肌がきれいになるプチプラ固形石鹸

こんにちは、ナツコです。

洗顔料の中には「固形石鹸」がありますよね?

カウブランドの固形石鹸を使い始めてから固形石鹸の良さを再認識したわたし。

石鹸ならではの温かみを感じます。

「固形石鹸=洗浄力が高くつっぱるので洗顔には向いていない」とイメージを持っている方も多いと思いますが、最近の固形石鹸のラインナップの多さと質の高さには驚いてしまいます。

万一乾燥を感じるようだったら全身用にシフトして使うことも出来るので無駄になりません。

ドラッグストアだけでも何十種類と固形石鹸が置いてあるので、見るだけでワクワクしちゃいます。

ホッと温かみのある石鹸ですが、若い層を中心に固形石鹸離れしているのは寂しい限りです。

30代美容部員ナツコが、洗顔から全身用におすすめな固形石鹸をまとめてみました!

第1位【大人ニキビ,ニキビ跡に】NonAノンエー石鹸

固形石鹸のノンエー

ノンエー石鹸はピーリング作用がなく、ニキビ専用の洗顔料です。

泡自体にとっても弾力があって、肌に直接触れずに洗うことが可能です。

ノンエーにはダイズエキスが含まれており、美白成分としてお肌に働きかけてくれます。

使用して3日目には家族に「肌が白くなったね」と言われ、5日目にはできていたニキビの赤味が消え、肌の調子が良くなっている実感があります。

お肌が新しく変わるのは約1か月。

そのため1ヵ月使い続けると市販のものより効果を感じることが出来ます。

モコモコの弾力のある泡が出来上がります。

頬やこめかみのニキビは腫れは引いて平らに、特におでこにあったニキビは綺麗になります。

泡立ちがとても良く、洗い上がりもさっぱり。一度使用しただけで肌のキメも整い、顔が明るくなったのを感じることが出来ます。

お値段は成分にこだわっているためお高めではありますが、初回限定で送料は無料で代引以外で支払えば手数料もかからないのでかなり安くなります。

ノンエーは直ぐに効果があるものではなく、ゆっくり時間をかけて肌自体の質を向上させる商品なので、直ぐに効果がないからといってやめてしまうのではなく1ヶ月を目処に、まずは使用してみることをお勧めします。

もともとニキビが大変できやすい方や、大人になって職場環境の変化やストレスの為にニキビが復活してしまう方に特におすすめです。

敏感肌の方はまずお試し商品から使ってみた方がよいと思います。

Non A.ノンエー

【低刺激の潤う洗顔石けん】VCOマイルドソープ

VCOマイルドソープ

赤ちゃんでも使える優しい固形石鹸といえば断然おすすめなのがVCOマイルドソープ!

ヴァージンココナッツオイルを高配合しており、母乳と同じ成分で作られた洗顔石鹸です。

生まれたての赤ちゃんは約半年間母乳のみで育ちますよね?(ミルクを飲む赤ちゃんもいますが、基本的に母乳orミルクで育ちます。)

母乳は栄養価が素晴らしく高いのはもちろん、アミノ酸・ミネラル類が豊富なのはもちろん、赤ちゃんをバイ菌から守るための免疫機能も兼ね備えています。

紫外線などの活性酸素も洗顔石鹸でケアできるとしたら・・・凄いですよね。

VCOマイルドソープ泡立ち

母乳と同じ成分=ラウリン酸の気泡力が生クリームのようなモチモチの泡立ちに。

洗っている間も、泡がへこたれることがないので、最後まで肌に摩擦を与えることなくマイルドに洗い上げてくれます。

この洗い心地、病みつきになりますよ!

