こんにちは、ナツコです。

THREE(スリー)は、天然成分を高濃度配合したオーガニックコスメなので敏感肌・乾燥肌でも使いやすいブランドです。

有名美容雑誌のベストコスメを数多く受賞したり、美容家の方達が多数愛用していたりと注目度が高く、特にTHREEのオイルクレンジングはメイクアップアーティストを始め、熱狂的なファンが多いアイテムです。

そんなTHREEの代表格とも言えるバランシングクレンジングオイルとエミングクレンジングバーム、ヘアオイルの3点を30代美容部員が口コミします。

ナツコ
THREEのクレンジングバームに関しては、同じ形状のDUOクレンジングバームと比較してみました!

THREE好きな方、オイル好きな方、集まれ〜!♡

【オーガニック】THREEは自然派志向コスメ。敏感肌でも使いやすい。

THREEはオーガニック系ブランドで、スキンケアに限らずベースメイクなどにも天然由来率が定められています。

THREEの天然由来率

  • スキンケアなら90%以上
  • ベースメイクでも80%以上
いまは天然成分にこだわる方も多く、自然派志向の方のニーズに合ったブランドだと思います。

そしてなんといっても、THREEは香りがとてもいい!

バランシングというベーシックラインはベルガモットなどの柑橘系の香りで病みつきになる方も多く、一度使うと忘れられない香りだと思います。

THREEの主力アイテムはスキンケア全般。

ナツコ
  • バランシングクレンジングオイル
  • エミングクレンジングバーム
  • スキャルプ&ヘア バランシングクレンジングオイル

の順番に口コミしていきます。

【THREEの人気クレンジング】バランシングクレンジングオイルは乾燥肌でも使いやすい定番オイル

THREEバランシングクレンジングオイルの洗浄力チェック

THREEバランシングクレンジングオイル

成分を見ても、テクスチャーや洗い上がり、香りを見ても最高級のクレンジングオイルです。

ナツコ
THREEの代表格と言えるのがこのバランシングクレンジングオイル。

柔らかな柑橘系の香りと、程よい厚みのあるテクスチャー、滑らかな洗い心地としっとり感にファンの多いオイルクレンジングです。

乾燥肌ちゃん
オイルクレンジングって乾燥肌や敏感肌だと使いにくいんじゃないでしょうか?
ナツコ
確かに、オイルクレンジングはクレンジングの中でも一番洗浄力が高く、余分な皮脂まで取ってしまうため敏感肌、乾燥肌の方にはトラブルが起きやすくおすすめできません。

でも、THREEのクレンジングオイルは天然成分88%で肌に刺激にとなる成分が入っていないので敏感肌・乾燥肌でオイルクレンジングが使えなかった、という方でも使いやすいと思います。

乾燥肌ちゃん
天然成分88%ってすごいですね〜。

使い方はどうすればいいんですか?

