ビタブリットCフェイス口コミ

肌に直接ビタミンCを染み込ませてシミ・毛穴ケアができるサイエンスコスメ「ビタブリッドCフェイス」お試ししたのでレビューします。
純粋ビタミンC12時間パックが初回のみ1500円でお試しができ、クーポンコード: vita71 を入れるとさらに500円割引が適用されます。


ビタブリッドCフェイス公式通販

ビタブリットCフェイス

ビタブリットCフェイス

化粧水にビタミンC!敏感肌でも化粧水に混ぜて使いやすい

肌にいいものを取り入れたいと思った時、何を思い浮かべますか?
肌に弾力を与えるコラーゲンを思い浮かべる方もいると思いますし、保水力を高めるヒアルロン酸と答える方もいると思います。

そう考えた時に、私は真っ先にビタミンCを思い浮かべます。
ビタミンCの働きは・・・

  1. 美肌に必要不可欠なコラーゲンの生成
  2. メラニンに働きかけ、シミ・そばかすの生成を防ぐという美白効果
  3. 皮脂分泌を抑制することで皮脂腺が広がるのを抑え、毛穴を目立たなくさせる

などの嬉しい効果が期待できることが知られていますよね。

しかし、こんなにも美肌にとって欠かせないビタミンCですが、食事やサプリメントで摂取したものが肌の必要なところに届くのはわずか1%未満なんです。
いくら気を付けてビタミンCを摂取しようとしても、たったこれだけしか吸収されないと思うと悲しいですよね。

さらに、ビタミンCは空気や熱、光に弱く、一瞬で酸化してしまうという弱点があります。
多くの化粧品が、ビタミンCをそのまま入れることができずにビタミンC誘導体として配合しているのはそのためです。

そうはいっても、これだけ美容効果の高いビタミンCですから、毎日のスキンケアで有効に取り入れたいですよね。

そんな不可能を可能にしたのがハイブリッド美容パウダー「ビタブリッドCフェイス」です。
ちなみに、ビタミンとミネラルのハイブリット(新しい物質)だからビタブリッドと名付けられたのだそうです。

初回限定で74%オフの1500円(送料無料)でお試しができました。

vitabrid01

ビタブリットCのパッケージがリニューアルしました。

ビタブリットCのパッケージがリニューアルしました。

ビタブリットCフェイスのシミ,美白効果は?ニキビ跡にも使える?

ビタブリッドCフェイスは化粧水などに混ぜて顔に塗るだけという、今までなかった新しい美容パウダーです。

さらに、アメリカ、EU、日本、中国など多くの国で特許を取得しており、世界的に注目度の高いアイテムです。
学会でも論文が発表されるなど、美容好きの間だけで留まらず、学者の間でも話題です。

ありそうでなかったビタブリットCフェイス

ありそうでなかったビタブリットCフェイス

 

ビタブリッドCフェイスは3つの特殊な設計から成り立っています。

1つめは「安定化」です。

酸化に弱いビタミンCを、バイオ融合技術で作られたLDH(無機二重層酸化物)の層が挟み込むように保護し、ビタミンCが本来の力を十分に発揮できるようにします。

2つめは「継続化」です。

ビタブリッドCフェイスが肌へ浸透する仕組みは、LDH内のビタミンCと、自然な皮膚呼吸から生じる老廃物などがイオン交換されることで肌の奥まで入っていってくれます。
私たちが日々の生活を過ごしているうちにビタミンCが肌に浸透してくれます。

最後3つめは「浸透化」です。

ビタミンCはただ肌にのせても、皮膚のバリア機能によってブロックされてしまいます。
ビタブリッドCフェイスは皮膚呼吸から生じる老廃物との交換によって、皮膚組織の中にビタミンCが浸透していきます。