 石鹸全成分
石鹸素地(植物油)、ヤシ油(ヴァージンココナッツオイル)、ステアリン酸、水、ヒアルロン酸Na、水酸化K
成分も非常にシンプル。

ヴァージンココナッツオイルの配合量が多いので、洗い上がりはしっとり滑らかで、固形石鹸なのにつっぱりません。

赤ちゃんのような透明感のあるツルツルたまご肌になりたいならVCOマイルドソープがおすすめです。

【しっとり潤う石鹸】HABA ハーバースクワフェイシャルソープ

HABAスクワラン洗顔石鹸

透明感のある四角い石鹸です。

ハーバーといえば100%スクワランの化粧オイルが名品として有名ですよね。

純度の高いスクワランを99,9%使用しており、一度使うとつけた後の肌の柔らかさのトリコになります。

HABAのスクワラン化粧オイル

「そんなHABAの洗顔石鹸、いいに違いない!」と半ば確信めいて購入しました。

他のプチプラ石鹸と比べると少し値段は張りますが・・・その分やっぱり効果も倍増。やっぱり全然違います。

透明感のある四角い石鹸。無臭。

きめ細かい濃密泡が出来上がります。

洗った後の肌のしっとり感、滑らかさはピカイチ。固形石鹸でここまで肌が潤うのか、というくらいしっとりします。

初めて使った時は思わず感動してしまいました。

HABAの石鹸で洗顔→化粧水→HABAのスクワランオイルを使うと、乾燥のひどい冬でも渇きを感じることなく快適に過ごすことができます。

【おすすめ毛穴洗顔料】ドットウォッシー洗顔石鹸

ドットウォッシー毛穴洗顔石鹸

”泥”と”アルガンオイル”でいちご鼻を綺麗に洗ってくれる石鹸。

汚れを吸着しやすい泥が配合された洗顔石鹸のドットウォッシーはインパクトのあるパッケージですよね。

固形石鹸で泥(ガスール)配合って珍しいように思います。

灰色のコロンとしたまあるい形が持ちやすい。

ドットウォッシーの泡立ちは?

きめ細かく滑らかな質感はアルガンオイル配合だから。

泡は空気を含むふんわり軽いタイプですが、滑らかさがあります。

アルガンオイルも配合されているので洗った後もつっぱらずしっとり。

滑らかな仕上がりに大満足の洗顔石鹸です。

毛穴ちゃん
毛穴の汚れは綺麗に落ちましたか?
ナツコ
肝心の毛穴汚れは綺麗になったかな?と鏡をまじまじ見ると・・・確かに角栓は浮いてきている!

でも1度の使用で綺麗さっぱり、というわけにはいかないので、日々のマメな洗顔で角栓汚れを落とし、黒ずみの根本をケアしていくしかないな、と感じます。

ドットウォッシー毛穴石鹸成分

 ドットウォッシー洗顔石鹸成分
石ケン素地、水、グリセリン、ジグリセリン、モロッコ溶岩クレイ、ベントナイト、カオリン、アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)、乳酸Na、クエン酸、パパイン、ダマスクバラ花水、アロエベラ液汁、グリチルリチン酸2K(甘草由来)、アーチチョーク葉エキス、ヘラオオバコ葉エキス、ヒイラギメギ根エキス、ハチミツ、オレンジ油、チョウジ油、パチョリ油、ビターオレンジ葉/枝油、ブルネシアサルミエントイ木油、サリチル酸Na、BG、デキストリン、変性アルコール
ナツコ
成分を見てみると・・・

モロッコ溶岩クレイ、ベントナイト、カオリンと汚れを吸着する”泥”が高配合されているのがわかります。

アルガンオイルの配合量も多いので、しっとりしているんですね。

毛穴ちゃん
本当!結構しっかり入っているんですね。
ナツコ
他にも毛穴引き締め成分のアーチチョーク葉エキスをはじめ、美容成分がここまでふんだんに使われている洗顔石鹸も珍しいと思います。

洗った後のしっとり感・成分・汚れ落ちをトータルでみると、とても優れた洗顔石鹸だと思います。

【牛乳石鹸】カウブランド赤箱は顔にも使える!#赤箱女子

カウブランドの赤箱石鹸

おそらく固形石鹸で一番有名な石鹸はカウブランドではないでしょうか?

