セラミドが不足するとハリや弾力が失われ、若々しい肌とは程遠くなってしまいます。キメの整ったふっくら肌でいるためには、セラミドがとても大切です。

他にも、肌内部の水分だけでなく空気中の水分までも自ら取り込み、外的ダメージから肌を守ってくれるような美容成分が配合されていたり、とにかく「肌が変わったな」と効果を実感しやすい化粧水。使い続けると、乾燥肌の私でも肌の乾燥が気にならなくなってきます。

また米肌は、無添加・無着色・界面活性剤フリー・アレルギーテスト済み・鉱物油フリー・弱酸性なので敏感肌の方も安心して使うことができます。

トライアルセットに入っているものなのでミニサイズですが、十分な効果を実感することができます。

ミニサイズで30ml2週間分

みずみずしいテクスチャーで、手に出した時に溢れ出してしまいそうな感じです。

米肌テクスチャー

さっぱりするのかな?と思って顔にのせると、その見た目と反して肌が潤いで満たされてもちもちになります。

触っていてとっても気持ちいいです。

アルコールが入っている分、少し香りがしますが使っていくうちに気にならなくなっていきます。

たった数日の使用で肌に弾力が出てふっくらとしてくるのを感じることができますよ。

「KOSE 米肌」の良さはトライアルで十分実感できます

古来より日本人になじみのあるお米のパワーで美肌に導いてくれる化粧水。

乾燥・エイジング・毛穴・キメなど、私たちの悩みをトータル的にケアしてくれます。もっちりと吸い付くような仕上がりが、本当に好み!

今回はトライアルセットでのお試しでしたが、現品でこれからも長く使っていきたいと思えるアイテムです。

RICE FORCE ライスフォース ディープモイスチュアローション

ライスフォース ディープモイスチュアローション

価格10日トライアルセットで900円(税別)
保湿力⭐️⭐️⭐️
おすすめ度⭐️⭐️⭐️
有効成分ライスパワーNO.11を配合した医薬部外品のディープモイスチュアローションは、しっとりと保湿力がとにかく高い。

ライスパワーNO.11は、医薬部外品として唯一「水分保持の改善」効果が認められている成分で、年齢とともに減少するセラミドを作り出し、自らの肌に水分を蓄える「貯水力」を高めてくれます。

ディープモイスチュアローション

ライスフォース化粧水テクスチャー

少しシャバシャバとしたとろみの少ないタイプの化粧水ですが、ハンドプレスで押し込んでいくとモチモチと吸い付くような柔肌になります。

このローションだけでも十分細胞内に水分が満たされた〜、という満足感と安心感があります。

元々保湿力が高い化粧水ですが、驚きなのはライスパワーNO.11が肌の貯水量をぐんぐんと上げていってくれるところ。

10日間トライアルセットを使い終わった時は、ここ最近で一番肌調子が良くて感動しました。

乾燥肌の私ですが、ちょっとやそっとのことでは乾燥を感じないたくましい肌質になれたような気がします。

キメも細かくなり、肌がふっくらと柔らかくなります。

ナツコ
エタノールや粘度調整剤、PH調整剤が配合されているのが少し気になりますが、効果や即効性を考えるとレベルの高いスキンケアラインだと思います。

高橋愛さんも愛用中。VOCE2月号一部抜

ライスフォース ディープモイスチュアローションの特徴と口コミ

青いボトルは高級感があって美しいですが、開けるときに若干力が要ります。
手に出してみると化粧水自体はサラッとしていますが、流れるようなジャバジャバなものではなく、少しだけとろみのあるテクスチャーです。とろみが少ないので乾燥して肌がつっばりそうだと感じますが、想像以上に保湿力があり時間が経ってもしっかり潤っていました。
使用量の目安は500円玉大。浸透しやすいように手のひらで温めてから顔全体になじませます。顔を包むようにハンドプレスでじっくり浸透させると手のひらに肌が吸い付いてきます。これが潤いが行き渡ったサイン。伸びがよく、ベタつきが少ないので暑い季節も抵抗なく使えそうです。匂いもほぼなく、とにかく肌への刺激が少ないように感じました。
美白のラインではありませんが、水分がしっかり入ってくるので結果として肌がトーンアップするようになります。
ライスフォースシリーズの有効成分である「ライスパワーNo.11」は化学物質を含まない100%お米からできた成分です。肌自身の持つ水分を保つ力を改善させる「皮膚水分保持能改善効果」が認められているので水分を与えるだけでなく、水分量を常に高い状態に保つことができます。そのため、乾燥肌や超乾燥肌の方にもおすすめです。

おすすめの記事