難しく聞こえますが、まとめると肌に浸透しにくかったビタミンCを肌の奥まで届くようにしたのがビタブリッドCフェイスです。

さらに、ビタブリッドCフェイスは1度つけると12時間その効果が持続します。

1日2回朝夜つけることで24時間ビタミンCを肌に浸透させることができます。

シミ対策、美白ケアにこだわりたい方や、ニキビ跡が気になる方には特におすすめです。

リニューアル後はこんな感じです。

リニューアル後のパッケージ

配合成分もとてもシンプルで、本当に必要なものしか入っていません。
1番最初に記載のあるアスコルビン酸はビタミンCのことです。

vitabrid06

成分も一部リニューアル。コラーゲン等プラスされました。

成分も一部リニューアル。コラーゲン等プラスされました。

成分も一部リニューアルしていますので、ご参照ください。

 アスコルビン酸、酸化亜鉛、ステアリン酸グリセリル、アセチルグルコサミン、ナイアシンアミド、ペタイン、加水分解コラーゲン、アデノシン、水、アラントイン

ビタブリッドCの使い方

さっそくセットして使ってみました。先端のゴム部分を押すとパウダーが出てきます。

vitabrid04

使用目安は付属のスプーン1杯分です。

vitabrid05

このパウダーを普段使っている化粧水か水と混ぜ合わせます。
私は以前ご紹介した「オルビス アクアフォースローションM」を使いました。

vitabrid07

vitabrid07

パウダーの見た目は一緒です。

リニューアル後はそのまま出すだけ。パウダーの見た目は一緒です。

水に溶かすとこんな感じです。

水に溶かすとこんな感じです。

十分に混ざったら顔に塗ります。

私はこの後に美容液、乳液といったスキンケアステップを続けました。

オルビスのアクアフォースローションMは比較的みずみずしいテクスチャーなのですが、ビタブリッドCを混ざるとテクスチャーが変わり、少しとろみがでました。
肌にのばしてみると、いつも使っていると時よりも肌への浸透がぐっとよくなり、ハンドプレスすると手に肌が吸い付いてくるようなモチモチ感があります。
香りもほぼないので、香りつきのローションを使っている方も香りがケンカせずに使えます。

ビタブリットCフェイス良い口コミと物足りなかった点

ビタミンC12時間パックでシミが変わるという話題の商品、巷ではどういった評価なのかまとめてみました。

白くてサラサラの微粒子パウダーを水や化粧水を混ぜ、肌になじませて使いますが、いざ肌につけてみてもザラザラした感触もなくしっとり潤います。

パウダーの粒子が細かく、溶けやすいのでストレスがありません。べたついたりすることがなく肌によくなじみます。

使い始めて5日くらい経った頃、毛穴の黒ずみが減ってきてるのに気づきました。

そのまま使い続けていくと開いた毛穴も落ち着いてすっかり目立たなくなりました!(驚)顔全体のくすみがかなり解消され、少し暗かった頬骨付近に透明感が・・・。

花粉・アトピー・生理前など肌が荒れてしまっている状態で使用してもピリピリしみることがありません。

ビタミンCは、効果以前に肌に合わない事も多々あるのですが、ビタブリッドCは荒れたりせずトラブル無く使えるのでおすすめです。

シミ予備軍へのケアはもちろん、今までに出来ているシミやくすみを挽回出来るかもと期待して朝と夜の二回使用しています。

本格的に紫外線が強くなってくる季節を前に、継続使用していきます。

つけ心地ですが・・・パウダーを混ぜたことで何かしら付け心地に変化があるのかと思いきや何も無く、通常の化粧水と変わりませんでした。

敏感肌でも比較的使いやすいですが、アトピー肌だとピリピリしみて痛む、という方もいらっしゃるそうです。

美容部員的ビタブリットCフェイス評判

スキンケアアイテムではありますが、どこか実験をしているような気持ちになる、楽しいアイテムでした。
このような美容パウダーを使うことは初めてでしたが、化学の力で肌をキレイにするという、今まで私が使ったことのない新感覚のものでした。

今使っているスキンケアにプラス1品で取り入れることができるので、スキンケアは変えたくないけど肌のキメを改善したい!毛穴を目立たせなくしたい!という方が取り入れやすいアイテムだと思います。

VOCEやanan、美人百花、Domani、CLASSYなど数多くの美容雑誌で取り上げられているのも納得です。

ビタブリットC

ビタブリットCフェイス

美白ケアは一年中必須なので、このビタブリッドCフェイスで先手を打つことができると思います。
私も毎年美白ケアには力を入れているので、ビタブリッドCフェイスがあれば、多少日焼けしたとしてもシミの心配をしなくていい位、実力のあるアイテムだと思います。
続けていくことで美白を手に入れることができると思います。

ビタブリッドCフェイスの気に入ったところは、スキンケア全体をがらっと変えるわけではありませんが、付け加えると確かな効果を得られるということです。
まだ使って数日ですが、肌の潤い感と毛穴の大きさが変わってきたように思います。

ビタブリッドCフェイスをオススメしたいのは、

  • キメの整ったつるっとした肌を目指したい方
  • 肌の内側から輝くようなツヤが欲しい方
  • 毛穴の開き、黒ずみが気になる方
  • シミ・くすみ対策をしたい方

に使って頂きたい新感覚サイエンス美容パウダーです。

1500円(送料無料)でお試しできますので、気になる方は是非使ってみてください。

世界最先端見本市Award Winner 2016

世界最先端見本市Award Winner 2016


ビタブリットCフェイス公式通販サイト最安値で購入

動画でわかるビタブリットCフェイス

News TVの動画をご紹介いたします。

公式通販最安値で購入

動画でわかるビタブリットCフェイス

News TVの動画をご紹介

おすすめの記事