別名牛乳石鹸ともいい、牛さんマークが特徴ですよね。

しっとりタイプの赤箱、さっぱりタイプの青箱がスタンダードですが、そのほかにも無添加石鹸やデオドラントソープなど幅広いラインナップの石鹸があります。

昔懐かしい香りのカウブランドの赤箱石鹸は顔の洗顔用として使ってもOK。

え、身体用じゃないの!?と思われがちですが、洗顔石鹸としても十分使用できます。

【シンプルでいいもの】Mマークシリーズ松山米ぬかせっけん

米ぬか石けん

米ぬか石けん成分

成分は石けん素地、米ぬか油、米ぬか、コメデンプン、トコフェノール(ビタミンE)のみ。

Mマークの米ぬか石けんは@コスメ洗顔石けん部門で高評価なのですが・・・

高評価が納得できるほどの無駄のない優良成分でできた石鹸だと思います。

釜で100時間炊き上げた石けん素地に、潤いを与える米ぬか油、弾力のあるきめ細かい泡を作る米ぬかを配合。

ベースとなる石けん素地以外は全て肌にいい米ぬか成分かビタミンなんですもの。

そりゃいいに決まってますよね。

マツヤマ米ぬか石鹸の泡立ちは?

濃密な弾力泡が簡単に出来上がり。

特に米ぬか成分は、肌の潤い(貯水力)を高めてくれる昔からある自然由来の優秀な成分。

洗ったあとはつっぱらず、しっとりつるん。

なんていうんでしょうか、肌に油膜を張って潤いを逃さないタイプではないのですが、不思議とつっぱらないんですよね。

これが米ぬかの力なんでしょうか。

洗った後に油膜が残るものだとべたつき感が嫌な方って多いですが、米ぬか石鹸ならノープロブレム。

これ1つで顔から全身すべて洗えるので、ノーメイクの日なんかはお風呂でザザザーっと洗えて楽チンです。

香りは石鹸素地そのものの香りがします。(おしゃれな香りではないですが、以外と落ち着く香りです。)

【メンズと併用できる】カウブランド薬用デオドラントソープ

カウブランド薬用デオドラント石鹸

汗・ニオイすっきり!がどーんと印字。

後ろはお馴染み牛さんマーク

デオドラントソープらしく、ツーンとするような結構強い香りがします。

本格的なデオドラント石鹸を求めている方にはぴったりです。

思いの外しっとり感もあるので女性でも使いやすいですが、香りは男性向けかな、と思います。

カウブランド薬用石鹸泡立ちは?

モコモコな密度が高い泡

【毛穴洗顔】毛穴撫子重曹つるつる毛穴石鹸

毛穴撫子重曹石鹸

毛穴撫子重曹石鹸成分

成分は石けん素地と重曹のみの非常にシンプルな石けんです。

でもその分重曹が高濃度配合されている、という事ですよね。

毛穴撫子石鹸

毛穴撫子ちゃんの顔がインパクトあり。ちょっとシュール。

乾燥肌ちゃん
重曹石鹸ってどんな効果が期待できるんですか?
ナツコ
重曹は古い角質を取り除き、肌をつるんと整えてくれる成分です。

お値段は1個800円と高いのですが、重曹石鹸を続けて使うことで、ゴワつきや角質汚れが気になる肘、膝が綺麗になるのを実感できます。

毛穴撫子重曹石鹸の泡立ちは?

密度の高いきめ細かい泡

美容成分、保湿成分が入っていないので洗顔には向かないかな、と思いましたが、毛穴撫子重曹石鹸で顔を洗っても意外とつっぱらず平気でした。

ただ、長い目で見ると石鹸素地+重曹のみのシンプルな石鹸なので洗顔用ではなく、全身用として使うのが良さそうです。

使い続けるとモチモチ&ツルツルになれる石鹸なので、身体の角質ケア用としては最適です。

【ニキビ対策が出来る薬用洗顔】いつかの石けん

いつかの石鹸

シンプルな石鹸素地の香りがするいつかの石鹸。

特に薬用石鹸(左側の水色の箱の石鹸)は医薬部外品。@コスメなどで口コミ評価が高い石鹸です。

薬用いつかの石鹸泡立ちは?