ナツコ
THREEのクレンジングは濡れた手でも使えるので、お風呂の中でもメイク落としできるので楽チンですよ。

「洗浄力がもう少し欲しい」という声も聞きますが、私個人的には十分メイク落ちがいいと思っています。

ウォータープルーフのマスカラだと少し物足りないかな、という感じなのでポイントリムーバーを併用していますが・・。

そもそもメイク汚れや余分な皮脂って全て「油性」なので、オイルで落とすのが一番落ちやすいんですよ。

天然成分が多くても、オイルという性質上洗浄力をうまくカバーできているバランスの良いオイルクレンジングだと感じています。

乾燥肌ちゃん
毛穴汚れや角栓も綺麗に落ちますか?
ナツコ
小鼻の角栓は落ち切らず残ってしまいます。

THREEバランシングクレンジングオイル使用後の毛穴写真

THREEバランシングクレンジングオイル使用後の毛穴拡大写真

そもそも角栓汚れってオイルクレンジングで綺麗に落ちるイメージがないんですよね。

毛穴汚れに強い形態は次に口コミするバームクレンジングです。

それでは、バランシングクレンジングオイルのテクスチャーと洗浄力をチェックしてみましょうか。

THREEバランシングクレンジングオイルの洗浄力チェック

THREEバランシングクレンジングオイルのテクスチャー

ナツコ
サラサラとしながらも程よい厚みのあるテクスチャーなので、そこまで液だれが気にならずに使えます。

浴室の濡れた手で使うときは、液ダレしやすいので目に入らないよう注意してください。

THREEバランシングクレンジングオイルの洗浄力チェック

THREEバランシングクレンジングオイルの洗浄力チェック

ティッシュオフ後

ウォータープルーフのアイライナー・YSLのタトワージュクチュール16番でどちらも落ちにくいのですが、まずまずの洗浄力。

もう少し時間をかけて丁寧に撫でると綺麗に落ちます。

洗い上がりはクレンジングオイルの割にはしっとり感が高く、肌が柔らかくなります。

THREEクレンジングオイル成分

THREEクレンジングオイル成分
ブドウ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、チャ実油、スクワラン、パルミチン酸エチルヘキシル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、イソステアリン酸、ペンチレングリコール、ローズヒップ油、ホホバ種子油、ローズマリー油、アルガニアスピノサ核油、シア脂、ミツロウ、オレンジ果皮油、ベルガモット果実油、ニュウコウジュ油、マヨラナ葉油、メドウフォーム油、オリーブ油、テオブロマグランジフロルム種子脂、イソステアリン酸PEG-12、トコフェロール、フェノキシエタノール 
ナツコ
成分を見るとシンプルで余分なものが入っておらず、植物由来の美容成分と潤い成分が多いな、という好印象。

一番配合量が多い成分がブドウ種子油、というのがまたすごい。

美容成分+洗浄成分(界面活性剤)+構成成分+防腐剤、といったイメージです。

クレンジングオイルで有名なのはshu uemuraのアルティム8あたりだと思うのですが、アルティム8よりもサッパリしているのに肌表面はちゃんとしっとり感が残っている、という面白い感覚。

個人的には最近あまりクレンジングオイルを使うことが少ないのですが、(やっぱり乾燥が気になるし、毛穴落ちもイマイチなので)THREEのクレンジングオイルなら使いたいな、と思うようなリラックス感と安心感を感じます。

植物エキスの香りが極上アロマ、といった感じなので癒されたい気分の時にセレクトすることが多いかな、と思います。

高いけど・・・洗面所にあったら気分が上がるクレンジングオイル。

【THREEクレンジングバーム】エミングクレンジングバームはスクラブが痛い!

THREEバームクレンジングテクスチャー

THREEエミングクレンジングバーム

THREEのクレンジングバームは、スクラブ入りで毎日角質ケアができるのですが・・・

このスクラブが結構硬くて肌への刺激が強く、毎日使い続けるのはちょっと躊躇してしまうような感じです。

馴染ませていると体温でスクラブが溶けてオイル状になるのですが、この時ゴシゴシこすらないで優しく優しく馴染ませるようにスクラブを溶かすのがポイント。

THREEバームクレンジングテクスチャー

シャリシャリ削れます。

「角質、角栓、毛穴汚れが気になるからとにかく毎日ケアしたい!」という方にはおすすめですが、敏感肌の方には不向きかな、と感じるアイテム。

手の平で合わせてじっくりと温めてから顔にのせるとスクラブが溶ける速度が速くなって肌当たりがマイルドに。

ゆっくりと、丁寧に自分を労るようなケアが好きな方には向いていますが、忙しい平日の夜に使うのはちょっとしんどいと感じてしまうかも。

毎日使いでなく”ご褒美クレンジング”として、週2〜3回の使用が丁度いいかなというような感じです。

THREEバームクレンジングテクスチャー

THREEバームクレンジングテクスチャー

ナツコ
そもそもクレンジングバームって高い洗浄力とマイルドな使い心地から敏感肌、乾燥肌でも使いやすい形状なんですけどね。
敏感肌ちゃん
洗浄力はどうですか?
THREEバームクレンジングテクスチャー

洗浄力をチェック

THREEバームクレンジングテクスチャー

馴染ませるとオイル状に変化

THREEバームクレンジングテクスチャー

ティッシュオフ。ウォータープルーフも綺麗に落ちます。

ナツコ
洗浄力は十分だと思います。

洗い上がりがしっとりするかな?と思ったのですが、思ったほどの潤い感は実感できず。

THREEはオイルが有名で、クレンジングオイルが良かったから勝手に期待値が高くなっていたのかもしれません。

乾燥肌ちゃん
そうなんですか・・・。

逆に、毛穴汚れも綺麗に落ちて、マイルドで肌に優しくしっとりするクレンジングって無いんですか?

ナツコ
DUOザクレンジングバームがおすすめですよ。

DUOザクレンジングバーム

私自身も3年以上リピートしているクレンジングバームで、乾燥肌・敏感肌でも使える低刺激処方なので肌トラブルなく使えます。

滑らかなテクスチャーなんですが、バームの中に入っている目には見えないカプセル自体がスクラブ効果を発揮するので毎日のクレンジングで角質ケアも負担なくできるので優れものです。

DUOザクレンジングバームテクスチャー

乾燥肌ちゃん
そんないいところどりのクレンジングがあるんですね!

