【1000円以下プチプラコスメ】保湿力が優秀!ドラッグストアで買える化粧水でたまご肌になる方法。

こんにちは、ナツコです。

毎日のスキンケアで必ず使う化粧水。

化粧水は、潤いを与えて肌を柔らかくし、次のスキンケアの入りを良くする役割があるので必要不可欠なアイテムですよね。

高い化粧水をチビチビ使うよりも、コスパのいい化粧水をジャブジャブ飲むように使いたい!と考える方も多いですよね?

ドラッグストアやバラエティショップで【1000円以内】で買えるおすすめの化粧水をご紹介します。

ナツコ
私のプチプラ化粧水ナンバーワンは「菊正宗」です!とにかく潤います。

【保湿化粧水】人気の麹コスメ!日本酒化粧水菊正宗はLDKでもベスコス

日本酒の化粧水 菊正宗

@コスメストアに行くと目に留まるのがハトムギ化粧水とこの菊正宗。

日本酒成分(コメ発酵液)をふんだんに配合しているのでとにかくアルコールの香りが強いですが保湿力がめちゃくちゃ高い。

私が知る限り、ドラッグストアで売られている化粧水の中では保湿力ナンバーワンです。

保湿力だけでなく、保湿持続力も高い!ついでに美白成分もプラスされています。

日本酒の麹成分ってSK-IIでも使われていますよね。(そもそもSK-IIのピテラとは酵母の発酵過程で生まれる天然成分のことです。)

麹を使ったコスメが大人気

菊正宗はヒト型セラミドが配合されているため保湿力が高く、コットンパックに最適。

菊正宗でコットンパックした後の肌は・・・吸い付くようなモチモチたまご肌になります。

プチプラ化粧水でこの仕上がりはすごいの一言!

500mlの大容量でコスパがいいのでジャブジャブ飲むように惜しみなく使えます。

コットンにひたひたに湿らせてデコルテやボディ全体をパッティングすると全身潤うのでおすすめです。(少々日本酒くさいですが。笑)

辛口雑誌LDKでも、2017年化粧水ランキング1位に輝いています。

菊正宗のパック

ちなみに菊正宗はパックもありますが、断然化粧水を買ってコットンパックする方がおすすめ。

菊正宗のシートマスクはどちらかといえばさっぱりタイプ。

配合されているセラミドもヒト型ではなく合成セラミドなので保湿力が劣ります。(ヒト型セラミドの方が3倍保湿力が高い、と言われています。)

菊正宗パックの成分

【収れん化粧水】ナチュリエ スキンコンディショナーハトムギ化粧水

ハトムギ化粧水

価格650円(オープン価格)
1日あたりのコスパ約5円(4か月使用として)
保湿力さっぱりめのスキコン
特徴ドラッグストアで気軽に購入できるプチプラ化粧水。
肌のコンディションを整えて、肌荒れ・乾燥・導入などいくつもの効果を得ることができる。
おすすめ度⭐️⭐️⭐️
プチプラのスキンコンディショナーもおすすめの収れん化粧水です。

500mlで650円と破格の値段にもかかわらず、デパコスに負けない効果を発揮してくれるコスパの高い化粧水。

アットコスメでも常にランクインする有名化粧水ですよね。

化粧水の中に配合されているハトムギエキスは、美白・肌荒れ・乾燥肌の改善に役立ちます。抗炎症効果もあり、日焼けで肌が敏感になっている時に使うと収れん作用も得られますよ。

コスパがいいので惜しみなくバシャバシャ使えるところもいいですよね。

みずみずしいシャバシャバとしたテクスチャーのため、コットン使いをおすすめします。

ハトムギ化粧水テクスチャー

私は毎日朝晩、これをコットンにひたひたに染み込ませてパックをしています。

すると毛穴がきゅっと引き締まってメイクのりがよくなり、ファンデーションの毛穴落ちも防げますよ。もちろん、保湿効果も得られます。

ただし、乾燥肌の方はこれだけだと物足りないと感じることもあると思うので、この後に保湿力の高い化粧水をつけてあげてください。

毎日使うことで肌に透明感が出てくるスキコンです。

一時期他のスキンコンディショナーを使っていたのですが、結局戻ってきてしまうほど使いやすく、値段以上の効果が得られるアイテムです。

乾燥肌の方がこれをメインの化粧水として使うことは難しいかもしれませんが、お守り的サブ化粧水して持っておくといざという時に重宝すると思います。

ハトムギ化粧水の保湿力は?

カサカサして少し保湿力が物足りない

【収れん化粧水】ハトムギボタニカル化粧水スキンコンディショナー

ハトムギボタニカル化粧水

ナチュリエのハトムギ化粧水のボタニカルバージョンかと思って即買いしたのですが、メーカーが違うんですね。

でもこれはこれでとってもいい収れん化粧水だと思います。

ボタニカルなのでハーブの香りが結構強いので好き嫌いが分かれるかもしれません。ベーシックで使いやすいのはナチュリエのハトムギかな、と思います。

収れん化粧水を使うと使わないとでは、くすみ感やメイクのりが違うので1本は常備しておきたいところ。

化粧崩れがきになる方は、メイク前に使ってみてください。メイク持ちも違いますよ。

ナチュリエと容量も一緒でコスパはほぼ同じ。ジャバジャバ全身に使えます。

保湿力を求める化粧水ではないので、プレ化粧水の位置づけで使うのがいいと思います。

【保湿化粧水】肌ラボ極潤ヒアルロン酸

肌潤ヒアルロン酸

ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つスーパーヒアルロン酸を配合したプチプラ化粧水。

肌ラボシリーズは海外でも人気の高いアイテムですよね。

とろみのあるテクスチャーで、肌への浸透力が高いというよりは肌表面がこってり潤う、というようなイメージです。

値段がお手頃なのでひたひたにコットンに染み込ませてコットンパックすると肌がもっちりしていい感じです。

【保湿化粧水】ビオレうるおいジェリー(とてもしっとり)

ビオレうるおいジェリー

プチプラ化粧品の代表格といえばKaoのビオレ。

化粧水、乳液、美容液、パックの4役を兼ね備えたうるおいジェリーは仕事や家事で忙しく働く女性にとって1本でスキンケアが完了するのは有り難いですよね。(まあ、30代ともなるとこれ一つでスキンケア終了とはいきませんが・・。10代・20代前半までならOKかな、と思います。)

保湿力の高いヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸配合。

パック効果があるので、化粧水を肌になじませると潤いを密閉して閉じ込めてくれるので潤いは高めかな、と思います。

ちなみに、しっとりタイプととてもしっとりタイプがありますが、基本的な保湿力は一緒。使い心地が違うだけです。

【保湿化粧水】米ぬか美人化粧水

米ぬか美人化粧水

120mlボトルだと1000円以下で買えるお手頃化粧水。

天然アミノ酸成分の日本酒が配合されているので、ほんのりお酒の香りがしますがそこまで気になりません。(菊正宗の方が強烈。)

米ぬか化粧品=潤いが優秀というイメージがあるのですが、米ぬか美人の保湿力はそこそこ・・というところ。

何度か重ね付けした直後はいいんですが、時間が経つと乾燥を感じることがあります。

コットンパックの方がじわ〜っと浸透していくので潤いますよ!