空気を含む軽い泡立ち

酵素の泡の力で毛穴汚れ、角質ケアをしてくれるので、洗顔のみならずボディ全身に使えます。

ふわふわした軽い泡立ちの石鹸で、洗った後少しつっぱるかな?という感じなので保湿はしっかり目にしてください。

【乾燥肌向け洗顔料】KOSE米肌肌潤石鹸

米肌の固形洗顔石鹸

KOSEの米肌石鹸は、乾燥肌向けの洗顔石けんとしておすすめ。

米肌は、自ら潤う肌になるための”自活力”を高めるライスパワーno,11が配合されているスキンケアで、わたしも実際に使ってみましたが質の良さはお墨付きです。

ネットで泡立てると、濃密なもこもこした泡ができあがります。

クリーミーなので肌に直接触れることなく、”泡の力”で洗顔できる心地よさ。

淡い上がりはさっぱりしているのに、内側はしっとり潤っているという相反する面白い感覚のする洗顔石けんです。

米肌自体が乾燥肌向けスキンケアラインなので、同じく米肌洗顔石鹸も、乾燥肌に悩む方におすすめの洗顔石鹸です。

ナツコ
トライアルセットにも石鹸がついているので、気になる方は是非試してみてくださいね。

【市販の人気洗顔】田舎娘印洗顔石鹸

田舎娘洗顔石けん

田舎娘洗顔石けんは無添加石鹸

思わずパケ買いしてしまった田舎娘印の洗顔石鹸。

コラーゲン、ナットウガム、セリシンなどの保湿成分が配合されている無添加石鹸です。

まあるい形をした田舎娘石鹸

泡だてネットもおまけで付いてきます。

スポンと石鹸を丸ごと入れれる泡だてネット。

きめ細かい濃密泡が出来上がります。

香りは無臭。とってもシンプルな洗いごこちです。

特別しっとりするわけではありませんが、ツッパリもしません。松山石鹸と系統が似ています。

【完全無添加洗顔】坊ちゃん石鹸

坊ちゃん石鹸

坊ちゃん石鹸成分

坊ちゃん石鹸も思わずパケ買いしてしまった石鹸。坊ちゃんの顔にキュンしませんか?笑

成分は石鹸素地オンリー。保湿成分も全くなし。

清々しいくらいのザ・石けんです。

インパクトのあるでかさ。ちょっと持ちにくい。

こんなところにも・・坊ちゃん!

坊ちゃん石鹸の泡立ちは?

思ったよりもクリーミー。

メンズが使うならありかな〜と思いますが、年頃の女性が使うにはちょっと物足りないかな。笑

結局私自身では使わず、1歳の甥っ子にあげました。お風呂で毎日使ってくれているみたいです。

逆に潔いくらい何も入っていない完全無添加石鹸なので、赤ちゃんやお年寄りなど肌がデリケートな方にはいいかもしれません。

【クレンジング石鹸】ヴァーナルアンクソープ

必要なうるおいをキープしながらメイクや老廃物をオフしてくれる洗浄力と保湿を両立した理想のクレンジング石けんです。

アンクソープは想像以上の泡立ちで、手から溢れるぐらいさっぱり泡。

このシャワシャワ泡で顔を包み込むように洗えばアイシャドウと口紅までしっかり落ちます。

ただしこすり過ぎは禁物!!

石けんタイプは洗浄力が強すぎるイメージがありますが、1個につき30秒ほど、泡立てネットなどを使ってたっぷり泡立てれば問題ありません。

マスカラや濃い目のメイクの時は先に取っておけば肌に負担をかけません。

何度も洗うとちょっと肌が乾燥してしまうので、保湿は念入りにするのがおすすめです。

クレンジング後のお肌はキュッキュッとひきしまり、ワントーン明るくなったように感じます。

その後の化粧水の浸透も良くなるので一石二鳥です。

洗顔後は同じヴァーナルのセンシティブザイフの洗顔石けんを使うと肌が良い具合に落ち着きます。

使用を続けていくうちに、気になっていた顎の下の乾燥もだんだんしっとりしてきます。

使用はトレイに乗せ、乾燥したところに保管しておけば石鹸の持ちも良く、ダブル洗顔で使用しても半年ほど使えるので気に入ってます。

仕事帰りのクレンジングの時間も楽になりるので時短を目指す方にもおすすめです。

メイクまでさっぱり落としてくれる爽快感で、毎日洗顔が楽しみになります。

化粧石鹸と洗顔石鹸の違いとは?