美容効果も高いんですか?

ナツコ
美容成分も豊富に含まれているので洗いあがりの肌もしっとり柔らかになりますよ。

使い続けると肌が底上げされて行きます。

乾燥肌ちゃん
DUOクレンジングってバラエティショップで見かけたことがあるけど・・・そんなに人気なんですね。
ナツコ
参考までに、THREEのクレンジングバームと比較してみましょうか。
 THREEクレンジングバームDUOクレンジングバーム
価格6000円(税別)公式通販だと初回半額1800円(税別)
内容量85 g90g
テクスチャースクラブの粒子が粗く、しっかりと温めてから顔に乗せないと刺激が強い角がなく、マイルドなとろけるテクスチャー
洗い上がりしっとり感は高いが、もう少し潤いがあれば良かった。
肌は柔らかくなる
しっとり滑らかな柔肌へ。
余分な角質が落ちるので透明感が出る。
すぐに保湿しなくてもつっぱらない。
香り爽やかながらも奥が深い柑橘系最高級ダマスクローズの香り
THREE成分
トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリル、スクワラン、ホホバ種子油、コメヌカロウ、ジステアリン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース、ジオレイン酸ポリグリセリル-10、ミツロウ、カルナウバロウ、セスキカプリル酸ポリグリセリル-2、シア脂、オリーブ果実油、クダモノトケイソウ種子油、サイペラスエスクレンタス根油、マンゴー種子脂、チャ種子油、ザクロ種子油、ケーパー果実エキス、オレンジ果皮油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、ローズマリー葉油、ウイキョウ果実油、ダマスクバラ花油、ヒメコウジ葉油、ミリスチン酸オクチルドデシル、パルミチン酸デキストリン、トコフェロール 
DUO成分
パルミチン酸エチルヘキシル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、炭酸ジカプリリル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ポリエチレン、トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル、トコフェロール、カニナバラ果実油、アンマロク果実エキス、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、グルコシルセラミド、加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、α-グルカン、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、ノイバラ果実エキス、プルーン分解物、クリサンテルムインジクムエキス、ソメイヨシノ葉エキス、トルメンチラ根エキス、豆乳発酵液、メマツヨイグサ種子エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、タチジャコウソウ花/葉/茎エキス、オウゴン根エキス、キハダ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、オウレン根エキス、カミツレ花エキス、クチナシ果実エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、ハマメリス葉エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、水、BG、PEG-7(カプリル/カプリン酸)グリセリズ、フェノキシエタノール 
ナツコ
成分を見比べてみると、どちらも美容成分が豊富に入っていることがわかりますね。

特にTHREEは天然由来成分92%なだけあって、植物由来成分が多い印象です。

メイクを落とす界面活性剤とバームを構成する基本成分を除くと全て美容成分、というシンプルな作りが好感が持てます。

THERRのクレンジングバームは、ハーブ由来の成分も入っているので妊娠中は使えません

THREEクレンジングバームは濃密植物エキス配合

一方のDUOも美容成分が31種類とクレンジングでは群を抜いて多い配合量となっています。

目には見えない科学の結晶×自然の恵みが詰まったDUO

乾燥肌ちゃん
普段使いするならDUOの方がコスパがいいし、肌にとってもマイルドで良さそうですね。

どっちも美容成分に優れたクレンジングだから、使い続けると肌が上向きそうな期待が持てます。

ナツコ
成分を見る限り、どちらも余分なものが入っていない優秀なクレンジングだと思います。

あとはテクスチャー、価格、自分の肌質やニーズに合わせてセレクトしてみてくださいね。

【THREEヘアケア】スキャルプ&ヘアバランシングクレンジングオイルは頭皮ケアにおすすめ

THREEのヘアケアラインは、できてまだそんなに日が経っていませんが、先行発売の時点ですでに注目を浴びており、世の中に出始めると待ってました!と言わんばかりに購入する方が多かったです。

女性だけでなく男性も購入しているのは、その高い話題性と確かな効果が得られるからだと思います。

THREEのヘアケアラインもその人気からラインナップが増えましたが、今回はバランシングラインの「THREE スキャルプ&ヘア バランシングクレンジングオイル」をご紹介します。

cleansingoil01
ナツコ
これは日々のヘアケアではなかなか手の行き届かない頭皮のスペシャルケアとして行います。

週に1〜2度行うことで頭皮がもとの青白い状態になっていきます。

頭皮はジャンプーのシリコンや日焼けによって、知らず知らずのうちにダメージを受けていることをご存知ですか?

