毎日必ずといっていいほど行っている洗顔ですが、ちゃんと洗っているはずなのに「なんだか汚れが落ちていない気がする…」と思うことはありませんか?

もしかしたらそれは正しい洗顔ができていないからかもしれません。

私もかつて、洗顔フォームを泡立てネットで十分に泡立てて、きちんと洗顔している「つもり」でした。しかし音波洗顔器の「クラリソニック ミア2」に出会ってから、今までの洗顔の仕方は正しくなかったのかもしれないと思うようになりました。

clarisonic01

杉本彩さんプロデュースのララルーチュレジーナも愛用しています。

【肌を痛めずに汚れをかき取る音波洗顔】

クラリソニックはもともと皮膚科医で取り扱っていた音波洗顔機で、イメージとしては音波歯ブラシの顔バーションです。手洗顔では落としきれない毛穴の奥の汚れまで、肌を痛めずにしっかりと落とすことができます。実際に使うと肌が一皮むけたような、すべすべとした肌触りになります。

クラリソニックは現在シリーズ化されていますが、私が使っているのは洗顔専用のミア2です。ミア2はNormal(中)とLow(弱)の2段階のスピード切り替えが可能です。

clarisonic06

例えば私は、肌が敏感な時や朝の洗顔時にはLowで洗顔し、夜のクレンジング後にはNomalで使っています。肌はその時によってコンディションが違うので、速度調節できるのは肌のことを考えて作られているからだと思います。

クラリソニックはたった1分間で洗顔が完了します。手洗顔の時には「いつまで洗っていればいいんだろう?」と疑問に思い、長時間洗顔をして肌に必要な油分まで取ってしまうということになりかねません。ミア2にはお知らせタイマーという機能がついているので、顔のその部分に必要な分だけのケアをすることができます。

使い方は、①額を20秒洗顔→タイマーが鳴る

clarisonic02

②鼻まわり・顎のラインを20秒洗顔→タイマーが鳴る

clarisonic03

③左頬を10秒間洗顔→タイマーが鳴る

clarisonic04

④右頬を10秒洗顔→タイマーが鳴る

clarisonic05

という合計1分で洗顔が終了します。目安がつくので迷うことがなくなります。

クラリソニックで洗顔をすると、手洗顔よりも約6倍のクレンジング効果が得られ、美肌に必要なビタミンCの浸透率が61%もアップします。正しい洗顔をすることで、この後につけるスキンケアの入りもぐっとよくなります。

このように、手持ちの洗顔フォームをブラシにつけて行います。

clarisonic07

私は以前ご紹介した「資生堂 ホワイトルーセントブライトニングクレンジングフォームW」を使っています。相乗効果でさらに肌のトーンアップを目指せます。

ここで注意して頂きたいのが、スクラブ入りの洗顔料は使えないということです。スクラブがブラシに入り込んで壊れる原因になります。

クラリソニックを使い始めて2年程経ちますが、もう手洗顔には戻れません。たまにクラリソニックの充電が切れて(ケータイのように充電して使えます)使えない時などは手洗顔で顔を洗うのですが、どこかすっきりしないような、気持ち悪く感じてしまいます。

これからの時期は皮脂も溜まりやすく、角栓もできやすいので、クラリソニックで夏でもつるつるでキメの整った肌を目指しませんか?

今月のおすすめ記事8選

duoクレンジングバーム
保湿化粧水おすすめ

温活ホットクレンジングゲルおすすめ
DUOコスメライン使い口コミ

おすすめ美容液ブースター
婚活リップ

オールインワンゲルおすすめ
ファンデーションおすすめ

1 個のコメント