おすすめの洗顔石鹸をご紹介してきましたが、いかがでしたか?気になるアイテムはあったでしょうか?

最後になりますが、石鹸について少しおさらいしてみましょう。

乾燥肌ちゃん
石鹸といえば、丸かったり四角かったりする固形石鹸を思い浮かべるんですけど・・・。

石鹸=全部同じじゃないんですか?

ナツコ
そうですね。そんなイメージを持たれている方が多いですよね。

でも考えてみてください。石鹸って言っても、

  • 手洗い石鹸
  • 身体を洗う石鹸
  • デオドラントなどの薬用石鹸
  • 洗顔もできる石鹸

など用途が様々ですよね。

乾燥肌ちゃん
あ、本当だ!
ナツコ
例えば、手洗い石鹸で顔を洗ったらどうなりますか?
乾燥肌ちゃん
考えたことがなかったけど・・絶対つっぱりますよね!?
ナツコ
その通り。パリッパリになりますよね?

身体を洗うことを目的として作られた石鹸(=化粧石鹸)洗顔を目的として作られた石鹸(=洗顔石鹸)では、洗浄力も違いますし、保湿成分、美容成分も全然違ってくるんです。

乾燥肌ちゃん
そうか!

洗顔石鹸っていうのは、デリケートな顔にも使えるくらいマイルドで、乾燥しないように保湿成分や美容成分が豊富に含まれている石鹸のことなんですね!

ナツコ
その通りです。

洗顔できるくらいマイルドな石鹸を選びたいときは、”洗顔石鹸”と書かれたものを選んでくださいね。

【50代でも使えるエイジング洗顔料】 ペネロピムーンジュノア 

ペネロピムーンジュノア洗顔石鹸

900種類に及ぶ和漢植物の中から独自の配合で数十種類の素材をブレンドして作られたペネロピムーンの洗顔石鹸。

@コスメの洗顔石鹸で口コミ評価がめちゃくちゃ高かったので、気になって購入してみたら・・・ドンピシャでいい石鹸と巡り会えました。

まず、見た目からして可愛いですよね。

三日月がモチーフに描かれており、光にかざすと月光浴のような表情になるのがトキメキます。

洗面所に置いておくと、すっっっごく可愛い!!

この赤みは何の色?と思ったのですが、美肌成分アスタキサンチンの天然色です。

手で泡立てると、「あれ?泡立ちが物足りない。」と感じたのですが、これは他の石鹸よりも美容成分が高配合しているからこそ。

泡だてネットでしっかりと泡立たせて使うのがおすすめです。きめ細かい濃密泡が出来上がりますよ。

きめ細かいクリーミーな泡

ノバラ油の香りなのか、お花のすごくいい香りがします。香料が含まれていないのにこんなにいい香りがする固形石鹸初めてです。

洗っている間も繊細な泡といい香りに癒されます。

すぐに洗い流さずに、そのまま5分くらい顔に乗せてパックしておくと・・・モッチモチになります!

洗顔石鹸なのに洗い流すパックとしても使える

90日間という長い時間をかけて作られたからこそ、美容成分が30%と高配合。(普通固形石鹸は2%位です。)

洗った後は割とさっぱりなのにつっぱらずにしっとり潤うという相反する面白さ。

30代のわたしでも大満足の石鹸でしたが、40代50代と本格的に洗顔でもエイジングケアしたい女性にはもってこいだと思います。

肌荒れ防止やニキビ防止成分も入っているので、生理前の肌荒れしやすい時期でもペネロピムーンを使っていると揺らぎにくいです。

ゴワツキが気になる部分の角質も、使い続けることで気にならならずツルツルになります。

成分。美容成分が豊富なのがわかります。

 
  • 美肌成分アスタキサンチン(天然の橙色。抗酸化力も高いです。)
  • ハリツヤを出し、やわはだに導く月桃葉エキス
  • バリア機能を高めるアミノ酸 などなど
ナツコ
すっごく好き!形も香りも見た目もパーフェクトな久々に心ときめく石鹸でした。
おすすめの記事