敏感肌ちゃん
ええ、そうなんですか?

紫外線ダメージは受けていると思っていたけど、頭皮の色って変わってしまうんですか?

ナツコ
そうなんです。

普段なかなか手が行き届かない頭皮ケア。

そんな頭皮の水分・油分のバランスを1番ベストな状態にし、健やかでまっすぐな髪の毛が生えてくる環境を整えてあげるのがTHREEのヘアオイルの特徴です。

敏感肌ちゃん
THREEのオイルは万能ですね。
ナツコ
鎮静効果の高いフランキンセンス油、新陳代謝を促進させるローズマリー油といった天然の精油を使っているので高い効果が期待できます。

私はこのクレンジングオイルを「なんだか頭皮がすっきりしない…」「頭が重い気がする」という時に使っています。

敏感肌ちゃん
なんとなくその気持ちわかります。

美容室に行ってきちんとスカルプケアしてもらった後って頭皮が軽いですもんね。

そんな頭皮ケアをTHREEのヘアオイルがあれば自宅で出来ちゃうんですね!

頭皮ケアって・・・めちゃめちゃ意識高い系じゃないですか。

ナツコ
意外とこだわってしている方はしていますよ。

綺麗な髪の毛の基本はやっぱり「頭皮ケア」ですから。

今は育毛剤でなく、”頭皮用美容液”というカテゴリアイテムが増えたので、きちんと頭皮ケアする女性も増えてきています。

敏感肌ちゃん
そうなんですか・・・。
ナツコ
毎日きちんとヘアケアしているつもりでも、イヤでも頭皮の毛穴に汚れが溜まってしまいます。

頭皮ケアを定期的に行うことで、すっきりとした、でも必要な油分はちゃんと残っているといういい頭皮環境をキープすることができます。

敏感肌ちゃん
使い方を教えてください!
ナツコ
まずこのクレンジングオイルをスポイトで乾いた髪につけていきます。
cleansingoil02cleansingoil03
ナツコ
頭皮を何ブロックかに分けるようなイメージでつけていきます。

例えば、前髪に近いつむじから→後頭部→襟足というように線を描くようにします。

その後になじませながら3分程頭皮をマッサージします。

血行が促進されて顔色も明るくなるので一石二鳥です。

cleansingoil04
ナツコ
十分になじませたらお湯で洗い流し、いつも通りシャンプーするだけ。

すると頭が本当にすっきりとします!軽くなります。

敏感肌ちゃん
使い方は難しいのかと思いきや意外とシンプル。

これならズボラな私にもできるかな?

肌質が敏感肌なんですけど、THREEのアイテムは使えますか?

ナツコ
THREEは天然植物由来成分を高配合しているブランドなので敏感肌でも使いやすいと思いますよ。

心配であれば、サンプルをもらってパッチテストしてから使ってくださいね。

THREEスカルプオイル成分
ラウリン酸メチルヘプチル、イソステアリン酸ヘキシルデシル、ラウリン酸ポリグリセリル-10、イソステアリン酸ポリグリセリル-4、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、ホホバ種子油、オリーブ果実油、イソステアリルアルコール、イソステアリン酸ポリグリセリル-6、イソステアリン酸ポリグリセリル-10、水、メドウフォーム油、ルリジサ種子油、シア脂、アルガニアスピノサ核油、ユーカリプツスラジアタ葉/茎油、テオブロマグランジフロルム種子脂、オレンジ果皮油、ラベンダー油、ユズ種子油、ニオイテンジクアオイ油、チャ実油、ポリクオタニウム-64、フェノキシエタノール、ヒメコウジ葉油、グリチルレチン酸ステアリル、イソステアリン酸、ペンテト酸5Na、イソステアロイル加水分解シルク
敏感肌ちゃん
わかりました!
ナツコ
今まで溜まっていた汚れがごっそり落ちたような感じです。

ワックスを使う男性やクセ毛が気になる方、頭皮を元の元気な状態に戻したい方におすすめなヘアケアオイルです。

今月のおすすめ記事8選

duoクレンジングバーム
保湿化粧水おすすめ

温活ホットクレンジングゲルおすすめ
DUOコスメライン使い口コミ

おすすめ美容液ブースター
婚活リップ

オールインワンゲルおすすめ
ファンデーションおすすめ